奥まった土地でも開放感のある居心地良いお家♪大之木ダイモの新モデルハウスとは?

この記事をシェアする

「洗練されたデザインの家が好き」「長く住むのだから天然素材にこだわりたい」そんな注文住宅に憧れている広島のママにお知らせ♪予算に合った土地を探していると、「ちょっと変わった形しか見つからない…」なんて経験はありませんか?そんな方にぜひ見てほしいのが、呉市広吉松にできた大之木ダイモの新しいモデルハウス。なんでも、奥まった土地を活かしてカフェで寛いでいるかのように居心地良い空間になっているのだとか。マイホームにお悩み中の方、要チェックです!

変形地だからこその工夫がいっぱい!大之木ダイモのモデルハウスが完成

広島、呉を代表する老舗企業大之木ダイモ

大之木ダイモは、広島県呉市で100年以上の歴史がある老舗工務店。材木商としてスタートし、現在では注文住宅やリノベーションなどを展開するハウスメーカーとしての顔も持っています。
長年木材を取り扱ってきた経験から、無垢材(むくざい)や漆喰(しっくい)など天然素材へのこだわりがある大之木ダイモ。実際に住んでみると、「空気が綺麗に感じて、お家の中が心地良い!」「体のことを思っても安心!」との声がたくさんあるのだそう。大之木ダイモでは、人にやさしく快適な“ずっと住み続けたくなる家”を目指し、住む人に寄り添う家づくりを行っています。

「旗竿地」と言われる奥まった敷地にモデルハウス完成!

呉市や広島市で複数のモデルハウスを展示している大之木ダイモ。新たなモデルハウスが呉市広吉松の住宅地にできたと知って、取材に行ってきました♪

現地に到着すると、モデルハウスがかなり奥まった場所にあることにびっくり!実はこのお家、「旗竿地(はたざおち)」と呼ばれる、出入口までが細長い土地に建っているんです。“奥まっているからこそ居心地良い空間に”をコンセプトに、女性の設計士とコーディネーターがタッグを組んで作り上げたというこのモデルハウス。早速、家の中をご紹介します!

玄関しか見えない外観!ひっそり建つ広吉松のモデルハウス♪

主張が控え目な外観とは違い、玄関は広々スペースに

奥まった土地にあるからこそ、道路から見える玄関部分は木のしつらいでシックなイメージを演出!玄関を開けると、アイアン製のスタイリッシュな階段と広々とした土間が見えて、とても新鮮な印象を受けます。

土間の奥には、大きな窓。周囲を一戸建てやマンションに囲まれていることが嘘のように、明るい日差しが差し込んでいます。

玄関ホールは収納スペースもばっちり!

土間部分(階段下)は、ベビーカーや自転車などをそのまま置けるほど広く設計されています。備え付けのシューズクロークも容量たっぷり!靴だけでなく、子供のおもちゃや小物も収納できるので、スッキリとした玄関をキープできそうですね。

1階は完全なプライベートルーム

広吉松のモデルハウスでは、1階を完全なプライベート空間として設計。8帖の主寝室と、子供部屋が2部屋の間取りとなっています。
1階部分は、ベージュの壁紙で統一してやさしい雰囲気に。どの部屋でもリラックスして寛げそうですね!

1階の部屋には、それぞれ明るい光が入るように窓を設置。窓の外には小さなお庭もあり、自然と緑が目に飛び込んできます。
しかも、どの窓からも、周りの家や人の視線が気にならないのが嬉しい!せっかく窓があっても、お隣さんや道路から丸見えだと、特に女性はゆったりとした気分で過ごせないですよね。窓の配置の仕方にも、きめ細かな心遣いを感じます。

窓からの緑が癒しに♡光が程よく差し込み、落ち着くリビング空間♪

木と漆喰に包まれた開放的な2階リビング!

白い壁とアイアンの手すりがおしゃれな階段を上って、いよいよ2階へ♪
2階の入り口には、階段と同じアイアンで縁取られたガラス張りの引き戸が。スケルトンになっているので、空間を仕切りつつ広々と見えます。

広吉松のモデルハウスでは、日当たりが良く周囲の視線が気になりにくい2階に、リビングダイニングを設計。開放感があり、のんびりと落ち着けるカフェのような雰囲気です。中に入ると感じたのが、どことなく空気が澄んで居心地が良いこと!
それもそのはず、壁には漆喰、天井部分には杉の木と、たくさんの天然素材がこの空間に使われているんです。

大之木ダイモが天然素材にこだわる理由は、住む人への悪影響が少なく、家を長持ちさせることに繋がるから!天然素材を使っているリビングは、おしゃれなだけでなく、どこか人をホッとさせるやさしさがあるように感じました。

天井の杉板張りでリビング全体に温かみを

リビングのアクセントとなっているのが、少し勾配のある杉板張りの天井部分。天井の近くには窓も設置されており、開放的な空間をより広く見せています。梁もあえて剥き出しとなっており、リビング全体に温かみのある雰囲気をもたらしていますね。

リビングには、たくさんの小窓や間接照明などが効果的に配置されています。壁に照明があたると、なめらかな凹凸が浮かび上がるところもポイント。左官職人さんが仕上げた美しい漆喰の質感が強調されて、部屋全体がよりシックな印象になります。

窓からは自然の緑が!リビングと上手く調和して素敵な空間に♡

リビングの窓は、ちょうど外の緑が見える場所に設置。四季折々の景色が目に入り、まるで自然に囲まれたカフェで過ごしている気分になります。窓からの景色と、杉の木を使った天井の梁自然な風合いをした漆喰の壁見事に調和していますね。普段忙しいママもこの景色を眺めると、ホッとひと息つけそうです。

コの字型キッチンの周りはアクセントとしてタイルを

リビングの手前には、広さを活かしたコの字型キッチンがあります。この空間は、まさにママのテリトリー♪作業スペースも広々で、シンクとコンロの間で行き来しやすいところが嬉しいポイントです。

また、キッチン周りにはシックなカラーのタイルを使用。キッチン全体をスタイリッシュに見せています。

キッチンとリビングの間には、造作のカウンターテーブルが!天板部分の木目も美しく、木の温もりを感じるリビングの雰囲気ともマッチしていますよね。カウンター部分の下には、リビングからは見えないように収納スペースも作られており、機能性もばっちりです。

キッチンの横には、カップボードが置ける広々としたスペースもあります。奥の方は、リビングや入口からは見えにくいので、パントリースペースとしても活用できます。

水廻りも2階にあるので、一日中リビングで生活できる空間!

2階部分には、なんと浴室と洗面所も配置。洗面所には、共働き夫婦に欠かせないガス衣類乾燥機の「乾太くん」も完備されています。

多くの人が1日の大半を過ごすリビング。居心地の良い空間であることはもちろん、水廻りの機能も近くに配置することで、ストレスが少なく便利な環境を作り出しているのですね。

今なら来場者にギフト券プレゼント♡奥まっていても素敵な大之木ダイモのモデルハウスへGO!

今回取材した大之木ダイモのモデルハウスでは、奥まった土地の弱点を見事にカバーして、明るく開放感のある家を実現。外から見えにくい場所にある分、プライバシーもきっちり確保できている印象でした。今モデルハウスを見学された方には、ハーゲンダッツ1,000円分のギフト券がもらえるんだそう♪
「素敵な家を建てるには、良い土地を見つけないとダメなのかな…」と諦めているママは、この機会に一度モデルハウスを訪れてみては?

フリーダイヤル:0120-61-1470

<基本情報>

会社名

株式会社大之木ダイモ

所在地

呉本店:呉市中央3丁目8-21

広島支店:広島市西区横川町2丁目10-21

電話番号

呉本店:0823-21-1414

広島支店:082-554-5330

公式HP

https://daimo.jp/kinoie/

公式Instagram

https://www.instagram.com/onokidaimo/

そのほかの大之木ダイモの記事はこちら

担当ライター

この記事をシェアする