うちは我流で行く!低予算のランドセル選び。~我が家のラン活記録~

年々過熱するランドセル活動、略してラン活。みなさんの中にも、「ラン活真っ最中!」というママがいるのでは?小6・小1の子どもを持つ我が家は、2度のラン活を経験済。しかし、そのラン活は世の流れに反するものだったかもしれません。

我流のラン活!~長女編~

まずは、現在小6の長女のラン活記録を紹介します。

革職人のハンドメイドランドセルに一目ボレ

長女のころは、まだ今ほどラン活が盛んではない時代。年長の秋になっても「ランドセルどうする~?」なんて、ママ友とのんびり話していました。
そんなときたまたま行ったカフェのイベントで、広島県北部の革職人さんが作ったハンドメイドランドセルに出会ったのです。こだわって丁寧に作られたそのランドセルは、オシャレでかわいくて、ハンドメイドの温かみもあって…。まさに私のツボ!一目ボレ状態でした。その場で早速娘に背負わせ「かわいい~♡」と大興奮。しかし、一般的なランドセルよりだいぶ小さめのサイズ感が気になりました。また、10万円という価格が私を冷静にさせてくれました(笑)「素敵だけど個性的なランドセル、学校で浮かないかな?」そんな気持ちもあり、購入は一旦保留に。

人とは違う!ランドセルが欲しいけど

その後、やはりハンドメイドランドセルの購入は断念。個性的なランドセルへの憧れは捨てきれず、「横型のランドセル、レトロでオシャレ!」、「キャメル色のランドセルかわいい!」なんて盛り上がっていましたが、結局使うのは娘。娘の意見を取り入れつつ、我が家らしいランドセル選びをスタートすることにしました。

娘の希望は水色!

娘に何色のランドセルがいいかと聞くと「水色!」という答えが。水色をキーワードに、本格的なラン活のスタートです。
しかし、ラン活といっても特にお店に行くようなことはしませんでした。というのも、当時店頭に並んでいたランドセルは、キラキラ☆ラブリー♡そんなデザインのものばかり。水色具合もシャイニーで、マッシュルームカットに、ボーダーという娘のテイストとはかけ離れていました。
そこで目を付けたのが、ネット通販。「水色 ランドセル」をキーワードにさまざまなネットサイトを探しました。そして、年長の冬、ついに娘の希望である水色+我が家テイストのランドセルを見つけることができたのです。

ネットで型落ちランドセルを破格でゲット!

 

希望するランドセルを見つけたのは、「Yahoo!オークション」!型落ちの新品「フィットちゃん」が出品されていたのです。ハッキリとした水色がかわいく、デザインもレトロ。巷にあふれるランドセルとは違う、娘にぴったりのランドセル♪即入札し、無事落札することができました。落札価格は、な、なんと5,000円!一般的なランドセル相場よりはるかに低い価格で、気に入ったデザインのランドセルを購入することができました。

型落ちでも使用感◎

型落ちのランドセルだと、「使いにくいのでは?」なんて心配もあるかもしれませんが、我が家の場合、特に問題ありませんでしたよ!他の子よりサイズは少し小さめのようですが、小6になった今も快適に使えています♪

我流のラン活!~長男編~

低価格で手に入れることができた長女のランドセル。長男のラン活の際は、もう一般的な価格でランドセルを購入する気など、さらさらありませんでした(笑)。

のんびりとラン活スタート

長男の時代になると、ラン活という言葉も定着してきたころ。「土屋鞄製造所」、「中村鞄製作所」、「池田家」など、工房系のランドセルの人気も過熱し、年長の春くらいからママ友たちからラン活という言葉が出てくるようになりました。
そんな中私は、「今回もネットで安いランドセルを見つけよう!」と闘志を燃やしていたのです。春夏は世間のラン活をスルーして、のんびり過ごしました。

秋くらいからネットでラン活

秋になるころ、やっとラン活をスタート。長男の希望カラーは青!青のランドセルに絞って、ラン活をしました。まずは、長女のときのパターンを狙い「Yahoo!オークション」でランドセルを検索してみます。しかし、5年経つと市場も様変わりした様子。なかなか気に入るランドセルに出会うことができません。長女のころにはまだなかった「メルカリ」でも探してみますが、中古品がメイン。さすがに中古のランドセルには抵抗がありました。

結局「Amazon」で購入

その後は、他のネットサイトも探す日々。あわよくば、長女のときと同じ5,000円くらいの価格でランドセルを購入したかったのですが、その価格ではもう購入できそうにありません。
そこで、予算を1~2万円に設定して検索。いろいろなサイトを探し、最終的に10月ごろAmazonでランドセルを購入しました。「バオバブの願い」というブランドの、シンプルでしっかりとしたつくりのランドセルです。口コミもなかなかのよう。価格は1万円ほどでした!

我流のラン活!~失敗編~

長女・長男ともに、ネットで行ったラン活。低予算で、希望のランドセルを購入することができて大満足!のはずでしたが…。実は、大きな失敗をしてしまったんです。
長男が入学し、ランドセルを使いはじめたころ。中身をチェックしようとランドセルを開けて、私は青ざめました…。なんと、長男のランドセルの内側のデザインがどう見ても女の子用!届いた時点できちんと確認しなかった私が悪いのですが、その日まで全く気付かなかったんです。
青のランドセル=男の子用と思い込んでいましたが、実は女の子用だったなんて…。まだ小1だから、本人も周りも何も思っていないようですが、今後からかわれたりしてしまったらと思うと心配です。夫と相談し、ランドセルカバーで隠す、時期がきたら買い直すなどの対策を検討しています。
ネット通販にはこんな落とし穴もあるんです。我が家のような失敗をしないよう、ネットで購入する際はよく確認することをおすすめします!

それぞれの家庭に合ったラン活で、子どもが喜ぶランドセル選びを!

我流のラン活記録、参考になったでしょうか?それぞれのおうちに合った、ベストなラン活ができるといいですね♪

担当ライター