子どもって本当によくこぼす!2歳娘との外食ランチでわたしが気をつけていること

このサイトを広める

広島には子どもとランチを楽しめる場所がいっぱい!ショッピングモールのフードコートやファミレス、そして公園など。休日には外食を楽しみたいと思うのですが、子どもとの外食はハプニングがつきもの!ここでは、子どもがやってしまいがちな失敗やイタズラの体験談と、そんなときに活躍したおすすめのお役立ちアイテム、そしてお店選びで気をつけていることを書きたいと思います。

2歳児って興味津々!とにかく手を伸ばす

2歳くらいになると話せる言葉が増えてきて、親子のコミュニケーションが楽しくなってくる頃ですね。楽しくなるけどその分、いろんなものに興味を持ち、危なっかしくて目が離せなくもなります。
外食などをすれば食器をひっくり返して服やテーブル、床を汚してしまう…服を汚すだけならまだしも、他のお客様の迷惑になるようなことをしたらどうしよう…。
わたしの場合、子どもが失敗やイタズラをしたとき、店員さんやいっしょに居合わせたお客様はやさしく見守ってくれる方ばかりで救われたのですが、気が気じゃなかったのです…。
フォークやスプーンも落とすだけならまだしも、投げてしまうこともありました。人に当たらなくてよかった~と胸を撫で下ろすことばかり。

そして何よりも、途方にくれたのはカレーや汁物を床や通路側にこぼしたとき。スープなどの水分の多いメニューはわたしが食べさせたいのですが、何でも自分でやりたがるお年頃で…そして豪快にこぼしてしまうのです。
テーブルの脚の下にまで流れ込んだ汁物を拭き取るためにテーブルやイスを移動させ、他の人がうっかり踏んで滑ってしまわないように素早く拭く…
当たり前のことだけど、これだけでけっこう疲れてしまいます。

子どもがこぼしたときのわたしの必須アイテム!

子どもがお店で食べ物や飲み物をこぼしたとき、持っててよかったおすすめアイテムをご紹介します。

古いタオル

ある日フードコートで食事をしているとき子どもがお味噌汁をこぼしてしまいました!水分の多い料理はティッシュや備えつけのペーパーでは間に合いません…お店の人を呼べば済むことなのですが、来てくれるのを待っている間、気持ちが落ち着かないし申し訳ない。その間何もしていない、何もできない…そんな状況に耐えられない。
そのとき、たまたまボロボロの古いタオルを数枚持っていることを思い出したのです!床を拭くことは想定していなかったのですが、そろそろ捨てようと思っていたタオルがこんなところで役に立ちました。
「そうだ!これで拭いてそのまま捨ててしまおう!」
タオルって集めようと思っていないのに、気づいたらたまっているんです。きれいなまま捨てるのはもったいないと思い捨てるタイミングを見失っていたタオルを、有効利用して捨てることができました。
さらに、使い古したタオルのメリットは水分をしっかり吸い取ってくれるところ。周りに迷惑をかけることなく、不要なものの整理整頓もできて一石二鳥?かなと思いました☆

ビニール手袋はおすすめ!

前述のように、床に食べ物をこぼしてしまったとき、素手で拭くと手を洗いに行かなければならない…しかも、手を洗いに行っている間子どもから目を離すとまた何かやらかすかもしれない…そんな心配をなくしてくれたのがビニール手袋でした。初めて子どもが食べ物を大量にこぼしたときはビニール手袋を持っておらず、ビニール袋で手を覆ってから床を拭きました。拭いた後は袋ごとペーパーやタオルを捨てられてとても楽でした。これもおすすめのアイテムです。この事件?がきっかけとなって、ビニール手袋を持っていると便利だな~と感じたのです。

清潔なふかふかのタオル

手や口が汚れたときに拭くためのタオルです。普段はウェットティッシュを使うのですが、汚れがひどいときはやわらかい素材のタオルを水に濡らして軽くしぼってから使っています。ソースの汚れって時間が経つとちょっとやそっとじゃ拭き取りにくいですよね…そんなときはウェットティッシュより、やわらかくて水分をたっぷり含んだふかふかのタオルの方がきれいに拭き取れて便利でしたよ。これはおすすめです☆

お店選びで気をつけていること

子どもがお店を汚してしまったらどうしよう…そんなことを考えながらだとゆっくり食事を楽しめない…なので、楽しいランチタイムを過ごすため、お店を選ぶときにわたしが気を付けていることがいくつかあります。

椅子やソファーの材質を気にする!

万が一布に汁物や色の濃いソースなどをこぼしてしまったとき大変!拭き取りにくい上、汚れが残ってしまうからです。そんな事態を避けるため、できるだけ合皮などの水拭きしやすい素材のイスやソファーがあるお店に入っています。ただ、ソファーの材質は事前に確認できないことがほとんどなので、最初は1度入ってみて、子どもと一緒でも過ごしやすそうだなぁと思ったらまた利用したりしています。

隣の席との距離が離れているお店にする!

お隣の席との距離が近いと子どもが食べ物をこぼしたり投げてしまったりしたときに、他のお客さんの服や持ち物を汚してしまうのではないかと心配に。そのためわたしはできるだけ隣同士の距離が離れているお店や席を選んでいます。

備えあれば憂いなし?ちょっとした工夫で快適ランチタイム

子どもって成長するにしたがってしっかりしてくるけど、やっぱり失敗も多くて外出先でのランチでは油断ができません。ご紹介したものはありきたりのものですが、持っていてよかったものばかり。心配しすぎであれもこれも持って行くと大荷物になってしまいますが、心配性な人にはおすすめです。備えあれば安心して広島の街で子どもとランチタイムを楽しめるかも…☆

担当ライター