妊娠したら考えておきたい!貯金や保険、投資など…お金のことあれこれ

子どもが増えると家庭の出費がかさみがち。なるべくお金を節約し、将来設計を考えようと思っているママも多いのではないでしょうか。私は妊娠をきっかけに家計のことをきちんと考えるようになりました。妊娠中に実際に行動した内容を紹介します。

 

資金計画やライフプランを見直そう

子どもを持つまでは漠然としていた我が家の家計。給与が入ったら先取り貯蓄をするといったこと以外は特に家計ルールはありませんでした。

転機が訪れたのは1人目を妊娠したときです。子どもには公立の学校に行かせるつもりですが、教育資金や部活費用など、もろもろの費用を合わせると総費用額としてばかにならないことを察知。将来困ることがないように、今から家計を見直そうと考えるようになりました。

保険の加入や見直し

妊娠をきっかけに、子どもを持つと親としての責任感が芽生えたという人も多いのではないでしょうか。私は専業主婦なので、我が家の大黒柱は夫です。夫がもし病気やケガで倒れたら、我が家の家計は大ピンチ!「子どものことを考えてしっかりと保険に入った方がいいのでは?」と思うようになりました。

利用したのは各保険会社の商品を多数扱う総合窓口です。キッズスペースが充実していて、相談しているあいだ子どもが飽きないという点が決め手でした。

そして選ぶ保険の基準はこちら。

・老後に余裕を持たせるために保険料の支払い方法を60歳払いにする

・入院費用や通院費用など、日々の支出も助けてくれるタイプ

・最低限の補償に絞り、極力特約はつけない

保険は充実した特約がたくさんあります。あれもこれもとつけていくとかなり高額な保険料になるなんてことも…。もちろんあらゆる補償があると安心ですが、やはり子育て世帯としてはなるべく月々の出費は抑えたいもの。絶対に必要だと思う契約プランのみに絞り、無理のない保険料に設定しました。

託児つきマネーセミナーに参加

自宅が広島市内の街中ということもあってか、自宅の近くであらゆるマネーセミナーが開催されていました。内容はセミナーによってさまざま。

・貯金アップの秘訣セミナー

・住宅ローンの組み方、返済計画についてのセミナー

・投資や運用の仕方についてのセミナー

場所はホテルや店舗などで、子連れのママにもうれしい託児つき、キッズスペースつきというセミナーもあります。開催日程が休日のものもあるので、夫と訪れたいという人はチェックしてみるといいかもしれません。

私が選んだのは貯金アップセミナー。子どもを遊ばせるスペースがついていたので、安心して参加することができました。キッズスペースつきということもあってか、当日訪れてみると全員が同世代の子育て中ママ。子どもの泣き声や笑い声をバックミュージックに、賑やかなセミナーが始まりました。実際内容としてはこんな感じでした。

・貯金をするなら先取り貯蓄がおすすめ

・運用や投資でお金の増え幅をアップさせよう

・住宅ローンの繰り上げ返済の秘訣

総合的な家計の話をしてくれるので、目から鱗のこともたくさん。私自身ファイナンシャルプランナーの資格を保有していますが、「そんな見方もあるのか~」と為になることがいろいろありました。

セミナー後にはお楽しみとして子どもの足形をとるというイベントまで。マスキングテープやペンなどを自由に使ってOKだったので、うさぎに見立てて足形をコラージュ。とっても充実した内容に大満足でした。

余裕資金で投資の検討

親から贈与としてお金をもらっていた私。そのまま定期預金においていても、このご時世だと金利もなかなか伸びずもったいないなと思っていました。

そこで思い切って投資を検討することに!つみたてNISAIDECOなど、新しい投資商品も増えています。商品の概要、メリットやデメリットを把握し、今後の家計の足しにすることにしました。夫は私に何でも任せるタイプなので、「余裕資金ならいいんじゃない」とあっさり承諾。まだ口座しか開設できていませんが、今後つみたて投資を利用しながら、お金に働いてもらうつもりです。

もちろんポイントは余裕資金ということ!マイホームを今後購入する予定、毎月の貯金だけで精一杯という人にはおすすめできないかと…(あくまで個人的な意見ですが)。何なら「多少目減り(元本割れ)してもしょうがない!」という強気の姿勢で投資経過を見守っていきたいと思います。

今後の目標

家計の見直しについて紹介しましたが、見直しに終わりはないかなと思います。今後の目標としては…。

・最低でも1年に1回は家計の現状把握をする

・毎年の目標貯蓄額はなるべくクリアする

・外食は「ぜいたく品」と位置づけ、頻繁には行かないようにする

・レジャーや旅行は決めた回数内で楽しむ

「なんとなく」お金を使うことって多いと思います。特に子どもがいると、子育てに疲れて「外食しちゃおっか~」となってしまうパターンも多々あったり…(もちろん体調が悪かったり寝不足で疲れているときは例外)。

そんな「特に必要ではないけれどなんとなく使うお金」というものをなるべく減らしていくのが今後の目標!子どものために将来お金を使うことができるように、今から計画的に実行しようと思います。

貯金は一日にしてならず!毎日の努力の積み重ね

貯金の第一歩は、やはり現状の把握が先決!今どれだけ貯金があって、今後どんな生活を送っていきたいのか考えることが大切かなと思います。妊娠中の今からお金の流れを意識して、豊かな老後を送れるように頑張りたいです。

担当ライター