子供も大人も楽しい「I Love Piano」の発表会♪仲良く参加した姉妹を取材

この記事をシェアする

子供の音楽系の習い事で人気なのはやっぱりピアノ!でも、ピアノ教室ってなんとなく厳しくて練習も大変なイメージ。小さな子供には難しそうですよね。そこでpikabuがおすすめしたいのが、3歳から通えるピアノ教室「I Love Piano」。優しい先生との楽しいレッスンで、子供がピアノを大好きになる♡と評判です。今回pikabu編集部は「「I Love Piano」が発表会を行う、という情報を入手!会場を訪れ、演奏を披露する姉妹に密着取材しました!演奏する生徒はもちろん観客も楽しめる、アットホームな「I Love Piano」の発表会。当日の様子をご覧ください♡

3歳から始められるピアノ教室「I Love Piano」

独自のカリキュラムでピアノを気軽にスタートできる♡「I Love Piano」

「I Love Piano」は、広島の楽器店「ワタナベミュージックラボ」が運営しているピアノ教室。広島県・岡山県・奈良県の3県に14教室を展開しています。

「I Love Piano」では、「誰でもピアノを気軽に楽しもう」というコンセプトのもと、年齢別に6つのコースを設定。中でも3歳から通える「幼児コース」は、独自のカリキュラムとほめて伸ばすレッスンで、子供たちのやる気をアップさせてくれます。

教室はすべて大型スーパー内もしくはその近隣にあるので、子供がレッスンを受けている間、ママは買い物に行けるのも魅力です。

おしゃれな教室で30分の個人レッスン♪子供も飽きずに取り組める

楽しい気分でレッスンが受けられるよう、教室内はとってもキュートな雰囲気♪カラフルな壁紙やおしゃれなインテリアは、まるで海外絵本の子供部屋みたい。レッスンはグランドピアノを使用して行われるので、子供たちは「本物の音」に触れることができます。

教室は1回30分の個人レッスン制。子供たちの集中力が持続するよう、短時間でしっかりレッスンを行います。
また、「I Love Piano」で学べるのは、ピアノの技術だけではありません。はじまりと終わりには必ず挨拶をする正しい姿勢で座るなど、レッスンを通じてマナーもしっかり習得できますよ。

関連記事はこちら

廿日市さくらぴあで発表会を開催!年少&小2の姉妹に密着取材

待ちに待った発表会開催♪約150名の生徒が演奏を披露

2022年8月6日(土)・7日(日)、「I Love Piano」の発表会が開催されました。ここからは、発表会の様子を詳しくレポートしていきます♪

会場となったのは、廿日市市にあるさくらぴあ小ホール。ステージは6部構成で、さまざまな年齢の生徒さん約150名がレッスンの成果を披露しました。

ステージは、バルーンでかわいらしくデコレートされていました。こんなにキュートなステージなら、緊張もちょっと和らぎそう♪ステージの中央では、大型のグランドピアノが圧倒的存在感を放っていましたよ。

ピアノ大好き♡マックスバリュ千田教室の結依ちゃん&里穂ちゃん

今回私たちは中区のマックスバリュ千田教室に通う、小学2年生の結依ちゃんと、年少の里穂ちゃん姉妹に密着!ふたりともドレス姿がまるでプリンセスみたい♡

今回が3回目となるお姉ちゃんの結依ちゃんは余裕の笑顔。一方、半年前から教室に通い始めた妹の里穂ちゃんにとっては初めての演奏会。緊張の面持ちで、ずっと結依ちゃんの手を握っていました。

本番前にまずはリハーサル。演奏前のお辞儀や、舞台から降りたときにアルコール消毒の手順を練習します。
リハーサルのお手本を務めたのは、なんと里穂ちゃん!初舞台にもかかわらず、大役をしっかりこなしていました。

里穂ちゃん初めてのステージは先生との連弾♪

リハーサルも無事終わり、いよいよ本番スタート!まずは里穂ちゃんが演奏を聴かせてくれました。

里穂ちゃんは、マックスバリュ千田教室を担当しているきよみ先生と連弾を披露。曲はおなじみの童謡「メリーさんのひつじ」です。
力強く堂々とした演奏は、とてもピアノ歴半年とは思えない素晴らしさ!演奏後、客席からは割れんばかりの拍手が起こっていました。演奏が終わった里穂ちゃん、ステージの上でにっこり

結依ちゃんは堂々のステージで観客を魅了♡

続いて、結依ちゃんのステージです。1曲目は、「ブルグミュラー アラベスク」。ピアノの発表会では定番の曲なんだそう。
さすがステージ経験者の結依ちゃん、堂々とした演奏で観客を魅了していました。

2曲目は「ギロックの手品師」。こちらも発表会で人気の曲なんだとか。美しいメロディーを笑顔で楽しそうに弾く結依ちゃん。全身で「ピアノが大好き!」という思いを表現してくれました。

演奏が終わり一礼した結依ちゃん。会場の拍手は、しばらくの間鳴りやみませんでした

結依ちゃん・里穂ちゃん&先生にインタビュー!「ステージの感想は…?」

※担当のきよみ先生と記念撮影

さてここで、無事本番を終えた結依ちゃんと里穂ちゃん、そしてきよみ先生にインタビュー。

開口一番、「緊張した~!」と笑顔で話していた姉妹に、今回の発表会で頑張ったことを聞いてみました。すると、
「私は1日30分、里穂は1日3回毎日お家で練習しました」
と結依ちゃん。また、ふたりともきよみ先生のレッスンが大好き!きよみ先生にたくさんほめられるから、うまく弾けないときもあきらめずに続けられたそうです。

続いてきよみ先生に、姉妹の練習の様子を聞いてみました。
「ふたりともレッスンを重ねる度に上達しているし、ピアノへの愛情も深まっているように思います。そんなふたりの成長を間近で見られるのはうれしいですね」

さらに、先生から見た結依ちゃん、里穂ちゃんはどんな生徒なのか質問すると…。

「結依ちゃんはとっても真面目で研究熱心です。弾きたい曲をYouTubeで検索しては『先生、次はこれがやりたい』と教えてくれるので、私も『じゃあ一緒に頑張ろう』って思えます。
里穂ちゃんは、とっても楽しそうにピアノを弾いてくれます。思うようにできないこともあるけれど、決してあきらめない努力家です」

最後に姉妹に、発表会の感想を聞いてみると、満面の笑顔で
「楽しかった!また出たい!」と答えてくれました。

関連記事はこちら

年少から大人まで♡性別・年齢を問わず出演できる「I Love Piano」の発表会

今回の「I Love Piano」発表会で驚いたのは、男性の参加率の高さ!なんとなくピアノ教室の生徒は女性が多いイメージだったのですが、「I Love Piano」の発表会では、年少の男の子から成人男性まで、たくさんの男性陣が美しい旋律を聴かせてくれました。

ほかには、親子で演奏を披露したり、30年ぶりにピアノを再開したという女性をみんなが拍手で温かく応援したり…とにかくアットホームな雰囲気!演奏している生徒さんはもちろん、観客のみんなも音楽を楽しむ、まさにステージと客席が一体となった発表会。アップテンポな曲では、客席から自然に手拍子が起こるシーンもありました。

発表会というと、どうしても堅苦しい雰囲気をイメージしてしまいがち。でも「I Love Piano」の発表会は、参加者が「ピアノの楽しさ」を思い思いに披露する場所なんだな、というのが今回取材した感想です。

こんな素敵な発表会なら、私も娘と一緒に出てみたいな…と感じました。

発表会で「ピアノを弾く楽しさ」を実感!

「I Love Piano」が教えてくれるのは、ピアノの演奏技術だけではありません。ピアノを弾く楽しさや素晴らしさを実感できる教室です。発表会では「ピアノが弾けて楽しい!嬉しい!」という気持ちが演奏から強く伝わり、感動の連続でした。
「そろそろ子供に習い事を…」「子供にピアノを習ってほしいな」と思っているママ、「I Love Piano」に問い合わせてみてはいかがですか?きっと子供たちは、発表会で「ステージに立つ喜び」「頑張ることの大切さ」を実感できるはずです。

I Love Piano公式サイト

<基本情報>

会社名

ワタナベミュージックラボ

本社

〒723-0014 広島県三原市城町2-2-3

電話番号

0848-63-2180

公式サイト

https://www.watanabemusiclab.jp/

担当ライター

この記事をシェアする