広島市で手持ち花火ができる公園はどこ?おすすめの公園5選

この記事をシェアする

夏の風物詩である花火。この夏、手持ち花火をする場所をお探しの方に、広島市内で手持ち花火ができる公園をご紹介します!手持ち花火をする際の注意事項も紹介するので、しっかり守って安全に楽しんでくださいね♡

手持ちの花火を公園でする際の注意点

手持ち花火を公園でする際は以下の注意事項をよく読み、しっかり守って楽しみましょう。

注意事項
・花火に書いてある遊び方をよく読んで、必ず守ってください。
・遊んだ後はバケツの水につけて、必ず火を消してください。
・後始末はきちんとし、ゴミなどは必ず自分で持ち帰ってください。
・子供が花火をする場合は、必ず大人の人と行なってください。
広島市公式ホームページより引用

広島市のホームページによると、手持ち花火の使用は平和記念公園と中央公園(広島城周辺の区域)以外であれば可能だそう。尚、広島市内の全ての公園で打ち上げ花火の使用は禁止となっていますので注意しましょう。公園を利用している他の方や、近隣の住民の方の迷惑とならないようにする配慮もお忘れなく!

では、広島市内で手持ち花火ができるおすすめの公園を5つ紹介します。

バーベキューも楽しめる!西区の竜王公園

出典:竜王公園公式ホームページ

テニスコートやバーベキュー広場もある西区の竜王公園では受付で許可を得てから、手持ち花火を楽しみましょう。街を一望することができる立地なので、手持ち花火と共に市内の夜景も楽しむことができます。駐車場もあるので、少し遠くに住んでいる方でも行くことが可能ですよ!

住所

広島県広島市西区竜王町

電話番号

082-237-9880(竜王公園管理センター)

公式ホームページ

https://www.midori-gr.com/ryuou/

プレイパークもあり!安佐北区の寺山公園

安佐北区にある寺山公園は、寺山の中腹にある開放的で遊具も充実している公園です。日によってはプレイパークが開催されています。周りは山なので、虫よけ対策をしっかりしていくことがおすすめ!高い場所に位置する公園なので、夜は星空が近く感じられるかもしれませんよ♡花火と一緒に星空観察を楽しんでみてくださいね。

住所

広島県広島市安佐北区可部東4丁目28番

電話番号

082-819-3942

公式ホームページ

https://www.hiroshima-navi.or.jp/post/006133.html

海を感じられる!南区の元宇品公園

広島市の南端に位置する元宇品公園は、海辺の散歩やサイクリングを楽しむことができます。海岸で夕焼けを眺め、日が落ちてきた頃に手持ち花火を楽しむという最高のプランはいかがでしょうか♡海岸に出るためには少し遊歩道を歩いて行く必要がありますので、あまり暗すぎる時間帯よりは夕方の利用がおすすめです。

住所

広島市南区元宇品町

電話番号

082-250-8956

公式ホームページ

https://www.hiroshima-navi.or.jp/post/006146.html

https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/minamiku/5087.html

中心部の公園なら、中区の千田公園!

広島市の中心部に近いところに位置する千田公園。長いローラー滑り台や、小さい子供でも楽しむことができるアスレチックなどがある公園です。公園専用の駐車場はないので、車で行くのは難しいですが、近隣にお住いの方はぜひ利用してみてください♡中心部に近い公園は広島市の注意書きにもあるように、花火の使用不可の場所がありますが、こちらの公園なら安心して楽しむことができますよ。

住所

広島市中区千田町三丁目7番

電話番号

082-504-2577(中区役所維持管理課)

近くにスーパーや100均あり!安佐南区の八木梅林公園

安佐南区の八木梅林公園は、近隣にスーパーや100均があるので、手持ち花火の調達が近くでできて便利でしょう。火消し用のバケツも一緒に手に入りますね♡公園のすぐ裏は河川敷になっていて、そちらの方でも手持ち花火を楽しむことができそうです。夏は川遊びを楽しむ子供達で賑わっています。周りへの配慮を忘れずに楽しみましょう!

住所

広島市安佐南区八木一丁目22番

電話番号

082-831-4948(安佐南区維持管理課)

ルールを守って楽しい花火タイムを!

今回は広島市内の手持ち花火をするのにおすすめの公園を5選紹介しました。基本的にどこの公園でも可能なようですが、公園によっては禁止されている公園もあるようなので事前に確認してからお出かけしてみてくださいね。ルールをしっかり守って安全に手持ち花火を楽しみ、夏の思い出作りをしましょう♡

おすすめの記事はこちら▼

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする