親子でカープを応援しよう!子連れも安心の「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島」【前編】

広島といえば、広島東洋カープ!テレビでの応援も熱が入りますが、球場での応援はそれとは比べ物にならないほど盛り上がりますよね。しかし、子育てママの中には「子どもが小さいから球場に行けない」「子どもを連れていったら大変そう…」と球場に行くこと自体を諦めている人もいるかもしれません。そこで今回は、3歳と1歳半の子どもをMAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島に連れていった体験談と共に、子連れにおすすめスポットを前編と後編に分けてご紹介します。

後半の記事はコチラ♡

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島ってどんなところ?

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島は、2009年3月28日に完成した“広島東洋カープ”の本拠地♡JR広島駅南口から歩いて約10分の場所にあるため、遠方からも足を運びやすいスタジアムです。
砂かぶり席やパーティーフロア、パフォーマンスシート、寝ソベリアなど、珍しい席が豊富に用意されているのも特徴のひとつ。同じ球場でも、席が違うとまた見え方がガラリと変わります。

さらに驚くべきは、その収容人数!なんと33,000人も入るのです!それでもチケットは争奪戦だなんて、カープの人気のすごさを実感しますよね…!
さらに、「コンコース」と呼ばれる、球場内をぐるっと一周できる通路には飲食店や屋台、グッズショップが並び、多くの野球ファンでにぎわっています☆他にもMAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島では、子どもが喜ぶ工夫がたくさんあるため子連れにもおすすめですよ♡

どんな席があるの?子連れにおすすめの席は?

MAZDA Zoom-Zoom スタジアムの魅力といえば、個性豊かな席の数々ですよね♡

正面砂かぶり席

1塁寄り/3塁寄り

各8,000円

シート内野砂かぶり

1塁側/3塁側

各6,000円

外野砂かぶり席

レフト

4,000円

SS指定席

1塁寄り/3塁寄り

各4,700円

S指定席

1塁側/3塁側

各4,100円

内野指定席A

1塁側/3塁側

各3,600円

内野指定席B

3塁側

3,000円

外野指定席

ライト/レフト

各2,100円

内野自由席

大人(高校生以上)

子ども(小中学生)

1,700円

800円

スカイシート

正面1塁側寄り/正面3塁側寄り

1塁側

各3,000円

シート寝ソベリア(1席2人まで)

 

7,000円

カープパフォーマンスA

 

2,000円

カープパフォーマンスB

 

1,900円

ビジターパフォーマンス

 

1,900円

3塁側パフォーマンス席

 

1,900円

※一部抜粋
紹介したのは一部ですが、全部で32種類の席が用意されているMAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島。自身の体験談や友人からの口コミにより、子連れにおすすめの席をピックアップしてみました!

外野指定席

今回私がとった席は外野指定席。ちょうどレフト側にある席です。この席が大当たり!子連れにピッタリだと思いました。理由は…

お分かりいただけますでしょうか?外野指定席は、半分から後ろに屋根がついているのです!写真では少し分かりにくいのですが、私が座っていた席は完全に屋根の中。しかも1番後ろだったため、万が一子どもがグズっても後ろのスペースで遊ばせることができます(さらに後ろには小さなTVがあるため、抱っこ紐で赤ちゃんをあやしながら見ているママたちもいました!)。

屋根がついていることで急な雨にも慌てなくていいし、暑い時期だと直射日光を避けられるため快適に過ごせる場所だと思います。加えてホームランボールが飛んでくる確率も高いのです!(当たり前ですが、お子さんにあたらないように注意してくださいね。)トイレも近い場所にあるため、子連れでも安心して観戦できます。
※なお、屋根があるのは後ろ側の席だけなので注意してください。

ただ、前側の席もとってもGOOD★屋根はありませんが、外野にいる選手との距離が近いのです!小学生くらいの男の子たちは楽しそうに観戦していましたよ♪

寝ソベリア

出典元:広島東洋カープ公式サイト
続いておすすめしたいのは「寝ソベリア」!ネンネ期の赤ちゃんがゴロンとできたり、観戦中に子どもが眠くなってしまったときに寝かせてあげられるため、子連れファミリーにピッタリの席なんです♡隣の席と少し離れていることも、子連れにとってはありがたいポイント。ただ、夏場のデーゲームでは日差しが強くなる可能性が高いので、保冷剤や帽子などの準備をお忘れなく。

一塁側指定席

出典元:広島東洋カープ公式サイト
続いては、一塁側の指定席です。子連れにおすすめの理由は、

・ベビールームに近い
・デーゲームでも日陰になりやすい

というところ。外野指定席もそうですが、指定席をとっておくと席の争奪戦がありません。試合開始直前にのんびりと足を運ぶことができます。「早く着きすぎて、することがない」「試合開始時間よりも早く着いたから、試合開始時にはもう子どもが飽きていた…」という事態を防げそうですね。

内野自由席でのおすすめ席

出典元:広島東洋カープ公式サイト
とはいえ、競争率が高い指定席。今季は、比較的手に入りやすい内野自由席で観戦予定!というママも多いのではないでしょうか♡

私は、内野自由席も後ろ側の屋根つきがおすすめのように感じます。理由は外野指定席と同じように急な雨でも慌てることがない、直射日光を避けられるから。
一方友人は、入り口に近い席がおすすめだと言っていました。トイレに近い、子どもがグズったときに移動しやすいからとのことです。お子さんの年齢によって選ぶ席が変わってきそうですね!

 

球場についたらまずグッズ売り場に行こう!

カープ観戦に欠かせないのはグッズ!「大人のユニフォームは持っているけれど、実はまだ子ども用のグッズを持っていない…」という人は、グッズ売り場へ急ぎましょう。
球場内には、グッズを売っている屋台も何種類か設置されています。しかし、このグッズ売り場の品揃えは圧巻!さまざまな種類から選びたいという人は、ぜひこちらのグッズ売り場を覗いてみてください☆(余談ですが、グッズ売り場はクーラーが効いていて、夏場は快適です♡)

赤ちゃん用のロンパースタイプからTシャツタイプ、大人と同じようなユニフォームタイプまで種類は豊富♡今回私たちは、上の子のカープTシャツが小さくなっていたため調達しました!

背番号はかなり迷ってしまったため、子どもらしく(?)カープ坊やをチョイス!一気にカープ女子へ変身です♡購入時、レジのお姉さんから「すぐ着ますか?」と聞かれ、「はい」と答えたところ、ビニール類やタグなどを全て処分してくれたのですごく助かりました(その代わり返品はできないとのこと)。

もちろん、ユニフォーム以外のグッズも!ガラガラやでんでん太鼓など、ちょっとしたおもちゃで応援している風(笑)に遊べていいな~と感じました。

子どもたちにおすすめのフード特集!

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島のコンコースには多くの種類の食べ物や飲み物が並びます。「子どもが食べられるものがあるの?」と心配な方も安心してください☆もちろんお子さんにおすすめの食べ物は用意されています!
今回はさまざまある中から3つのお店をピックアップしました。

カープうどん

子どもが食べやすい食べ物のひとつ、「うどん」。旧市民球場時代から引き継がれ、50年以上の歴史をもつ「カープうどん」は、コンコースの1塁側にあります。
「カープうどん天ぷら」(550円)や「カープうどん肉」(550円)、「カープうどんきつね」(550円)などのラインナップの中で、特に人気を集めているメニューは「カープうどん全部のせ」(700円)!天ぷら、肉、きつねの全てが入ったスペシャルうどんです。それぞれのおいしさがギュッと詰まっていて、食べ応え抜群♡
ぜひ親子で、歴史あるうどんを味わってみてください♡

むすびのむさし

広島県民で知らない人はいないほど人気の、「むすびのむさし」☆MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島にもお店を構えています。

うどんはもちろん、おむすびや唐揚げなど、子どもが食べやすいメニューも豊富にそろっていることで人気です♪また、「カープ女性むすび」(750円)や「カープ男子むすび」(850円)などの“マツダスタジアム店限定メニュー”も見逃せません☆
ただ、さすがむさし!行列ができていることがほとんどのため、試合前に余裕を持って購入しておきましょう。

ポップコーン

子どもたちの大好きなポップコーンも販売されていますよ!テーマパークのように、ポップコーンバケットつき♡このお店では、菊池選手と新井選手の背番号が記載されているバケットとなっていました♡食べ終わったあとも、インテリアや小物入れとして活用できそうですね!

今回は3つのお店を紹介しましたが、他にもMAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島にはさまざまな飲食店が並びます。ぜひお気に入りのものを見つけてみましょう♡

まだまだあるスタジアムの魅力!続編に続く☆

ここまでMAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島の基本情報を中心に紹介しました。後編では、さらに子連れに嬉しい情報をピックアップ!ぜひ覗いてみてくださいね♡

住所

広島県広島市南区南蟹屋2丁目3−1

電話番号

082-568-2777 (広島市民球場指定管理事務室)

FAX

082-506-1189

公式サイト

http://www.mazdastadium.jp/

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

担当ライター