【広島ママグラマー@kozurespotさんに聞いた!】子供と楽しめるプチ遠出スポット5選

この記事をシェアする

広島の遊び場やカフェなど、いろんなスポットへ日々お出かけしているママグラマー@kozurespotさん。2人の女の子を子育て中の@kozurespotさんのインスタグラムには、見ればお出かけしたくなるような投稿がいっぱいです♪
今回ご紹介するのは、@kozurespotさんが「子供と一緒に楽しめる!」とおすすめするプチ遠出スポット。遠出を計画するときには、子供が喜ぶ場所があること、大人も美味しいものを楽しめること、を必ず意識しているそう。せっかくの家族でのお出かけ、子供はもちろん大人も楽しめると素敵な思い出になりますよね♡家族で行ってみたくなるスポットの魅力をご紹介していきますよ!

@kozurespotさんのインスタグラム

リゾート気分を味わえる美しい島♡周防大島(すおうおおしま)

山口県大島郡にある『周防大島(すおうおおしま)』は、“瀬戸内のハワイ”と呼ばれる南国風の景色を楽しめるスポット。広島市内から車で約1時間半と、プチ遠出にちょうどいい位置!ドライブを兼ねたお出かけにもぴったりです。

出典:@kozurespotさん

島内では美しい海の景色を楽しめます。天気のいい日は太陽が水面に反射して、キラキラ輝く様子にうっとり♡子供も大人も見入ってしまいます!
@kozurespotさんは「道の駅サザンセトとうわ」の沖に浮かぶパワースポット、“真宮島”へ家族で行ってみたそう。干潮時には砂州の道が繋がり歩いて渡れる島で、カニやヤドカリなど海の生き物がいっぱいいるなど、普段では体験できない特別な時間が味わえるんだとか♪タイミングが合えばぜひ足を運んでみて!

出典:@kozurespotさん

島内をドライブすると、あちこちに南国ムードを高めるヤシの木が。リゾート気分を味わえるスポットで、ゆったりと家族の時間を過ごせます。@kozurespotさん一家は、周防大島へ年に2回は訪れているそう。島内にはいくつもおすすめスポットがありますが、中でも特にお気に入りなのはカフェと水族館!
ギャング丼で有名な「アロハオレンジ」では、SNS映え◎なレアステーキの丼ぶりや、ハワイアンパンケーキを味わえます。お子様メニューもあるので、子連れでも訪れやすいんだとか♪日本最大級のタッチングプールがある「なぎさ水族館」も、子連れにぴったりなスポット。種類豊富な魚をはじめ、タコやサメまでいろんな生き物を鑑賞できます。裸足になって魚たちが泳ぐプールへ入り、実際に触ることができる施設なら子供も楽しく遊べること間違いナシ!入館料は大人210円、小中学生100円ととってもリーズナブルなので、こちらへもぜひ立ち寄ってみてください♡

住所

山口県大島郡周防大島町大字小松126-2(周防大島町役場)

電話番号

0820-74-1000(代表)

公式HP

https://www.town.suo-oshima.lg.jp/

街並みを眺めながらゆったり散策!竹原街並み保存地区

広島県竹原市にある『竹原街並み保存地区』は、“安芸の小京都”と呼ばれる竹原のシンボル。広島市内から車で約1時間ちょっとの位置にあります。国の重要伝統的建造物群保存地区にも選ばれた町並み保存地区で、歩くとタイムスリップしたような気分を味わえるスポットです。
@kozurespotさんが竹原エリアを訪れるときには、公園とカフェに立ち寄るそう。「ピースリーホーム バンブー総合公園(総合公園バンブー・ジョイ・ハイランド)」は、竹原氏の市木である竹をモチーフにした公園。園内には、広場や展示室、散策道などいろんな施設がありますが、子連れにおすすめなのはカラフルな大型複合遊具です!

出典:@kozurespotさん

竹をモチーフにした遊具には、子供心をくすぐる仕掛けがいっぱい♪こちらの遊具と隣り合うエリアには、もうひとつの複合遊具と人工芝のソリ滑りコーナーもあります。

出典:@kozurespotさん

こちらは@kozurespotさんがお気に入りのカフェ「maisondion(メゾンディオン)」のランチメニュー。2020年の2月にオープンしたお店で、美味しいクレープやガレットを食べられます。古民家風カフェで居心地が良く、店員さんもとっても親切なんだそう♡@kozurespotさんが訪れたときには、予約席が多くどんどんお客さんがやってきたそうなので、行ってみたいと思ったら事前の予約が◎ですよ!

住所

広島県竹原市本町三丁目

電話番号

0846-22-7745

公式HP

https://www.takeharakankou.jp/spot/4305

公園遊びや醸造見学ができる♪せら夢公園&せらワイナリー

広島県世羅郡にある『せら夢公園』と『せらワイナリー』は、遊び、買い物、食事ができるスポット。広島市内から車で約1時間半の位置にあり、子供も大人も楽しめるそう♡

出典:@kozurespotさん

@kozurespotさんのおすすめは、せら夢公園内にある「せらミニチュアガーデン」。世羅の特産品をミニチュアにした街がつくられていて、アスパラガスやトマト、いちご、ぶどうなどのモニュメントが♪こちらは遊具広場ということで、子供向けの遊具もありたっぷり楽しめます。ほかの公園にはないめずらしい遊具に、子供も大人も夢中になるそう♡

出典:@kozurespotさん

せらワイナリーは、ショップやレストラン、市場などが入った施設です。醸造見学では、実際のタンクや瓶詰めのラインを見学でき、ワインができるまでのプロセスを学べます。めずらしい器具が立ち並ぶ様子に、大人もきっと見入ってしまいますよ!
ワイナリーで@kozurespotさんがおすすめするのは、全長約1キロのミニSL。本格的なつくりで、大人が20人以上乗車してもしっかり走る力強さ!ぜひ親子で乗車してみてください♡

住所

広島県世羅郡世羅町黒渕518番地1

電話番号

0847-25-4300

公式HP

http://www.serawinery.jp/

お祭り気分を年中味わえる♡いろり山賊玖珂店

山口県岩国市にある『いろり山賊玖珂店』は、広島市内から車で約1の位置にある飲食店。山口で話題の名所で、玖珂店以外に錦店と周東店もあります。

出典:@kozurespotさん

@kozurespotさんが家族で何度も訪れている玖珂店では、“山賊の行事”として季節にちなんだ飾りが登場します。こちらは恐竜や謎の生物をモチーフにした飾りですが、夏には七夕、秋にはハロウィンの飾りが登場するなど、1年を通じてお祭り気分を味わえます♪
玖珂店には、「いろり山賊」「竃(かまど)」「桃李庵(とうりあん)」という3つの食事処があります。それぞれメニューや食事スタイルに違いがありますが、中でも@kozurespotさんがおすすめするのは、室内の座敷でゆっくり食事ができる桃李庵。ほかの食事処にはないお子様メニューがあり、天候にも左右されないことから、子連れにおすすめなんだそう!ただし食事処によっては混雑している場合もあるので、待ち時間を見て場所を選ぶのが◎です。

住所

山口県岩国市玖珂町1380-1

電話番号

0827-82-3115

公式HP

http://www.irori-sanzoku.co.jp/

見どころいっぱい☆江田島&音戸

江田島&音戸エリアは、広島市内から車で1時間ちょっとでアクセス可能!美しい海と豊かな自然に囲まれたエリアで、ゆったりと時間の流れるプチ遠出を楽しみたい人におすすめ♡

出典:@kozurespotさん

@kozurespotさんが江田島エリアでおすすめするのは、全国でもめずらしいオリーブの6次化複合施設「江田島オリーブファクトリー」。テイスティングコーナーのあるショップやオリーブオイルの楽しみ方を提案してくれるレストランがある施設です。
また、「島の駅豆ヶ島」も江田島エリアで外せないスポット。いろんな大豆製品や地元野菜を扱うお店で、入り口では迫力満点の鬼が出迎えてくれます。店内には種類豊富な豆腐がいくつも並び、大人は思わず真剣に悩んでしまうほど。味や食感がそれぞれ違うので、食べ比べもおすすめです。
江田島エリアの「鹿川水源地公園」は、子連れで立ち寄りたい自然豊かな公園。遊具は巨大なトランポリンのみですが、自然に囲まれた空間ではしゃげると子供たちに大人気♡春には桜、夏には霧の噴水も楽しめますよ。

出典:@kozurespotさん

こちらは音戸にある「大浦崎公園」。海水浴が楽しめるスポットで、キャンプ場やスポーツ広場、テニスコートもあります。砂浜にはたくさんの貝殻が落ちていて、@kozurespotさんのお子さんは貝殻拾いを楽しんだそう♪

出典:@kozurespotさん

音戸エリアで@kozurespotさんがお気に入りなのは、「海テラス 月乃舟」というレストラン。炊き込みごはんに17種類ものおかずなど、大満足のランチを楽しめるそう♪テラス席やロフト席を選べば、いつもと違うお食事タイムに子供もきっと喜びますよ。

いつもよりちょっぴり足をのばしてお出かけ!

広島市内から1時間くらいで行けるスポットなら家族でのプチ遠出にぴったり♡@kozurespotさんがおすすめするスポットをルートに組み込んで、遠出の計画を立ててみましょう!周辺のスポットもめぐるルートを計画すれば、ちょっとした旅行気分も味わえます。家族の思い出作りに、ぜひ役立ててくださいね。

@kozurespotさん♡この度はご協力いただきまして、本当にありがとうございました!
pikabu編集部、一同

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする