「泥棒が嫌がる家」って、知ってる?防犯対策◎の注文住宅が広島にあった!

この記事をシェアする

マイホームを建てる際、間取りやデザインなど、こだわりたいポイントはたくさんありますよね。
そんな広島ママの皆さん、叶えたいポイントの中に「防犯対策」は入っていますか?
せっかく理想通りのマイホームを建てても、強盗に入られたら…。実はこれ、他人事ではないんです。
現在、住宅侵入強盗の件数は、全国で毎年4万件超え。なんと、1日平均100件以上のお宅が、侵入犯罪にあっているというのだから…驚き!です。
侵入犯罪の恐ろしいところは、物が盗られてしまうことだけではありません。本当に怖いのは、家の中で犯罪者と鉢合わせてしまった場合です。
実際に居合わせてしまった際には、命を失ったり、暴力を振るわれて、身体に致命的な傷を残してしまう…という事件も、残念ながら後を絶ちません。
幸い身体が無事だったとしても、また来るかもしれない…という恐怖で夜も眠れず、日々不安に苛まれ、結局は夢のマイホームを手放して、別の場所へ引っ越した方もいます。

我が家が被害に遭わないために、大切な金品や命を奪われないように、「防犯対策」について、一緒に考えていきましょう。

犯罪者に狙われないために・・・どんな家にすればいいの?

せっかく建てたマイホーム。強盗に入られるなんて絶対イヤ!
では、どのような家にすれば、泥棒に狙われにくくなるのでしょうか?

外から見えない場所に、洗濯物を干せる家

中庭なら、洗濯の取り入れだって楽々

皆さん、洗濯物はベランダに干すもの…と思い込んでいませんか?
でも、それって、とても危険なことなのです。
泥棒は、家族構成をチェックするために、洗濯物を見ています。
仮に、あなたが小さいお子さんのママで、パパが単身赴任に出ているお家だとしたら…。ベランダには、いつも女性用と子供用の衣類しか干されていないはず。それを見た泥棒は、「どうやら、この家には男性の気配がないな…」と瞬時に悟ってしまうというわけです。
それを防ぐためにも、洗濯物は外から見えない場所に干すのがベスト。
例えば、家の内側に庭があるお家なら、そこに洗濯物を干すようにすれば、日当たりは良いし、外からも見えないので安心です。

侵入できる窓がない家

日当たりを良くするために、大きな窓を付けたい…その気持ちはよくわかります。しかし、大きな窓って、泥棒の格好の侵入口なんです。
一戸建ての場合、ほとんどの侵入方法が「窓」から。鍵付近のガラスを割って窓を開けて侵入する方法が最も簡単で、時間がかからない手口だとか。
つまり、防犯対策が万全な家に住みたいのなら、「侵入しやすい窓」を作らないことが鉄則です。いくらプロの犯罪者でも、頑丈な玄関を壊すのは至難の業。侵入に時間が掛かることを最も嫌うそうなので、狙われやすい窓が見当たらなければ、ターゲットにされる可能性はグンと減る!というわけです。

外観から間取りの想像がつかない家

住宅に詳しい人なら、外観を見れば、ある程度の間取りが想像できます。例えば、1階の日当たりが最も良い場所に大きな窓があれば、そこはリビング。小さな窓がある場所は、トイレやお風呂…など。泥棒もまたしかり。窓や換気口の位置から間取りを想定して、侵入経路を考えるのです。
逆に言うと、外側に窓がなければ、間取りはわからない…ということ。
中の様子がわからない家は、犯罪者に狙われる心配が、ずいぶん少なくなります。

防犯性が高い!機能性・デザイン性も充実の「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」の家

なるほど、防犯対策ばっちりな家が、どんな家なのかはよくわかりました。でも、そんな家って本当にあるのかな…と半信半疑な人も多いのでは?
実は、この高い防犯性を可能にする家を、pikabu編集部が発見!!
それは、今までにない新しいデザイナーズ住宅「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」です。

「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」の外観は、スタイリッシュで防犯性も◎

「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」は「外側に窓がなく、中庭がある家」
外側に大きな窓がないので、侵入しづらいうえに、家の中が外から見えないので、間取りも想像できません。
さらに、中庭に洗濯物を干せば、家族構成を悟られる心配も少なくなります。
その上、「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」は、全国屈指の設計事務所「Less is design(レス イズ デザイン)」がプランニングするので、デザイン性もバツグン!
その名の通り、無駄な凹凸を省いた、シンプルで洗練された美しさが際立っています。
防犯性だけでなく、デザイン性も◎な「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」は、ママだけでなく、家族みんなに嬉しい住まいというわけです。

「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」なら、「敷地の課題」と「予算」の問題もクリア!

大きな窓があれば、プライバシーや防犯性を確保するために、塀などが必要になります。特に、道路に面している側に大きな窓があると、外からの視線が気になるので、対策が必須。
でも、植樹などをするなら、そのぶん「広さ」と「予算」が必要になります。「マイホームを建てるときに、外周りの工事費用を考えていなくて予想外の大出費」「希望の地域に土地を見つけたけど、狭くて視線を遮るものを造れないから、泣く泣くあきらめた」というのもよくある話。
その点「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」のお家なら、外から家の中が見えないので、それらの外構を設置せずに、敷地面積を目一杯有効利用ができます。また、外構だけでなくシャッターやサッシ・カーテンなどの費用も抑えられちゃいます。これって、一石二鳥ですね。

外側の窓は少なくても、陽の光がたっぷり入る家

「あまり窓が無いなら、家の中が暗いのでは…?」なんて心配は、しなくても大丈夫!「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」は、開放的な暮らしを守る為の工夫がいくつもあり、その方法によって、それぞれの部屋に太陽の光と風を採り入れ、思いっきり伸び伸びとくつろぐことが出来ます。実際、訪れた人は外からのイメージと全く違うことに、ビックリ!するんだそう。

「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」を手掛けるのは、広島の工務店「公宝建設」

【丈夫で長持ち・健康で快適・納得価格】で選ぶなら、「公宝建設」

広島で「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」を手掛けるのは、広島市安佐南区にある公宝建設。
技術や性能も、さることながら、皆様の家づくりへの熱い思いとこだわりを大切にして、「理想の住まい」を実現してくれます。
また、施工後も安心・快適な住まいを維持するためなら、すぐに駆け付けてくれる頼もしい会社です。

こちらの記事もチェック▼

目からウロコ!のセミナーが、毎回大人気

公宝建設は、年に数回住宅セミナーを開催。特に好評なのが、「家づくりで絶対にやってはいけない10のコト」
前回の講師は、「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」のフランチャイズ本部である「株式会社ラストコンパス」代表の伊藤高介さんでした。

多角的な視点から、「家づくりのこうあるべき!」をくつがえしてくれるこのセミナー。
今後も、充実した内容で実施されるそうなので、気になる方は、公式サイトで最新情報をチェックしてみてくださいね。

マイホームは、デザイン性・機能性、そして防犯性にこだわろう!

せっかくおしゃれで暮らしやすい家を建てても、強盗に入られてしまったら、安心して住めなくなってしまいます。「家族の安全」を守るのも、住まいの大切な役割のひとつ。
こだわりのマイホームで、ずっと幸せに暮らしたい広島ママに「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」を、おすすめします。

ここで、公宝建設さんからの〝お知らせ″です。

ご紹介の「SIMPLE NOTE」を、先着3棟に限りモニター様を、募集致します。
200万円相当のオプション追加、もしくは工事費用をサービスさせていただきます。

と、嬉しいキャンペーンの話をお伺いしました。
皆様、是非この機会にお問合せ下さいませ。

<基本情報>

会社名

有限会社 公宝建設(こうほうけんせつ)

所在地

広島市安佐南区西原2丁目7-22

電話番号

082-875-4830

営業時間

9:00~17:30(月~金曜日)

公式サイト

https://simplenote.koho-k.com/

https://koho-k.com/ 

インスタグラム

@ koho_kensetsu

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする