広島のいちご狩りスポット7選!家族で楽しむコツも紹介

この記事をシェアする

春といえばいちごの季節!いちご狩りは早いところでは12月中頃から開始しているってご存知ですか?外は寒くてもビニールハウスの中は暖かいので、冬のレジャーにもぴったり。真っ赤でかわいらしいいちごがずらりと成っているところを見れば、子どもも大人も大興奮間違いなしですよ。今回は、広島県内でおすすめのいちご狩りスポットを7カ所紹介します。広島市や三原市、三次市など広範囲から厳選しました!いちご狩りで、家族と楽しい思い出を作ってみてはいかがですか?

おいしいいちごの見分け方

おいしいいちごの見分け方は

  1. へたの緑色が濃く、反っている
  2. 種の周りの実が盛り上がっている
  3. へたのところまで真っ赤で光沢がある

の3つがポイントです。
表が真っ赤で裏が白いものもたまにありますが、表が真っ赤であれば熟している証拠。へたの辺りが白っぽかったり、全体的に色が薄かったりするときは、まだ熟していないので摘まないようにしましょう。

子連れでいちご狩りへ行くときのポイント

子どもも大人も楽しめるいちご狩り。服装や持ち物、楽しむためのポイントを紹介します。

ビニールハウスの中はポカポカ!服装は軽装でOK

冬にいちご狩りにいくときは、服装に注意しましょう。ビニールハウス内でいちご狩りをする場合、ハウスの中は春のような暖かさです。裏起毛トレーナーにダウンコートといった真冬コーデでは子どもも大人も蒸せちゃいます。
コートの中は薄手の長袖Tシャツか半袖にカーディガンやパーカーを羽織っておくと、暑さに応じて服装を替えられるので便利。車で行った場合は、コートを車に置いて行くのがおすすめです。

お食事エプロンとレインブーツは持参していて損なし

いちごはもちろん、果物の汁って服につくとなかなか取れないですよね…。子どもに「汁に気をつけて!」と言っても上手くできないのもの。子ども連れで行くときは、汚れてもOKな服をセレクトし、お食事エプロンを持って行くのがおすすめです。
また、ビニールハウス内は地面が舗装されていなくて、ぬかるんでいるところもしばしば。泥を踏みたくなっちゃう子どもも多いので、スニーカーではなくレインブーツを履かせていれば、汚れても水で洗い流せるので楽ちんです。ハウス内で走らないようにする抑止力にもなるかもしれませんよ。

行くなら平日がベスト!休日なら土曜日を選んで

言うまでもなく、狙い目なのは人が少ない平日です。特に水曜日、木曜日、金曜日がおすすめ。休日でたくさんのお客さんがいちご狩りを楽しむため、月曜日や火曜日では新しいいちごがまだ実りきっていないかもしれないからです。
休日に行くなら、土曜日の午前中に行きましょう。熟れたいちごがなくなれば終了という農園が多いので、せっかく行ったのにいちご狩りができなかったという状況を防げますよ。一番良い状態のいちごがあるのもやっぱり午前中!予約なしのところなら、受付開始までに行くのがベストですよ。

ここからはおすすめスポットを紹介していきます。

ベリフル【安佐南区吉山】

出典:@___.k_a.___さん

広島市安佐南区沼田町吉山にある「ベリフル」は、予約必須の人気いちごファームです。2020年度のいちご狩りのスタートは、3月から。(2019年12月からは直売のみスタート)食べ放題ではなく入園料が無料で、摘み取り量り売り方式です。
100gあたり平日は230円、土日祝日は260円で購入できますよ!あまり量が食べられない人には、ありがたいですね。開園日は水曜日、土曜日、日曜日のみ。予約したい日の1カ月前から受付ができます。10人以上での予約はできないので注意してください。
2019年度のいちご狩りは3月3日に始まり、中旬頃には終了になってしまったので、今年も早めの予約がマストです。

ベリフル

住所

広島県広島市安佐南区沼田町吉山

電話番号

080-6345-3045

開園日

水・土・日

開園時間

10:00~13:00(時期により変更あり)

公式HP

http://berrywonderful.seesaa.net/?fbclid=IwAR1KVpKSndePZ0ANiWQO1LpRb3a4dL0MUz9ZM-72rGTa3rPDqSonW_3huBU

豊平どんぐり農園【山県郡北広島町】

出典:豊平どんぐり農園公式HP

山県郡北広島町阿坂にある「豊平どんぐり農園」は、とちおとめや紅ほっぺなど味自慢の10品種のいちごが食べられる農園です。いちご狩りの開催期間は12月中旬~6月末まで。期間が長いので計画が立てやすいですね。
高設ベンチ栽培なので、しゃがむことなく立ち上がったままの姿勢で摘めるところもうれしい!予約は公式ホームページか電話でできます。当日予約は受け付けていないので注意しましょう。
農園へはバスか車で行くことができます。車で行くときは、12月から2月ごろは道が凍結する恐れがあるので、スタッドレスタイヤ着用車で行くようにしましょう。

豊平どんぐり農園

住所

広島県山県郡北広島町阿坂4827番地1

電話番号

080-1633-2785

開園時間

10:00~16:00

休園日

月・火曜日(祝日を除く)

公式HP

https://toyohira-df.jp/

平田観光農園【三次市】

出典:平田観光農園公式HP

三次市上田町にある「平田観光農園」は、いちごだけでなく栗やなし、りんごなどたくさんの果物を育てている観光農園です。野鳥の森や動物のいる広場など見どころがたくさんなので、自然を感じながら1日中楽しめますよ。
平田観光農園のいちご狩りは、「いちごディスカバリー」という名前で、20分間のいちご食べ放題といちごアイスやいちごピザといったお菓子作り体験がセットになったものです。(未就園児は食べ放題のみ)
食べ放題のみを希望の人は、平田観光農園から車で約40分の「君田いちごハウス」で、いちご1パックお土産付きの40分間いちご食べ放題が開催中です。どちらのいちご狩りも11月30日から開催中で、予約が必須。公式ホームページか電話で早めの予約がおすすめです。

平田観光農園

住所

広島県三次市上田町1740-3

電話番号

0824-69-2346

開園時間

3月~11月 10:00~17:00

12月~2月 10:00~15:00

休園日

3月~11月 無休/12月~2月 木・金曜日

公式HP

http://www.marumero.com/

【君田いちごハウス 住所】広島県三次市君田町西入君756

白龍湖観光農園【三原市】

出典:白龍湖観光農園公式HP

三原市大和町大草にある「白龍湖観光農園」は、いちごやさくらんぼなどのフルーツ狩りはもちろん、パークゴルフやBBQ、農園カフェなども楽しめる観光農園です。高設土耕栽培&水耕栽培のいちごが40分食べ放題で、紅ほっぺやおいCベリーなどの品種を食べることができます。
こちらの農園は、20名以上の団体客以外は予約がいりません。常に開催しているわけではないので、公式ホームページのフルーツ狩りカレンダーで、前日の夕方か当日の朝にいちご狩りが開催されているのかを確認してから出発しましょう。
熟したいちごがなくなり次第いちご狩りは終了になるので、朝イチを狙うのがおすすめです。

白龍湖観光農園

住所

広島県三原市大和町大草398

電話番号

0847-34-0234

開園時間

8:00~17:00

公式HP

https://hakuryuko.net/

果実の森公園【三原市】

出典:果実の森公園公式HP

三原市大和町大草にある「果実の森公園」は、旬の時期にいちご狩りやぶどう狩り、ブルーベリー狩りなどが楽しめる観光農園です。約7000㎡の広々とした芝生広場があり、縁日などのイベントも開催されます。
果実の森公園のいちご狩りは、12月中旬頃から4月上旬頃までに不定期で開催中。いちごの熟れ具合で入園できる人数が決まるため、予約ではなく当日の朝9時から順次受付をするシステムです。(開場は10時から)熟したいちごがなくなり次第受付終了なので、公式ホームページで開催日を確認してから、早めに行くのが良いでしょう。

果実の森公園

住所

広島県三原市大和町大草75-29

電話番号

0847-34-0005

開園時間

9:00~17:00

公式HP

http://www.kajitsunomori.co.jp/

河野園芸【尾道市】

出典:@kounoengei

尾道市御調町丸門田にある「河野園芸」は、いちご狩りやブルーベリー狩りが楽しめる農園です。いちご狩りは、12月末から5月末頃までで、取り扱い品種は紅ほっぺ。紅ほっぺは、サイズが大きくいちご本来の甘酸っぱさを味わえるいちごなのだとか。
10名以上の団体客以外は予約なしでOK。9時開園で、先着順の受付です。熟したいちごがなくなり次第終了なので、開演時間を目指して出発するのがおすすめ。「40分間食べ放題」と摘み取り量によって料金が変わる「いちご摘み取り」が選べるので、量を食べられない人やいちご摘みそのものを楽しみたい人はいちご摘み取りを選んでみては?

河野園芸

住所

広島県尾道市御調町丸門田679-2

電話番号

0848-78-0108

開園時間

9:00~

公式HP

http://kouno.cdx.jp/

公式インスタグラム

https://www.instagram.com/kounoengei/

沖見ベジタ【江田島市】

出典:沖見ベジタ

江田島市沖美町畑にある「沖見ベジタ」は、ハチミツの交配によって生まれた紅ほっぺが堪能できるいちご農園です。2020年のいちご狩りは、3月1日から5月30日までで、期間中は無休で開催しています。
ビニールハウス内は通路が広く、ベビーカーでも移動が楽々!小さな子ども連れにはありがたいですね。高設栽培なので摘み取りやすいのも魅力的です。いちご狩りには3日前までの予約がマスト。電話もしくは公式ホームページにある問い合わせフォームから予約してくださいね。
施設内には、いちご農家の方が手作りした広島県産いちご100%のいちごジャムが販売されていて、お土産として人気なのだとか。

沖見ベジタ

住所

広島県江田島市沖美町畑1248-2

電話番号

0823-49-1115

開園時間

10:00~16:00

休園日

年中無休

公式HP

https://okimivegeta.com/

子連れで楽しめるいちご狩りへ行こう♪

広島市や山県郡、三次市、三原市、江田島市にあるいちご狩りにおすすめの農園を紹介しました。甘くてフレッシュないちごが食べたいならいちご狩りが一番!自分で摘んだいちごは格別ですよ。自然と生きている果物に触れることができるので、子どもにとってもきっと良い経験になるはず。6月頃まで開催している農園もあるので、まだまだ計画を立てることは可能です。冬から春のレジャーとして、家族や友人といちご狩りを楽しんでみてはいかがですか?

担当ライター

この記事をシェアする