ほくろ除去治療を行っている広島のクリニック6選

この記事をシェアする

顔や体にある黒い点「ほくろ」。目立たない場所なら気になりませんが、場所や大きさ、色や形によっては、与える印象も強く、コンプレックスを感じてしまう場合もあります。また、突然できたほくろに対して、「もしかして皮膚がんでは…」と、心配になることもあるかもしれません。そんなほくろですが、きちんと治療して除去することができるんです。今回は、広島市内にあるほくろ除去治療を行っているクリニックをご紹介します。まずは、ほくろとは何か、どんな除去方法があるのか詳しく見ていきましょう。

ほくろにはさまざまな種類がある

「ほくろ」と言っても、良いほくろ、悪いほくろがあるのを知っていますか?まずは、ほくろとはどんなものなのかを解説します。

そもそもほくろとはなに?

ほくろとは、「メラノサイト」と呼ばれる黒いメラニン色素を産み出す細胞とよく似た「母斑細胞」が増殖したもの。黒色や茶色の「色素性母斑」や青っぽい「青色母斑」などがあり、比較的小さなものがほくろと呼ばれます。
ほくろは良性腫瘍なので、がん化することはあまりないそうです。しかし、年々数が増える、盛り上がる、色が抜けるなど、目に見えて分かる急激な変化がある場合は、悪性腫瘍「メラノーマ」の疑いもあるのだとか。
また高齢になってから目や鼻の周りにできる青黒いほくろは、「基底細胞癌」という悪性腫瘍を疑う場合もあるようです。

除去した方が良いほくろの種類と特徴は?

先程ご説明したように、色素性母斑などの良性のほくろは、基本的に除去する必要はありません。ただし、「目立つ部分にあり悩んでいる」「生活を送るうえで支障がある」など、美容面が気になる場合に除去するのもひとつの手段です。
一方、メラノーマなど悪性のほくろは除去しておく必要があります。悪性を疑うほくろの特徴は、

  • 左右が非対称であったり形が整っていない
  • 皮膚との境界線がギザギザ、またはぼんやりとしている
  • 色ムラがある
  • 6mm以上の大きさ
  • 進行に伴って隆起してくる

などで、複数の特徴を併せ持っている場合が多いようです。しかし、素人では判断が難しいため、少しでも気になるほくろがある場合は、皮膚科や形成外科を受診し、検査を受けることをおすすめします。

クリニックでほくろ除去する方法は?

実際に皮膚科や形成外科、美容外科などクリニックでは、どのような方法でほくろ除去を行っているのでしょうか。

ほくろ除去にはレーザー?それとも手術?

ほくろを除去するには、大きく分けてふたつの方法があります。ひとつはレーザーを使った方法、もうひとつは切開手術です。

炭酸ガスレーザーで除去する方法

ほくろの盛り上がった表面部分を炭酸ガスレーザーを使って削り取り、平らにする除去方法で、所要時間はほくろ1個あたり5分程度なのだとか。比較的浅いほくろに有効で、表面の色のついた部分だけを削り取るので、肌への負担が少なく、短期間で目立たなくなるメリットがあります。顔の一部にメスを入れるという精神的な負担もありません。

手術で除去する方法

悪性を疑うほくろや病理検査が必要な場合には、メスを使って切除する手術治療を行う場合があります。ほくろの深い部分まで残さず取り除くため、再発する心配が少ないのだそう。時間が経過すれば傷も目立たなくなるので、ほくろの状態によっては有効な方法と言えるでしょう。所要時間はほくろ1個あたり約15分だそうです。

保険は効くの?費用はどのくらいかかる?

ほくろを除去するのは、悪性腫瘍かを検査し切除する場合と、美容的な理由で除去する場合があります。悪性を疑うほくろの切開手術を行う場合は保険が適用されますが、炭酸ガスレーザーを使ったり、美容的な理由で除去する場合は、自費治療となります。
切開手術にかかる費用は、3割負担の保険適用で、ほくろ1個につき約7,000~8,000円、炭酸ガスレーザーで除去する場合は、自費診療でほくろ1個につき約5,000円程度のようです。(ほくろの大きさや状態、クリニックによっても費用が異なります。)
ほくろ除去する理由が治療目的か美容目的かにより、除去方法や自己負担額が変わってきます。どちらもメリットとデメリットがあるため、クリニックの専門医の判断をもとに選ぶことが必要です。

広島市内にあるほくろ除去ができるクリニック6選

広島市内にある、ほくろ除去の施術を受けられるクリニックを6つご紹介します。自分に合うクリニックを見つける参考にしてくださいね。

【中区本通】経験豊富な医師が対応!広島プルミエクリニック

出典:広島プルミエクリニック

「広島プルミエクリニック」は、皮膚科、形成外科の治療を行うクリニックです。2013年に開院し、2017年より本通電停すぐの現在の場所に移ったそうです。ほくろ除去は、炭酸ガスレーザーと切開手術を導入しており、美容目的でない診療の場合に保険が適用されるようです。美容目的でほくろ除去を行う自費診療の場合は、カウンセリング無料でアフターケアとして保証制度もあるので安心です。
ほくろ以外にも一般的な皮膚科診療や、美容整形など幅広い診療メニューを扱っているそう。豊富な経験と実績を持つ医師が治療を担当してくれるので、安心して受診できそうですね。

クリニック名

広島プルミエクリニック

住所

広島県広島市中区本通7-29 アイビービル4階

電話番号

0120-165-800

公式HP

https://hiroshima-biyou.com/

【安佐南区】車でのアクセス良好!こころ皮ふ科クリニック

出典:こころ皮ふ科クリニック

「こころ皮ふ科クリニック」は、西風新都ICの近く、セントラルシティこころ内にあります。駐車場を多数完備しているので、車で行くのが便利です。交通機関を利用する場合は、広島市中心部からこころ団地方面行きのバス、またはアストラムラインとバスを乗り継いで行くことができますよ。
こころ皮ふ科クリニックでは、一般皮膚科、皮膚外科、保険外診療においてさまざなま皮膚の診療を行っています。ほくろ除去治療では、切除、炭酸ガスレーザーともに、「露出部」「露出部以外」「ほくろの大きさ」に分けて、保険適用時の費用が決められており、公式ホームページにも分かりやすく料金設定が提示されているので、費用がイメージしやすいですよ。

 

クリニック名

こころ皮ふ科クリニック

住所

広島市安佐南区伴南1-5-18-8-303

電話番号

082-849-5477

公式HP

http://cocoro-hihuka.com/

【中区紙屋町】会員になるとお得に施術が受けられる!品川スキンクリニック 広島院

出典:品川スキンクリニック広島院

広島市中心部、本通電停や紙屋町西電停からもアクセス良く、便利な場所にあるのが「品川スキンクリニック広島院」です。こちらのクリニックのほくろ除去は、炭酸ガスレーザーが主なので、美容面で「ほくろにコンプレックスを感じている」と悩んでいる人におすすめです。さらに、クリニックの会員になると、費用が20%オフとお得に施術を受けられるそう。
有料駐車場を利用した場合には、支払い料金によっては割引サービスも受けられるようです。全国展開している「品川美容外科」グループのクリニックであることも、安心できますね。

 

クリニック名 品川スキンクリニック 広島院
住所 広島市中区紙屋町2-2-2 紙屋町ビル5F
電話番号 0120-531-200
公式HP https://www.shinagawa-hiroshima.com/

【南区段原】治療の質と信頼感を大切にする!宮本形成外科

形成外科、美容外科、麻酔科の治療を行う形成外科で、皮膚の悩みや美容に関するさまざまな診療を行っています。患者との信頼関係を第一に、治療の質にこだわって運営しているそう。ほくろ除去は、保険適用の切開手術と、美容を目的としたレーザー除去の両方を扱っています。ほくろ治療に使用するレーザーには、皮膚表面の色素に有効とされる炭酸ガスレーザーと、皮膚深層のメラニン色素にも有効で治療跡が残りにくい「アレキサンドライトレーザー」があります。レーザー治療でも、ほくろの種類や状態によっては、保険適用できるものもあるようです。

 

クリニック名 宮本形成外科
住所 広島市南区段原南2丁目3-22
電話番号 082-264-880
公式HP http://www.keiseigeka.co.jp/

【中区八丁堀】肌に負担の少ない治療を提供!すず美容形成外科医院

出典:すず美容形成外科医院

「すず美容形成外科医院」は、美容外科、美容皮膚科、形成外科の3つの診療を行うクリニックです。形成外科専門医として実績のある院長が、安心・安全を第一に、効果を感じられる美容診療を目指しているそう。ほくろ除去は、レーザーか切除手術が適用されます。隆起したほくろは、切除や炭酸ガスレーザーを、平坦なほくろには、シミ治療にも利用する比較的負担の少ない「Qスイッチレーザー」を使用することも。ほくろの大きさ、数、場所などを考慮しながら、最善の治療方法を提案してくれるそうですよ。
八丁堀電停から徒歩1分と便利な場所にあるのもうれしいですね。

 

クリニック名  すず美容形成外科医院
住所 広島市中区鉄砲町10-13八丁堀伊藤久芳堂ビル6F
電話番号 082-222-6671
公式HP http://www.suzu-clinic.com/

【中区銀山町】治療方法が充実!広島中央クリニック

出典:広島中央クリニック

全国展開し、30年の実績を持つ「中央クリニック」グループの広島院、「広島中央クリニック」。診療に当たるのは、経験豊富な専門医のみなのだとか。ほくろ除去には3つの方法を導入しているそうです。「エルビウムヤグレーザー(アクションⅡ)」は、炭酸ガスレーザーより肌に与えるダメージが少なく、小さなほくろや広範囲でも、きれいに仕上げてくれる方法だそう。電気分解法は、熱エネルギーを使い、電気メスで除去する方法で、薄くて小さなほくろ向けの方法。切開手術は、大きなほくろなどに適用することが多いそうです。
全国にグループ院があるので、万が一治療の途中で転居しても、転居先のグループ院に継続して通うことができるのも大きなメリットと言えます。

クリニック名 広島中央クリニック
住所 広島市中区銀山町1-11 フジスカイビル5F
電話番号 0120-955-935
公式HP https://www.chuoh-clinic-hiroshima.com/

 

信頼できるクリニックでほくろ除去治療をしよう

今回は、広島市中区、南区、安佐南区から6つのクリニックをピックアップしてご紹介しましたが、それ以外にも西区や佐伯区、安佐北区、また呉市や東広島市などにも、ほくろ除去治療を行うクリニックはたくさんあります。気になるほくろがある場合は、治療目的か美容目的で選ぶクリニックも変わってくるので、まずはクリニックの公式ホームページなどを見て、方針や治療方法を確認しましょう。自分の目的や予算に合うクリニックをしっかり選んでくださいね。

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする