結婚と出産は、実はキャリアのつかみどき!一度専業主婦になった私がサロン店長になるまで

この記事をシェアする

結婚と出産は、女性にとってキャリアの「諦めどき」だと思っていませんか?でも実は、新しいキャリアの「つかみどき」にだってなるんです!
今回は、そんな人生の転機をチャンスに変え、マツエクサロンの店長として活躍する女性にインタビュー!社員の9割を女性が占める広島企業「株式会社CREATIVE LAB HOLDINGS(クリエイティブラボホールディングス)」グループで働く彼女が、専業主婦のブランクを乗り越え、どうやって店長として活躍するに至ったのか…詳しく伺ってみました!

マツエクサロン“アイプラス”の店長として活躍中の塚本さん!気になるその経歴は…?

今回お話をしてくれたのが、こちらの塚本友里(つかもと ゆり)さん

◇塚本友里さんプロフィール
34歳。クリエイティブラボホールディングスが運営するマツエクサロン「eye+(アイプラス)」勤務。店長に就任して、2年目を迎える。

◇経歴
18歳 美容専門学校卒業後、広島県内の美容院に美容師として就職
24歳 結婚が決まり退職
26歳 アイプラスにアイリストとして就職
29歳 副店長昇格
31歳 第一子出産
32歳 現場復帰
33歳 店長昇格

転職、出産を挟みながら店長まで上り詰めたいきさつ、気になりますよね!ということで、さっそく見ていきましょう。

第一の転機!結婚を機に退職…自ら選んだ“新たなステージ”

もともと美容師として働いていた塚本さん。そのキャリアの転機となったのが結婚でした。

専業主婦からアイリストという新しいチャレンジ

塚本さんのお母さんが専業主婦だったこともあり、『結婚したら仕事は辞めるもの』だと漠然と思い、一度は退職したそうですが…。

「夫は仕事が遅いし子供もまだいなかったので、1人の時間が長くて。このままじゃダメだと思ったのと、新しいことに挑戦してみたかったこともあり、美容師時代から興味があったアイリストの仕事に就こうと決めたんです」

ちなみにアイリストとは、マツエクの施術をする職種。美容師免許が必要で、マツエクの人気が高まる中、美容師のセカンドキャリアとして人気なんだとか!

アイプラスに就職。努力を認められて副店長に!

もともと利用したことがあり、その雰囲気の良さから塚本さんが就職先として選んだのが、マツエクサロンのアイプラス。クリエイティブラボホールディングスのグループで、広島県のみならず全国展開しており、多くの女性が働いています。

社員旅行の一コマ

「施術後、お客様が鏡を見て笑顔になってくれるのが何よりもやりがいです!」

と語る塚本さん。彼女の上司いわく、入社当時からいつもニコニコしていたけれど、笑顔の裏では、常にコツコツ努力をする人だったとか。
そんな努力の甲斐もあって、時短勤務ながら、お客様からの指名率も上位に!ついには副店長という責任ある立場を任せられるようになったそうです。

社内での授賞式

「副店長になってから『どうすればみんなが笑顔で楽しく働けるか』を考えるようになり 『お客様に喜んでいただけるのが、スタッフにとっても一番の喜び』だと気づいたんです」

と語る塚本さん。そこで「みんなが自信を持って働けるように」との想いから、スタッフの知識量とスキルのアップに力を入れたそう。そんな彼女の仕事ぶりは高く評価され、「塚本さんのようになりたい」という声も増えたとか♡(上司談)
結婚を機に美容師の仕事を辞めた後、見事新たなキャリアを切り開き、周囲に認められるまでになったんですね!

第一子妊娠!キャリアに対する考えにも大きな変化が

そんな塚本さんですが、実は

「自分は仕事がバリバリできる女性ではないから、キャリアはいらない。出産した後はゆっくり働こう

と最初は思っていたそう。ところが上司や同僚などいろんな人との出会いを通し、実際に自分が妊娠する頃には、考え方が変わっていたといいます。

「そもそも、入社当初は子供ができたら辞めるつもりでした。でも妊娠しても継続して働いている同僚を見て、私も頑張ろうと思うようになったんです」

妊娠・出産を機にキャリアを諦める女性は少なくありません。けれど塚本さんの場合、女性のキャリアアップ支援に積極的なクリエイティブラボホールディングスの社風も手伝い、産休を取り、妊娠後も働き続けることを選択。身近な働くママの存在が、後押しになったんですね。

社内の仲間との一コマ

さらに、キャリアアップについての考え方にも変化があったとか。

「自分では『できない、向いてない』と思うことでも、まわりが『できるよ』っていってくれて。そんな周囲の後押しもあって、キャリアアップに向けて『やってみよう!』と一歩踏み出せるようになりました」

そしてこのキャリアアップへのポジティブな考え方が、産休・育休後の復帰の際に周囲を驚かせることになるのです…!

第二の転機!産後の職場復帰から店長へステップアップ

出産を経てさらにパワーアップ!店長は“やりがいのある仕事”

産休・育休中も、キャリアアップのために、実は陰ながら努力を重ねていた塚本さん。
社内で有資格者のみが施術できる特別なサービスがあるのですが、塚本さんは、なんと産休中にその技術テストに合格。見事レベルアップして、職場復帰を果たしたといいます。

さらに復職後は、それまで以上に「人のために動ける人」になり、統率力も発揮するようになったとか!そして、上司からの強い推薦で、復帰後わずか1年で、店長へと昇格します。

「店長としての私の仕事は、みんなが笑顔で働けるようにすること。スタッフが自信を持ってお客様に接する姿を見ること、その成長の役に立てることにやりがいを感じます」

と、語ってくれた塚本さん。

今まで以上に頑張れる!出産しても働き続けられる環境

さて、塚本さんのキャリアを大きく変えたきっかけ、第一子の男の子は、元気に成長中。現在3歳となり、クリエイティブラボホールディングスのグループ企業「株式会社peekaboo(ピーカブー)」が運営する企業主導型保育園に通っています。

こちらの記事もチェック!

保育園のひとコマ

ピーカブーでは、保育園2ヶ所と幼稚舎を運営。クリエイティブラボホールディングス傘下で働くスタッフたちが、産後も安心して働ける環境づくりを行っています。
塚本さんいわく、

子供が毎日楽しそうに保育園に通ってくれるから、『私も頑張ろう』と今まで以上に思えますね。信頼して預けられる保育園があるおかげで、私も安心して仕事に打ち込めます」

とのこと!ちなみにご主人も「自分がしたいならしたらいいよ!」と、塚本さんの働き方に賛成してくれているそう。塚本さんのキャリアアップは、もちろんご自身の努力のたまものではありますが、家族や会社のサポートがあってこそでもあります。こんな環境が当たり前の世の中になれば、女性の選択肢ももっと広がるに違いありませんね。

まずは最初の一歩を!その先には新しい世界が待っている♡

社内の表彰式でのスピーチ

今後について「必要とされることが何よりもの活力。できるとまわりに思ってもらえるなら、もっといろんなことに挑戦していきたい」と語ってくれた塚本さん。「自分の姿が、長く働く人の良い未来像になれば」と、その笑顔は、とても生き生きしていました!
夫婦共働き世帯が増えつつも、稼ぎ頭は男性…という家庭が多いのが現状。考え方や幸せの形はもちろん人それぞれです。ただ、結婚・出産を経て、自信の手で新しいキャリアを切り開く塚本さんのような女性に、憧れを抱くママは少なくないはず。悩みつつもなかなか一歩を踏み出せない人は、勇気を持って一歩を踏み出してみませんか?ワクワクする未来が開けるかもしれませんよ♡

株式会社CREATIVE LAB HOLDINGS

住所

【本社】広島県広島市中区三川町5-4-2F

電話番号

082-244-3511

公式サイト

https://www.creativelab.co.jp/

関連記事はこちら▼

こちらの記事もチェック!

担当ライター

この記事をシェアする