鍋でケーキも焼ける!時短とおしゃれを叶える無水鍋って知ってる?

この記事をシェアする

おしゃれな料理がサッと作れたらなぁ…と思うことはありませんか?料理は嫌いじゃないけれど、なぜか見た目がよくならない。ゆっくり作る時間がないから、平日は食卓が貧相になることも…。そんなママたちにおすすめしたいのが、私が愛用するHALムスイの無水鍋。とても万能な鍋なんですが、何より驚くのが、なんとケーキが焼けること!「えっ鍋でケーキ!?」とビックリしましたか?焼けるんです、本当に。

普通の主婦がショートケーキを“ふわっふわ”に焼けた秘密は…!?

秘密は“焼き”の工程に隠れている!

娘が食べているケーキ、とっても美味しそうだと思いませんか?
このケーキは、休日に親子で焼いたもの。スポンジはふわふわ、娘も「うちのケーキは世界一」と大絶賛でした。
私は、パティシエのようなお菓子作りの名人ではありません。“休みの日に時間があれば娘とお菓子作りを楽しむ”程度の、普通の主婦。

そんな私が、なぜこんなにクオリティの高いケーキを焼けるようになったのか、ちょっと気になりますよね!
秘密は、焼き方。実はこのケーキのスポンジ、鍋で焼いたんです!

ふわふわのケーキが焼ける、とっておきの鍋を教えちゃいます

スポンジケーキを焼くときに使ったのは、こちらのHALムスイの無水鍋
たまにお菓子作りを楽しむ程度だった私が“ふわっふわ”のスポンジケーキを焼けるようになったのは、この無水鍋のおかげ。アルミニウム合金でできていて、熱伝導率がバツグンだから、ケーキが上手に焼けるんです。

ちなみに、HALムスイの無水鍋には、フライパンや片手鍋もありますよ。今回は、深さのある無水鍋で作りました。

鍋でケーキ、こうして焼きました!

まずは、生地作りからはじめます。配合は、いつも通りのレシピでOK!「これまでケーキ作りをあまりしたことがない」というママは、HALムスイの公式HPにもレシピが載っているので参考にしてみてくださいね。

▶ふわふわスポンジケーキのレシピはコチラ

スポンジケーキは混ぜ方によっても仕上がりが変わってしまいますが、子供のざっくりした混ぜ方が、逆に泡がつぶれなくていい感じ♪

生地ができたら、あたためた無水鍋に入れていきます。無水鍋を使ったことのないママにとっては、本当に鍋でうまく焼けるのかドキドキですよね!

しかし、焼き上がりはご覧のとおり。ムラがない、きれいなスポンジケーキの焼き上がりです!

デコレーションは、娘といっしょに楽しみました。子供にとっても“ママといっしょにケーキ作りをした思い出”って、きっと心に残るはず。
私も「子供の頃、幼稚園から帰るといつも母がケーキを作ってくれたな」と、30代になった今でも思い出します。

楽しくデコレーションをしたら、手作りショートケーキの完成!手作り感満載ですが、注目してほしいのは、この“ふわふわ感”!

あ、ふわふわに焼き上がる理由を、しっかり説明していませんでしたね。HALムスイの公式HPによると、アルミ製の無水鍋は熱伝導率が高いんだそう。そして、鍋底、側面、さらにはフタまで同じ素材でできているので、鍋全体が常に同じ温度になります。
だから、焼きムラもなく、ふわふわに焼けるんだそうです。

スポンジケーキって、高温で焼くと後から真ん中がしぼんでしまったり、低温すぎると膨らまなかったり、加減が難しいんですよね。しかし、熱伝導率がいい無水鍋なら、極弱火で丁度いい焼き加減になります。
「スポンジケーキは160度だけど、ブラウニーを焼くときは170度で」なんて、難しい温度設定も必要ありません。極弱火で焼くだけ

また、鍋がそのまま焼き型になるところもメリット。お菓子作りの道具がお家にそろっていないママでも、型なしでケーキ作りにチャレンジできますよ。

ほかにもスイーツいろいろ♪インスタ映えも◎

無水鍋は、ほかにもたくさんのスイーツが、簡単に作れます。

カフェ風ホットケーキを自宅で楽しめる

子供が喜ぶスイーツの代表格でもある、ホットケーキ。朝ごはんにも大活躍のメニューですよね。無水鍋ならホットケーキも、スポンジケーキと同じ理由で、焼きムラなく、ふわふわに仕上がります。
まるで、おしゃれなカフェのパンケーキのように、きれいな焼き色!昔、絵本で見て憧れた“ふわふわのカステラ”みたいで、嬉しくなっちゃいます♪

二度焼き不要!20分でチーズタルトが焼き上がる!

パパにウケのいいチーズタルトも、20分焼けば完成!
通常チーズタルトを作るときは、まず生地を焼いて、次にフィリングを流し入れて再び焼いて…と、二度も“焼き”の工程が発生してしまいます。しかし、熱伝導率のいい無水鍋なら、タルト台を空焼きする手間はいりません
だから、チーズタルトも驚くほど早く作れるんです。

パンも焼ける!憧れの手作りパンにもチャレンジ♪

オーブンやホームベーカリーがなくても、無水鍋があればパンだって焼けちゃいます。鍋のなかで生地をこねれば、洗い物も少なく、鍋全体にバターの油分が行き渡り“焼き”の下準備も完了!一石二鳥ですね。

いつもの鍋で焼けるから!ふとした思いつきでブラウニーも

ママの“ホッとひと息タイム”におすすめのナッツブラウニーも、無水鍋で焼けるんです。材料を順番に混ぜていくだけなので、とっても簡単。
子供が寝たあとに「ブラウニー焼いとこうかな」くらいの軽い気持ちで作れます。

▼無水鍋ならこんなお菓子も作れます

https://musui.co.jp/cooking-cat/dessert/

そのほかスイーツや料理など、HALムスイのInstagram(@musuinabe_official)には、映えレシピもたくさん掲載!どれも簡単で、マネしたくなりますよ♪みなさんも、ぜひチェックしてみてくださいね。

もちろん、料理もお任せ!1鍋8役なんです

毎日この鍋さえあれば大丈夫!1鍋8役の優れもの

無水鍋は“鍋”なので、もちろん普段の料理にも使えます。しかも『炊く・蒸す・煮る・茹でる・焼く・炒める・揚げる・天火(オーブン)』と、なんと1鍋8役!
焼き魚や唐揚げも、無水鍋で作れるんです。つまり、キッチンには無水鍋だけあればOK!収納がスッキリするうえ、掃除が面倒なお魚グリルも汚れなくなって、家事がラクに。

家庭では失敗しがちな料理も美味しく仕上がる

「でも、鍋で炒め物って、ベチャベチャになるんじゃ?」と思うママもいるかもしれません。
しかし先ほどご紹介したように、無水鍋は熱伝導がいいんです!焼き魚はふっくらと、唐揚げはジューシーでカラっと、チャーハンもパラパラに仕上がります。

無水調理ができるから食材の栄養と旨みを生かせる

もうひとつ無水鍋の大きな特長が、名前の通り“無水調理”ができること。ほうれん草を茹でるのも、サッと水洗いしたら、そのまま鍋に入れて30秒加熱するだけ。あっという間に茹で上がります。水をほとんど使わないので、ビタミンやミネラルなどの栄養素も流出しにくく、野菜が持つ旨みもギュッと凝縮。
苦手な野菜が食べられるようになる子もいるそうですよ。

野菜は色鮮やかに!食欲も倍増

さらに、無水鍋で調理した野菜は、仕上がりが色鮮やかに。魚と野菜の重ね蒸しも、パプリカの色がきれいに出て、とっても美味しそう!彩りがいいと、箸も進みますよね。
鍋ごと食卓にドン!と出せば、一品だけでも“ごちそう”に見えるから不思議です。これなら忙しくて品数をたくさん作れない日でも「今日は食卓が貧相で、家族に申し訳ない」なんて罪悪感もありません。この“罪悪感がない手抜き料理が作れる”というのは、ママにとっては結構重要ですよね。

熱伝導がいいから!時短料理もお手のもの

さらに忙しいママにとって嬉しいのは、調理時間を短縮できること。熱伝導がいいと、加熱時間が短くて済むんです。
だから、こんなにおしゃれで豪華な和風パエリアも、10分加熱して10分蒸らすだけ。切り身の魚を使えば、帰宅して30分で「いただきます」も夢じゃありません。
洗い物も少なく、片付けも簡単。平日の夜、家事がラクになりますね。

無水鍋、どれだけ万能なの…!!

そのシンプルな見た目からは想像できないほどのパワーを秘めている無水鍋。あまりの万能さに「本当なの…?」と半信半疑になるママもいるかもしれませんね。しかし、すべて本当の話なんです。pikabu編集部でも、大ファンになるママ続出中!みなさんも一度使えば、きっと手放せなくなるはずですよ。

株式会社 HALムスイ(ハルムスイ)

住所

〒731-0135 広島県広島市安佐南区長束三丁目44-17-8

TEL

(082)239-1200

公式HP

https://musui.co.jp/

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする