安くて新鮮!なんでも揃う「とれたて元気市」に行ってきた♪

佐伯区在住の筆者にとっては少しだけ遠い存在。でもついつい足繁く通ってしまうのが、安佐南区の「とれたて元気市」なんです。「とれたて元気市」はJA全農ひろしまが直営している販売所で、平日にもかかわらず開店から多くのお客さんでにぎわっています。毎月さまざまなイベントを催していたり、新鮮な旬食材をリーズナブルな価格で購入できたりと魅力満載!今回はそんな「とれたて元気市」をドド~ンと紹介するので、一度足を運んでみてくださいね♡

安佐南区大町にあるJA交流ひろば「とれたて元気市」とは?

JA交流ひろば「とれたて元気市」は、広島県内の農畜産物や加工品を直営販売している場所です。広々とした駐車場には150台の車を収容することができるので、駐車スペースに困ることはありません☆

「とれたて元気市」では毎月いろんなイベントを開催!こちらの画像は8月のイベント案内です。なんと8月14日に開かれたJA産直市では“マグロの解体ショー”が催されました!!
残念ながら筆者は当日解体ショーを見ることはできませんでしたが、なかなか間近でマグロを見る機会もないので、もし次回開催される予定があるなら絶対に行こうと思っています!!(笑)

店内には子ども用のイスがついたショッピングカートもあるので、小さな子ども連れでも安心して店内を見て回ることができますよ。

スーパー顔負け?いろいろ揃う「とれたて元気市」

店舗入口すぐにはお米を購入できるブースがあり、いろんな銘柄から好きなお米を選んで購入できます♪いろんな銘柄を買ってお米の食べ比べをするのも楽しいかもしれませんね。

また、店頭では好きな分づきで精米することも。好みの分づきで購入すれば帰ってすぐに食べることができますね。

お米ブースの横には生花も充実しています。仏壇に供える花から花束にできそうなほど艶やかな花まで、種類も豊富♡
この日は友人の結婚式に流す動画用に、バラの花を持った写真を撮らないといけなかったのでバラの花を購入。一輪だけでも高価なイメージがあったバラですが、6本入りを350円ほどでゲットできました♪

メインの果物や野菜も充実していて、その季節に採れる旬の果物や野菜がズラリ☆特に8月後半くらいからはモモやブドウ、ナシ、イチジクなど、夏から秋にかけて採れる果物が充実してきます。スーパーで購入するよりも若干お安めに購入できるので、果物大好きな我が家の家計には大助かり♡

野菜も、葉物から根菜まで幅広く取り揃えられているのが魅力です!どれも収穫したばかりで、とっても新鮮♡さらに、スーパーには並ばないような不ぞろいの野菜は格安で購入できるので、“おいしさ”はそのままに食費を節約できますよ。寒くなってくると、鍋料理で野菜を大量消費してしまうことが多い我が家。高い葉物野菜などは特に、こちらで大量購入する予定です。

この日は小玉ねぎを購入してみました。たくさん入って100円という驚き価格!正直、勢いで購入してしまった食材でした(笑)どうやって調理しようか迷いましたが、丸ごと煮込んでスープにすれば2歳児の我が子でも食べやすいのでは?と思い、ベーコンや野菜を盛り込んだスープを作ることに。

小玉ねぎは20分くらい煮るだけでトロトロに近い触感まで柔らかくなりました♪小さいながら玉ねぎの甘みもしっかりしていたので、我が子もペロリと完食。普段あまりおかわりをしない我が子がおかわりをご所望したほどだったので、母としては嬉しいかぎりでした♡

生鮮食品も充実☆鮮度抜群の肉!魚!卵!

店内には県内の和牛を取り扱った「JAのお肉屋さん」もありますよ。どのお肉もA4クラス以上という高品質なお肉ばかり!価格も驚くほど高くはないので、野菜などを安く買った代わりにいいお肉を買うことができちゃいます♪
計り売りとパック詰めの2種類があるので、レシピに合わせてお肉をセレクトできるのもうれしいポイントです♡

お肉屋さんの横には卵コーナーがあります。個人的に、こういった直営店でも卵は高いイメージがありましたが、あまりスーパーと変わらない価格だったので驚きました。もちろん高い卵だと、6個で450円するものもありますが、スタンダードな卵なら10個198円で購入できますよ♡新鮮な卵がスーパーと同じ価格で買えるのなら、「とれたて元気市」で卵を買った方がおいしい卵料理が食べられるのでは…?♡と、次回から卵の購入も考えている筆者です。

卵コーナーを抜けると目に入るのが鮮魚ブースです。お寿司や刺身はもちろん、鮮魚も取り扱っているので、献立に困ることはないでしょう♪柵切りになった切り身も売っているので、自分で捌く手間も省けますよ。
我が家はみんな魚が大好きなので、リーズナブルな価格で旬の魚をゲットできる「とれたて元気市」は、スーパーの魚売り場より魅力的に感じました♡

お料理上手の近道!手書きレシピは必見

「とれたて元気市」では、あまりスーパーで見かけない野菜も売っています。“料理方法が分からないから買えないなぁ”と思っていると、商品ポップの下にレシピの紙を発見!
写真はジャガイモの写真ですが、各ポップの下には自由に持ち帰れるようにレシピをメモした紙が置いてあるんです!名前すら初めて聞くような野菜でも、調理法が意外と簡単だったりするので、「初めて見るけれど、食べてみようかな」と購入意欲がかき立てられました。普段使いする野菜の下にも設置してあるので、気になるレシピを全部もらって帰ると味のレパートリーも増やせそうです♪

さらに、加工品コーナーにはレシピをズラリと並べたレシピコーナーがあります。各ポップの下に収まりきらなかった絶品レシピの数々はこちらでチェックできるので、気になるレシピがあったときは迷わずもらっちゃいましょう!
A4用紙を半分にした大きさの紙に材料と作り方が書かれているため、ごちゃごちゃしやすいキッチンでも置く場所に困りませんね☆

筆者おすすめ♡家族で味わいたいはちみつレモン

続いて、「とれたて元気市」に行ったら必ず購入する筆者おすすめの商品をご紹介しましょう!それは、「大長レモンで作ったはちみつレモン」です。

加工品コーナーに置いてある、瓶詰されたハチミツ。最初は“最近ハチミツが人気だし、水で割ったらジュースになりそう”という興味半分で購入した商品でしたが、試してみてドハマりしちゃいました♪昔懐かしの“はちみつレモンジュース”を彷彿させるほのかな酸味と甘みは、子どもたちにも大好評☆一気に飲み干してしまうほどです(笑)
作り方も簡単で、はちみつレモン1に対して水や炭酸水4~5を加えるだけ!あっという間に“はちみつレモンジュース”が完成します。筆者のお気に入りは三ツ矢サイダーのような甘めの炭酸水と割ること♡より甘みが引き立って夏場にはぴったりでした。お酒が好きな人なら炭酸とトニックで割るのもいいかもしれませんね♪

隣接している食堂は人気のランチスポット☆

最後に、「とれたて元気市」の敷地内にあるおすすめランチスポット、「元気市食堂」についてもご紹介しましょう♡

「とれたて元気市」を出てすぐにある「元気市食堂」は、地産地消を基本とした食事を提供してくれる食堂です。新鮮野菜をふんだんに使ったランチはどれも絶品で、完売してしまうことも多いのだとか☆また、キッシュやサラダなどの単品メニューはもちろん、デザートやドリンクも種類豊富に用意されていて、ランチタイムには多くの人でにぎわいます。

筆者も利用したかったのですが、この日はまだ時間が早くランチが始まっていなかったので泣く泣く断念…。知人の話によると「子ども用ランチなどはないけど、どれも新鮮な野菜が豊富に使ってあるから子どもも安心して食べられる」とのことでした。店頭に置かれていたランチの見本が、旬の野菜が盛りだくさんでとてもおいしそうだったので、次回行ってみます!

「とれたて元気市」は新鮮&リーズナブルが魅力

新鮮な野菜とリーズナブルな価格で人気の「とれたて元気市」は、スーパーよりワクワク感のある買い物ができる場所です。少し食費を抑えたいけど、品質は落としたくないという人にもピッタリ☆スーパーではあまりお目にかからない珍しい野菜も手に入るので、いろんな料理に挑戦することもできます。週末の買い出しや毎日の献立に迷ったら「とれたて元気市」を覗いてみてください。何かいい発見があるかもしれませんよ♪

住  所

広島市安佐南区大町東2丁目14-12

電話番号

082-831-1831

営業時間

とれたて元気市 9:00~18:00

元気市食堂 11:00~17:00

 内ランチ 11:00~15:00(14:30ラストオーダー)

定 休 日

盆・正月

駐 車 場

150台(無料)

担当ライター