マタニティウェアはどの程度揃えるべき?妊娠中買って正解だったもの・使わなかったものを紹介

子どもができると何かとお金がかかるため、妊娠・出産ではなるべくお金をかけたくないと思っている人もいるのではないでしょうか。実は私もそのひとりで、特に「マタニティウェアにはなるべくお金をかけたくない」と妊娠した当初は思っていました。実際にマタニティウェアはどの程度揃えるべきか、どのようなアイテムが便利かなど、子どもふたりの妊娠・出産を通して感じたことをご紹介します。

私がヘビロテしたマタニティアイテム

まずは、マタニティウェアの選び方の参考までに、「これはしょっちゅう着た!」というアイテムをいくつかピックアップしてみます。

◎重ね着できるワンピース

もっともよく使ったのは、やはりワンピース。お腹が出てくる妊娠中期以降、楽に着られてお腹をすっぽりと覆えるワンピースは重宝しました。

なかでも便利だったのが、夏場は下に半袖を、冬場は長袖を着込むことで、1年中着まわせるタイプのもの。私の場合、長男は寒い時期、長女は暑い時期が臨月だったので、シーズンレスで着られるワンピースは、まさに「買ってよかった」と思えるアイテムでした。

◎マタニティスカート

ウエスト部分がゆったりとしたマタニティスカートは、妊娠中でもかわいい格好がしたいという女性の強い味方です。妊娠中、「ちょっとオシャレしたい」というときなどに便利でした。

また、見た目がかわいいだけでなく、ジーンズなどよりゆったりと履けるのも、マタニティスカートのよいところだと思います。

◎マタニティタイツ

お腹や脚の冷えは、妊婦の大敵。そこで冬の妊娠時によく使ったのが、マタニティ用のタイツです。普通のタイツと違ってウエスト部分に伸縮性があり、お腹を冷やさずオシャレも楽しめるアイテムとして重宝しました。

タイツの生地も薄手のものから裏起毛の暖かいものまでいろいろ出ており、それぞれのタイプを数枚ずつ購入。秋から冬、春先にかけて毎日のように履いていました。私はコーディネートしやすいブラックのタイツを主に持っていましたが、落ち着いたパープルなど、黒以外のカラーもいろいろと出ています。

買ったけどあまり使わなかったアイテム

次に、妊娠中に買ってはみたものの、実際はあまり使わなかった、使いづらかったというマタニティアイテムなどをご紹介します。

◎アジャスターバンド

ジーンズなどのウエスト部分に装着することで、手持ちのパンツをマタニティ用として履くことができるアジャスターバンド。当初、「妊娠中だけのためにマタニティ専用のジーンズとかを買うのはもったいない!」と思っていた私は、アジャスターバンドで妊娠中を乗り切ろうと考えました。

しかしいざ使ってみてわかったのが、まず、アジャスターバンドはウエストの上の部分を止めるだけなので、下のファスナー部分は全開のまま履かなければならないということ。トップスの裾で隠しても、ちょっとしたときにファスナー全開がチラ見えしてしまうこともしばしばでした。

また、妊娠中に出てくるのはお腹だけではありません。出産に向けてお尻周りなどにも脂肪がつくのです。そのため、たとえアジャスターバンドでウエストをゆったりさせても、マタニティ用ではないジーンズだと、お尻のあたりがつっかえていずれ履けなくなってしまうことも。私の場合は、妊娠後期に入ってから結局マタニティ専用のジーンズを購入しました。マタニティジーンズは意外と使い勝手がよく、「これなら最初から買っとけばよかったよ!」と後悔したのを覚えています。

◎マタニティ用ではないシャツワンピース

マタニティ専用ではないのですが、前の部分をボタンでとめるタイプのシャツワンピースを、マタニティウェアの代用に購入。しかし実際は、妊娠後期に入るとお腹や胸が思った以上に大きくなり、結局着られませんでした。

ボタンタイプだから産後の授乳に便利かも、とも思っていたのですが、産後は妊娠中以上に胸が張り、バスト部分のボタンがすぐにはずれてしまう状態に。結局、産前・産後ともに活躍の場はほとんどありませんでした。

マタニティウェアはあなどれない!?

子どもふたりの妊娠・出産を通して気づいたのが、マタニティウェアは意外とあなどれないということ。特にジーンズなどは、最初からマタニティ専用のものを1本持っておくと便利だと実感しました。

また、マタニティウェアの中には、授乳口つきなど、妊娠中のみでなく産後もしばらくは着られる使用になっているものが少なくありません。「着るのは妊娠しているほんの数ヶ月の間だけだから」と考えず、産後にも使う場合があることを念頭に置いておいたほうがいいかも。

私が妊娠中に住んでいた地域には、マタニティウェアが充実したお店は少なかったのですが、広島にはかわいいマタニティウェアが揃っているお店も多数あります。産後に広島に引っ越してきてから、「こんなかわいいマタニティウェアがあるなら、妊娠中に買いたかった!」と思うような出会いも度々ありました。
また、買い物に行けなくても、ネットショップなどで探すことも可能です。妊娠したとわかったら、まずはマタニティ専門のお店やネットショップを覗いてみては?

快適マタニティウェアで楽しい妊娠生活を

マタニティウェアには、かわいいデザインのものや使い勝手のよいものがいろいろあります。無駄に買い込む必要はありませんが、自分にとって着心地のよいアイテムを上手に選んで、短い妊娠生活を楽しみましょう。

担当ライター