ママ友と広島のパン屋めぐり♪子どもも大人も大満足!

このサイトを広める

みなさんは、ママ友と子どもたちと一緒に遊ぶときに何をしていますか?お互いの家やショッピングセンターなど、ついつい行き先がマンネリ化することもあると思います。今回は、私がママ友とハマった広島のパン屋めぐりについてご紹介!ママだけではなく、子どもも楽しめるポイントがたくさんあるんです♪

行く場所に毎回困る!ママ友との遊び先

1人目が2歳、2人目が生後6ヶ月~のころ、同じ月齢の2人の子を持つママ友とよく遊んでいました。家も近所でお互い専業主婦、子どもたちの年齢も近いということから週2ペースで遊んでいたのです。そんな頻繁なペースで遊んでいたので、すぐに遊び先がマンネリ化しました(笑)お互いの家は何十回と行っているし、ショッピングセンターも行きすぎてやることがない(そもそも下の子を抱っこ紐で抱っこしながら走り回る2歳児を追いかけることに2人とも疲れていました…笑)。話題の場所や子ども連れのイベントごとには一緒に参加していましたが、毎週行われているわけではないので、どこで遊ぶか2人ともネタ切れ状態。そもそも2歳と0歳の子ども連れで行く場所も限られています。なら、遊ばなければいいのに…となるかもしれませんが、1人で家にこもり2人の子どもを見るより気の合う友だち家族と遊んだ方が楽だったのです。

ある日TVで気になるパン屋を発見!

ある日、ふとTVを見ているとローカル番組で、広島にあるパン屋さん特集をしていました。広島郊外のパン屋さん特集だったので、初めて知る店ばかりです。「え~おいしそう…」と思わず、声にでるほど(笑)パン好きの私はかなり惹かれました。すると、たまたま同じTVを見ていたママ友から「今ね、TVでパン屋特集してるんだけど、今度一緒に行かない?」というお誘いLINEが届きました。「私も今見てた!行きたいと思ってた!」とすぐに返事をし、次に遊ぶ日は子ども連れでパン屋めぐりをしよう♪となったのです。2人がリストアップしたのは、広島の郊外。市内から少し距離があるため、プチ遠出となります。子ども連れのプチ遠出ははじめてだったので、下の子がドライブ中に泣き出したりしないかな?という心配もありましたが、楽しみでもありました。

いざ親子6人でパン屋へGO!

いざ約束をしていた当日。ママ友の車はミニバンで8人乗りだったので、我が家のチャイルドシートを2台乗せてもらい、6人で出発です!遠足気分で、上の子たちもテンションがあがっています。もちろん私もウキウキ♪さらに、心配していた下の子は車が発車した瞬間に眠りだしました。目的地までぐっすりと寝てくれたので、途中で泣き出す不安要素もなくなったのです。
下道で1時間ちょっとの場所ですが、はじめの目的地に到着!早速お目当てのパンを購入しました。その後、2店舗目に移動し、そこでもパンをいくつか購入。そして、コンビニで飲み物を買い、近くにあった大きめの公園へ足を運んだのです。その公園にはベンチがあったので、みんなでパンを食べてピクニック風ランチをしました。下の子たちはベビーカーで気持ちよさそうに日向ぼっこ♪いつもとは違う環境でランチをして上の子たちは、かなりうれしそうです。そして、食べ終わるとそのまま公園で体を動かして遊びます。子どもたちが満足したあと、帰宅することにしました。

結果、親も子も大満足!

しっかり公園で遊んだので、子どもたちは帰りの車で爆睡!私たちは運転席と助手席でおしゃべりを楽しみながら帰宅しました。普段、子どもたちに気をとられゆっくりと落ち着いて会話を楽しむことがなかなかなかったので、新鮮だったことを覚えています。
親はおいしいパンを堪能することができ、子どもは遠足気分で楽しむことができる、さらに下の赤ちゃん組は上の子たちに邪魔されることなく、爆睡もできてみんなが満足!帰宅後、お風呂に入っているときもご飯を食べているときも寝る前も上の子はずっと「今日楽しかったね」とうれしそうに話していました。そんな子どもの姿を見れたことが私は何よりうれしかったです。
その後も私たちは、目的のパン屋をリストアップし、近くの公園もリサーチしてパン屋めぐりを楽しんでいます。パンなので、子どもたちも食べやすいところもおすすめポイントのひとつ。ママ友との遊び先がマンネリ化している広島のママたちにぜひ、子ども連れでのパン屋めぐりを試してみてくださいね!

パン好きの人はママ友とパン屋めぐりをしてみては?

今回は私がママ友と郊外のパン屋に足を運び、ドライブを楽しんだ経験談をお話ししましたが、中には「長距離でのドライブはちょっと…」という人もいるかもしれません。今、広島では郊外だけではなく市内にもたくさんのパン屋がオープンしています。子ども連れで行きやすい場所も多くあるため、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

おすすめのパン屋さんの記事はこちら⇩

担当ライター