産婦人科はこう選ぶ!実際に体験して感じたポイントはここ!

このサイトを広める

はじめての出産となると、産婦人科を選びで注目すべきポイントがわからない人もいるでしょう。私の場合も、「広島にある産婦人科の良し悪しって?!」と不安になったものです。今回は自身の出産経験から見つけた“産婦人科選びのポイント”をご紹介します♪

産婦人科選びで考えたこと

私が産婦人科を選ぶときに重視したのは、自宅から通いやすい位置にあるかどうかです。ただでさえつわりや体調の変化に日々振り回されるはじめての妊娠。「健診はここ、出産はここ、と利用する産婦人科を変えるのは大変そう」という不安から、妊娠中から出産まで同じ産婦人科を利用したいという気持ちがありました。
当時住んでいた広島の安佐南区エリアには、自宅から通える位置に2つの産婦人科がありました。どちらも口コミ評価のいい人気の産婦人科でしたが、私が最終的に選んだのは比較的設備が新しいほうの産婦人科です。これまで特に大きな病気にかかることなく育った私にとって、産後がはじめての入院生活。「せっかくならきれいな産婦人科で産後をゆっくり過ごしたい」と思ったのを覚えています。
もちろん産婦人科としての方針や出産の流れ、設備や入院後のこともしっかりチェック!トータルで考えて、より自分の希望に合う産婦人科に決めました。

妊婦健診で感じた入院前のイメージ

院内の雰囲気やスタッフの対応など、実際に利用してみないとわからない部分もあります。私は妊婦健診のたびに、院内の雰囲気やスタッフの対応などをチェックしていました。もし「思っていた感じと違うな」と不安になる部分があれば、分娩予約を取るタイミングで転院するのもアリです。
入院前に感じた産婦人科の雰囲気で印象的だったのは、スタッフの対応です。担当の先生や看護師、受付のスタッフをはじめ、どの人も質問にしっかりと答えてくれる丁寧な人ばかり。はじめての出産で知っておきたいことが多い中、自分の質問に対してきちんと答えてくれるのはとってもありがたいこと。「ここでなら安心して出産できそう」と思わせてくれるスタッフが多い産婦人科でした。

入院中に感じた産婦人科の魅力【メンタル面】

無事出産を終え、入院生活がスタート!メンタル面で魅力に感じたのは、何といってもスタッフ陣のあたたかさです。入院前からいいイメージを持っていましたが、いざ入院してみると「自分に合うと思えるポイントが違う」と感じました。
はじめての出産でわからないことだらけの入院生活。授乳ルームでは助産師さんが赤ちゃんの母乳の飲み具合を見てアドバイスをしてくれるのですが、まるで母親のようなサバサバとした指導方針。自分自身がおろおろしているときは、このさっぱりとした接し方がとても合っていると感じました。入院前のイメージでは、“説明が丁寧できっちりとした感じ”だと思っていましたが、入院してみて感じたのは“家で母親にフォローしてもらう感じ”のアットホームなあたたかさ。丁寧できっちりとした対応というのは、メンタルの状態によってはよそよそしさを感じてしまいます。産後の不安定な状態では、母親のような頼もしさや安心感が必要だった私。他にも、母乳が溜まって胸が痛かったとき、わが子が泣き止まず苦戦していたときなど、看護師さんがじっくり相談に乗ってくれました。
妊婦健診の段階でここまでスタッフの雰囲気を見極めるのはなかなか難しいかもしれませんが、実際に入院経験のある先輩ママの話を聞いたり、口コミをチェックしたりして、入院生活をサポートしてくれるスタッフの雰囲気を知っておくことが大切だと感じました。

入院中に感じた産婦人科の魅力【設備面】

設備面での魅力ポイントは、ラウンジがあること、母体ケアのサービスがあること、食事がおいしかったこと、などです。
ラウンジはだいたいの産婦人科にはあると思いますが、私が利用したところはとにかく広い。ソファーもふかふかでホテルのような空間になっていました。産後は両家の両親だけでなく、兄妹や叔父叔母、祖父母などなどとにかく大人数でのお見舞い。相部屋の空間におさまりきる状態ではなく、広々としたラウンジがなかったらどうなっていたことやら…入院前にお見舞いに来る人数を考えて、集える場所があるか確認しておくことが大切です。
私が利用した産婦人科には、産後の洗髪とフェイシャルエステのサービスがありました。出産を頑張ったママのケアとごほうびのサービスなんだとか。出産中はかなり汗をかいたのですが、産後すぐにシャワーを浴びられるわけではないので、けっこうつらいんです(笑)美容院顔負けの空間で丁寧に髪を洗ってもらうと、まるで生き返ったような気分になりました!フェイシャルエステは出張エステティシャンが産婦人科に来てくれるので、エステルームでじっくり堪能できました。このような産後のサービスがある産婦人科なら、産後の癒しになって充実した時間を過ごせますよ。
食事面では、和洋のバランスの取れた毎日の食事に加え、祝い膳のサービスがありました。ここは入院前に利用者の口コミで知っていたのですが、とってもおいしくて大満足です。1週間足らずの入院生活でも、食事が合う合わないでは大きな差。事前にどんなメニューがあるのかチェックしておくと安心ですね♪

産婦人科選びが入院生活の快適さを決める!

事前にポイントを意識したうえで産婦人科を選ぶと、「もっとこうすればよかった…」という後悔を減らせます!結果的に大きな失敗はなくても、せっかくなら快適に過ごしたいもの。ママと生まれてくる赤ちゃんのために、自分に合う産婦人科をじっくり選んでくださいね♪

 

関連記事はこちら⇩

 

担当ライター