妊娠中のディズニー旅行!身体に無理のないように楽しもう

年1回、ハロウィーンシーズンのディズニー旅行を恒例にしていた私たち夫婦。妊娠が判明しどうするか迷いましたが、幸いつわりもほとんどなかったため行くことに!妊娠中のディズニーリゾートの歩き方や気をつけたことなど、私なりの楽しみ方を紹介したいと思います。

毎年楽しみにしていたけど、今年はどうしよう…

結婚前から、過ごしやすいハロウィーンシーズンに2泊3日のディズニー旅行に行くことが恒例になっていた私たち夫婦。前の年は新婚旅行と重なってディズニーはおあずけになっていたので、実際に訪れるのは2年ぶりです。久しぶりということもあり、例年以上に楽しみにしていました。

夫の仕事も繁忙期を終え、そろそろ旅行の計画をたてようかと話していた10月のある日、なんと私の妊娠が判明!はじめてのことだったので、夫婦の話題は妊娠・出産・育児に関することで持ちきりに。これからつわりが始まったり、お腹の赤ちゃんに負担がかかったりするかもしれないので、ディズニー旅行もやめておこうかという話になっていました。

つわりもないし、妊娠経過も良好。行ってみよう!

幸いつわりのピークと言われる妊娠8~11週を過ぎても、体調はいたって良好でした。赤ちゃんも順調に育っており、お腹もまだまだ重くはない。毎日立ち仕事のパートをしているので体力にも自信がある。だんだんと、今ならディズニー旅行も楽しめるんじゃないかと考えるようになった私。子どもが産まれたらしばらくは行けないだろうとも思い、夫に相談してみました。

広島からディズニーリゾートまではそれなりに距離もあり、パーク内も歩くのがほとんどになります。夫もはじめは心配そうでしたが、絶対に無理をしないということを条件に旅行を計画してくれることに。こうして、妊娠中の思い出作りもかねて、改めてディズニー旅行に行くこととなったのです。

その頃にはハロウィーンシーズンも終わり、ディズニーリゾートのパンフレットもすっかりクリスマスムードになっていました。

12月のディズニーリゾート、防寒対策はしっかりと

結局ディズニーリゾートを訪れたのは、寒さも本格的になりだした12月の初旬。天気には恵まれましたが、やはり関東地方は広島より寒い!いつもの防寒+αで準備してもいいと思います。私もとにかく体が冷えないようにしようと、マフラーや手袋、ニット帽に加え、お腹には腹巻も用意。充分対策して行ったつもりでしたが、夕方以降は寒さが気になりました。屋内と屋外で調節できるよう、もう一枚薄手のカーディガンなどがあってもよかったかもしれません。

使い捨てカイロも持っていきましたが、今回一番働いてくれたのは靴下用のカイロです。屋外にいるとどうしても足先の冷えてくるのですが、このカイロのおかげでパレードやショーも冷えを気にせずゆっくりと鑑賞できました。ひとつで半日はもつので、午前中にセットすれば夕方以降も足元はポカポカ♪冷え症の妊婦さんにはおすすめです。

防寒対策グッズで荷物が増えてしまうことは否めませんが、体調第一!準備はしっかりとしておくに越したことはありませんよ。また、楽しいあまり寒さを我慢してパークに留まるのはおすすめしません。室内に入ったり、休む場所がないときは早めに切り上げてホテルに戻ったりなど、随時対応してくださいね。

マタニティフォト?!キャラクターに妊娠を祝福してもらう

ディズニーリゾートといえば、キャラクターと写真をとれるグリーティングも魅力ですよね。乗車制限が多くアトラクションになかなか乗れない妊婦さんでも楽しめる嬉しいサービスですが、待ち時間が長いと少し心配。なるべく少ない待ち時間で会えるタイミングを狙いたいですよね。

そこで狙い目はショーやパレードがおこなわれている時間帯!若干でも待ち時間が短くなるので、キャラクターとの触れ合いを優先させたい方にはおすすめです(もちろんショーやパレードも捨てがたいのですが…)。

しかも、グリーティングサービスでキャラクターに妊娠していることを伝えると、驚いてくれたりお腹をなでてくれたりと、かわいらしく祝福してくれるんです!写真を撮るときのポーズも、お腹をアピールするようにキャラクターが提案してくれました。ハイテンションにつられて、こちらも自然な笑顔に。ハッピーな雰囲気あふれるマタニティフォトが撮れますよ♪

食事は多少高くても予約できるパーク内レストランを利用

パーク内の食べ歩きグルメもディズニーリゾートの楽しみのひとつですが、ランチやディナーはやっぱり座ってゆっくりと食べたい!特に妊婦さんならなおさらです。とはいえ、人気のレストラン施設は混み合うことも多く、お腹がすいたと思ってもすぐには席が空かないことも考えられます。そこで、ゆっくりと食事を楽しみたかった私たちは、パーク内レストランを事前にネット予約できるサービスを利用しました。

ディズニーリゾートのショーやパレードをいい席で鑑賞するには、場所取りをするケースもありますよね。予約可能なレストランの中には、なんとキャラクターやキャストによるショーを観覧できるところもあるんです!どの席からもステージがよく見え、キャラクターがテーブル近くまで来てくれることも。食事中もディズニー気分を満喫できちゃいますよ。お店の混み具合も気にせずに、予約の時間までパーク内を楽しめるので、確実に座りたい私にとってはとても嬉しいサービスでした。また、レストランの場所によっては店内からパレードを眺めることもできるようです。外の気候を気にせずにパレードを楽しめるのも、妊婦さんにとっては魅力的ですね。

予約制のレストランは普通のお店より多少値段は高くなるかもしれません。しかし、待ち時間が長かったりお店がいっぱいだったりというリスクは避けられるので、できるだけ体に負担をかけたくない妊娠中の方にはおすすめですよ。

お腹の赤ちゃんもママも無理なく夢の国を満喫しよう!

ディズニーリゾートで過ごす夢のひとときは特別!思いっきり楽しみたいですが、妊娠中の無理は禁物です。お腹の赤ちゃんにも自分自身にも負担がかからないように、ディズニー旅行を満喫してくださいね。

担当ライター