秋の星空を見に行こう☆広島から車で行ける天体観測スポット4選

この記事をシェアする

高く澄んだ空が広がり、少しずつ夜の時間も長くなる秋は天体観測にもおすすめのシーズンです。山間エリアも多い広島は、星空を楽しめるスポットがたくさんあります。そこで今回は、秋に楽しめる星座と広島から車で行ける天体観測スポットをご紹介していきます。

秋ならではの星座は20時~21時頃の観測で出会える

出典:photoAC

9月~11月の20時から約1時間かけて東の空から上ってくる星たちを「秋の星座」と呼びます。代表的な星座は「ぺガスス座」と「アンドロメダ座」です。観測するときは「秋の大四辺形」を探してみましょう。広い夜空の中でお目当ての星を探すとき、基準となるのは「カシオペア座」です。北極星付近にありアルファベットのWの形をしているため、星座にあまり詳しくない人でもすぐに見つけられます。カシオペア座を見つけたら、東側に目を向けると秋の大四辺形を見つけられるでしょう。ほかの季節と比べて、この時間帯に明るい星が少ないシーズンですが、深夜0時を過ぎるとすばるやオリオン座などの冬の星座も楽しめます。

広島から車で行けるおすすめ天体観測スポット4選☆

本格的な望遠鏡で天体観測「呉市かまがり天体観測館」

出典:呉市かまがり天体観測館公式

上蒲刈島の東側エリアに位置する県民の浜には、本格的な天体観測が行える「呉市かまがり天体観測館」があります。暗い星も見ることができる反射式の望遠鏡もあり、秋の星空観測にもぴったりです。晴れて月の出ない夜には、施設にあるスター広場からは満天の星空を眺めることもできるのだそう。毎週土曜日には定例観望会も開催されているそうなので、ぜひチェックしてみてくださいね☆

住所

広島県呉市鎌苅町大浦8160

電話番号

0823-66-1166

ホームページ

http://kamaten.net/

ナイトハイクで星空観測「休暇村吾妻山ロッジ」

出典:休暇村吾妻山ロッジ公式

島根県との県境にある吾妻山の麓に位置しているのが「休暇村吾妻山ロッジ」です。山間にあり、余計な明かりが届かない場所のため天体観測にもおすすめ。ロッジには宿泊することも可能で、宿泊すると「ナイトハイク」にも参加できますよ。ナイトハイクでは、周囲を良く知るスタッフとともに星空を見ることができるのだとか☆満天の星空を見上げて、ヨガマットに寝そべる日もあり、雄大な自然を思いっきり感じられそうですね。

住所

広島県庄原市比和町森脇423-1

電話番号

0824-85-2331

ホームページ

https://www.qkamura.or.jp/sp/azuma/

流星群の観測にもおすすめ「道の駅 豊平どんぐり村」

出典:豊平どんぐり村公式

滞在しながらさまざまなアクティビティを楽しめる「道の駅豊平どんぐり村」。星のきれいな場所としても知られており、夏に訪れると流星群の観測も楽しめるのだそうですよ。日帰りでの天体観測はもちろん、宿泊施設「どんぐり荘」を利用すれば深夜の観測も可能。施設内では天然ラドン温泉や手打ちそば体験なども行えるそうなので、合わせて利用してみても良さそうですね♪

住所

広島県山県郡北広島町都志見12609

電話番号

0826-84-1313

ホームページ

https://donguri.gr.jp/news/

ウェルカムベビーのお宿に認定「神石高原ホテル」

出典:神石高原ホテル公式

広島県東部にある標高600mの高原に位置している「神石高原ホテル」。宿泊者を対象とした夜のアクティビティ「スターウォッチング」では、望遠鏡を使って神石高原に浮かぶ星空の観測を楽しむこともできます。広島県初となるウェルカムベビーのお宿に認定されており、赤ちゃんのいるご家族も安心して訪れることができる天体観測スポットです。

住所

広島県神石高原町時安5090

電話番号

0847-85-3000

ホームページ

http://www.jinsekikogen.jp/

秋の夜長に星空を見上げよう☆

空気の澄んだ秋には、夏よりもきれいに星の観測ができます。宿泊型の施設を利用すれば、時間を気にせずゆっくりと星空を眺めることも楽しめそうですね。季節が深まると夜は寒さが増してくるため、防寒対策をしておくと安心です。秋ならではの星座を探して、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら▼

 

担当ライター

この記事をシェアする