安佐動物公園で夏を満喫しよう!水遊びやナイトサファリなどのイベントも♪

広島を代表する動物園といえば、「安佐動物公園」!167種類以上の動物に会うことができ、子どもはもちろん大人にも親しまれているスポットです。今回は、そんな安佐動物公園で楽しめる夏のイベントをご紹介します。

安佐動物公園とは?

安佐動物公園は、広島市安佐北区に位置する動物園です。開園されたのは、1971年9月1日。当初の動物展示面積は、敷地49.6のうち14haでしたが(それでもマツダスタジアム約3個分の大きさ!)、2018年現在では25.6haにまで拡張されています。なんとマツダスタジアム約5個分にも上る、広大な敷地なんですよ♡家族連れにはもちろん、友人同士のお出かけや、保育園・幼稚園・小学校の遠足場所としても親しまれています。

安佐動物公園の「ぽちゃぽちゃ池」って?

出典元:安佐動物公園
安佐動物公園の夏ならではの楽しみ方のひとつが「ぽちゃぽちゃ池」。ピーチクパークの隣にある、浅い川のことです。

こういった遊具の下にある、「じゃぶじゃぶ池」。
夏前にはスタッフさんたちが小さな砂利などを全て取り除いてくれているため、小さな子どもでも安心して遊べますね♪深い場所でも大人のふくらはぎよりも下の位置でした。
ここでは約束ごとの掲示はありませんでしたが、公式ブログにて裸のまま入るのは禁止、オムツも禁止とされていました。水着か下着を必ず着用するようにしましょう。

この写真は娘が2歳半のときのものです。もともと水遊びをする予定ではなかったので、水着は持ち合わせていませんでした…。ですが、周りは服のまま遊んでいる子もたくさんいたので、娘ももちろん遊びたがり、服とパンツのみで遊びました!足をちゃぷちゃぷする程度のため、服もそこまで濡れません!(近くにいた男の子は全身びしょ濡れになっていましたが…笑)

ちなみに、こちらの「じゃぶじゃぶ池」に、更衣室やシャワーはありません。トイレで着替える子や、影で着替える子、ラップタオルで着替える子もいました。細長い川で水をかけあう子や顔をつけている子など、遊び方はさまざま♪
我が子はなぜかひたすら歩いていました(笑)この深さなら転んでも溺れることはなく、安心です。暑い時期に水遊びを楽しみ、少し涼んでみてはいかがでしょうか♪

夏のイベント『ナイトサファリ』


夏の安佐動物公園といえば、忘れてはいけないのが「ナイトサファリ」です。その名のとおり夜の動物園!普段見られない夜行性の動物を見ることができたり、動物たちがライトアップされていたりして、いつもの動物園とは違う雰囲気を楽しめます♪

夏の昼間は暑くて人間だけではなく、動物もバテてしまうもの。しかし、夕方以降の涼しい時間帯になると元気を取り戻し、活発な様子を見ることができますよ!私も実際にナイトサファリに訪れた経験があるのですが、特に印象的だったのが「トラ」です。昼間に訪れると横になっている姿を見ることが多かったのですが、夜のトラはかなり覚醒していました!ギャラリーに向かってキバを向き、大きな声で威嚇しているトラの姿は、ナイトサファリだからこそ見られるのではないかなと感じたのを覚えています。


公式サイトを見てみると2018年の情報はまだ公開されていません。2017年の情報を参考にしてみると、8月12日~9月3日の土日に開催されていました。通常の開園時間が9:00~16:30に対して、ナイトサファリの開園時間は9:00~21:00までです。
安佐動物公園は、約1200台を収容できる駐車場が備わっていますが、ナイトサファリのときは駐車場がいっぱいになるほど、混み合います。私が訪れたときの話ですが、行きはまだしも帰りは駐車場内ですでに渋滞していました。お子さんがぐずらないように、おもちゃや飲み物、ちょっとした軽食など用意しておくといいかもしれません。ナイトサファリが開園している間は、アストラムライン上安駅から安佐動物公園までの臨時バスが運行されているため、公共交通機関でもアクセスしやすいでしょう。


動物はもちろんですが、園内にはイルミネーションによる、フォトジェニックなスポットの数々も♪訪れた記念にぜひ写真を撮ってみてくださいね!


サマースクール

出典元:安佐動物公園
安佐動物公園では、毎年夏休みに小学4~6年生を対象とした「サマースクール」が開催されています。実際に動物の飼育を体験できるイベントで、毎年応募多数の人気イベント♡各35名程度を定員とし(応募多数の場合は抽選)、動物舎の掃除、エサの用意、動物観察などさまざまな体験をさせてもらえます。
過去に行われたサマースクールでは、2~3人で1組となり担当場所に分かれて飼育の体験したようです。鳥にエサをあげたり、小屋の掃除をしたり。参加した子どもたちの声を聞くと
「普段触れない動物を触れてうれしかった!」
「どんなエサを食べるのか知れた!」
など、参加してさまざまな学びを得た様子♪最後に、参加者全員で体験したことを発表する場も用意されています!学校とは違う場所で自分の意見を主張できる場は普段あまりないため、貴重な体験になるのではないでしょうか。
また、夏休みの宿題の自由研究にもよさそうですね♪小学生ママのみなさん!今年の夏休みは、サマースクールに参加し、多くのことを学ぶ機会を用意してみてはいかがでしょうか。2018年のサマースクール情報は以下の通りです。

【2018年のサマースクール情報】

日時

7月25日(水)・27日(金)

9:30~15:00

対象

小学校4.5.6年生

内容

動物の飼育体験

受付期間

7月1日~13日(必着)

申込方法

・住所

・名前(ふりがな)

・性別

・学校名

・学年

・電話番号

・参加希望日

・飼育しているペットの有無(飼っている場合は種類も)

を往復はがきに記入し申し込みます。はがき1枚に1人分、応募は1人1回まで。

※詳しくは公式サイトをご参照ください。

こんな見どころも!インスタ映えフード♪

しっかりと遊んだあとはお腹がすいてしまいますよね。実は安佐動物公園には、インスタ映え抜群のフォトジェニックな食べ物があることをご存知でしょうか?♡思わずカメラにおさめたいかわいらしいものばかり!子どもも喜ぶこと間違いなしですね☆

チーターアイスドーナツ

安佐動物公園にいる人気者でもあるチーター!実はスイーツでも大人気なのです♡その名も「チーターアイスドーナツ」。ドーナツをベースとし、チョコでコーティングされています。耳部分はビスケット入りで、1個の中でさまざまな食感を楽しめると噂!売店で冷凍してあるため、ひんやりとアイスのようにいただけます。持ち手があって食べやすくインスタ映えするのも人気を集めているポイントです。
売っている場所は「食堂バクバク」の入ってすぐの売店。

・レモンアーサー
・バニラチーコ
・いちごサクラ
・海人の藻塩キャラメルジョージ

の4種類があるため、お気に入りのものを見つけてみてくださいね♪お値段は、1個320円(税込)です。

ライオンカレー

こちらも同じく「食堂バクバク」のメニュー、「ライオンカレー」(税込550円)です。耳部分はポテト、手の部分はからあげで、カレーのルーをタテガミに見立てています。
子ども用のお子様ランチというわけではありませんが、味は甘口のようです。

ハヤシの中のキリン~季節の野菜を添えて

かわいらしいキリンがデコレーションされているハヤシライスは、「食堂バクバク」で注文できます。こちらのメニューは、2015年6月21日の世界キリンの日に広島文教女子大学と共同して開発されました。
きりんの部分は、ターメリックライス。角はしめじ、目や体の模様は海苔を使用しています。思わず写真におさめたくなる、かわいらしいメニューです☆(価格:税込550円)

今年の夏休みは安佐動物園に行こう!

季節によって、さまざまなイベントを用意してくれている安佐動物公園。今回ご紹介したイベントの他にも、クイズラリーや乗馬体験、ライオンのエサやり、動物解説など定期的なイベントも用意されています。今年の夏休みは、安佐動物公園でたくさんの思い出を作ってみてはいかがでしょうか♡

住所

広島市安佐北区安佐町大字動物園

電話番号

082-838-1111

公式サイト

http://www.asazoo.jp/

営業時間

9:00~16:30(入園は16時まで)※ナイトサファリ期間は異なる

休園日

毎週木曜日(祝日の場合は開園)12月29日~12月31日

入場料

大人(18歳以上65歳未満)…510円

大人(65歳以上)…170円

小人(高校生及び高校生相当年齢)…170円 

小・中学生・乳幼児…無料

駐車料金

軽・普通・準中型自動車(小)…450円 

出典元:安佐動物公園公式HP

担当ライター