やっちまったな!子連れ旅行での失敗談とそこから学んだこと4つ

このサイトを広める

大型連休や年末年始など、子連れで旅行をする機会も少なくありませんよね。中には、広島県外へ足を伸ばす人もいるでしょう。我が家の場合も、帰省も含め子連れで旅行に行く機会が多く、ときには思わぬ失敗をしてしまったこともありました。そんな子連れ旅行の失敗談と、そこから学んだことをここでご紹介したいと思います。

まさかオムツから漏れるなんて…おねしょシーツ持参のすすめ

子連れ旅行での最初の失敗は、上の子がまだ1歳で、オムツをしていたときのことでした。子どもが寝ていて動き回ることもあり、お宿は和室を選択。寝る前にオムツも変えて、完璧!と思って安心して就寝しました。

ところが翌朝起きてみると、なぜか敷布団のシーツにシミが…。原因は長男でした。前日に飲み物を飲みすぎたせいか、寝ていてオムツがずれてしまったせいか定かではありませんが、とにかくオムツからおしっこが漏れていたのです。

そのせいで敷布団の赤い染料が白いシーツに着いてしまい、シーツに赤いシミができていました。慌ててシミの部分を洗ったものの、完全には落ちず…。ホテルの方にとても申し訳なくなりました。

この一件で、たとえオムツを使っていたとしても、おねしょシーツは必須だと実感。荷物が多少増えてしまいますが、出先で布団を汚さないためにも、1枚は持っておくといいと思います。

1人目は大丈夫だったから!うっかり忘れてた飛行機の気圧差対策

続いては、つい先日、子連れで飛行機に乗ったときの失敗談です。

赤ちゃんを連れて飛行機に乗るときなどは、「気圧差で耳が痛くなることがあるので、耳抜きが必要」とよく聞きますよね。我が家の場合も、数年前に上の子3歳、下の子0歳で飛行機に乗ったときは、念のため飲み物を用意するなどして対策を取ったのを覚えています。ちなみにそのときは、下の子は離陸前のタイミングで寝てくれて、上の子も特に離陸で泣きわめいたりすることはありませんでした。

今回は久々の飛行機旅で、上の子は7歳、下の子は4歳に成長。3歳だった上の子が前回大丈夫だったのだから、4歳になる下の子もきっと大丈夫だろうと思い、特に気圧差対策などはしませんでした、というか完全に忘れていました。

ところがいざ離陸してみると、下の子が「耳が痛い~」とぐずり出したのです。私自身は飛行機の気圧差で耳が痛くなったことがなかったので、最初は気圧差のせいであることにすら気づきませんでした。それから気圧差によるものだと気づき、飲み物を飲ませたりお菓子を与えたりといろいろ試みましたが、やはりしばらくは痛かったようです。

「1人目は平気だったから」「前回は大丈夫だったから」と考えず、飛行機に乗る場合の気圧差対策は、毎回しておいたほうがいいと実感しました。

出るときは寒かったのに…荷物になった分厚い上着

季節の変わり目の旅行では、服は何を持って行くべきかで迷うこともありますよね。私が一度「失敗したな」と思ったのが、比較的暖かい地域へ子連れで旅行に出かけたときのこと。出発時はやや寒かったので、「風邪を引かせてはいけない!」と思い、分厚い上着を着せて行きました。ところが現地に着いてみると、思った以上に暖かくて上着は荷物になるだけ…。

最初にホテルで荷物を置いてから観光をする場合なら、問題ないかもしれません。けれどそうでない場合、下手に分厚い上着を持っていると、荷物になってしまう場合もあると感じました。特に子連れでの旅行の場合は、自分の分だけでなく子どもの分の上着も持たなければならないので、一気に荷物がボリュームアップしてしまいます。

子連れで旅行に行く場合は、現地の気温や天候もしっかり確認しないと失敗すると、改めて実感しました。

渋滞でトイレに間に合わず…オムツが外れても油断は禁物

子どものオムツが外れてしまうと、荷物も減って一気に身軽になりますよね。ただし一点注意したいのが、自動車で長距離移動をする場合です。

オムツが外れたばかりや就学前の子どもは、トイレに行く頻度も大人に比べると多いもの。新幹線や飛行機などでの移動であれば、それでもトイレの心配はあまりないでしょう。けれど自動車で高速道路を走る場合は、一度パーキングエリアを通り過ぎると、次の場所までしばらく時間がかかる場合もあります。

中でももっとも悲惨なのが、渋滞にハマってしまった場合です。以前、家族で少し遠出をしたときのことでした。当時3歳だった下の子が、車の中で「トイレ~」と言い出したのです。家まであと5キロほどの場所だったのですが、運悪く、車は大渋滞にはまっていました。オムツは外れていたので、もちろん持っておらず…。結局高速を降りてからも渋滞は続き、トイレには間に合いませんでした。

たとえオムツが外れたとしても、子どもが小さいうちは油断は禁物と反省。それ以来、子連れでの旅行では、とにかくしつこいくらいこまめにトイレに行かせることと、必要以上にジュースなどを与えないことを心がけています。

子連れ旅行は事前準備が大切!

何度も失敗を繰り返す中で改めて感じたのが、子連れ旅行はやっぱり事前準備が大切だということ。親も子どもも無理せず旅を楽しむためにも、危険を回避できるような事前準備をしっかりした上で、旅行に臨むといいと思いますよ。

担当ライター