やり場のないイライラを解消!子育て中にスッキリできたストレス発散法3つ

我が子はかわいいけれど、朝から晩まで子育てをしていればストレスが溜まることだってあります。むしろ、日々がストレスとの戦いという人も少なくないかもしれません。「あれ今日、子ども以外と話してない=人としてまともな会話してない」なんて日もあるでしょう。募る一方でやり場のないイライラ…なんとかしたいですよね。私が子育て中に実践して少しは効果があったと思うストレス解消法を、子育ての段階別にご紹介します。

子どものお昼寝タイムにハンドメイド


子どもが卒乳するまでは授乳のタイミングなどもあり、長時間ひとりになるのは難しい場合も多いですよね。それでも、少しでいいから子育てとは違うことに目を向けてストレス発散がしたい…そう思った私が授乳期に打ち込んだのが、ハンドメイドです。

まず1人目が赤ちゃんのときは、わりと大掛かりな大工仕事にハマりました。子どもが昼寝をしたタイミングを見計らって、キッチンカウンターや本立て、ジュエリーボックスなどをひたすら製作。素人仕事なうえに本やインターネットで調べてする我流なので、正直完成度はあまり望めません。けれど、無心になってノコギリをひいたり釘を打ったりするのは、ストレス発散にはもってこいだったと思います。幸いうちの子は眠りが深く、隣の部屋で多少大きな音を立てても、まず起きることはありませんでした。

続いて2人目が赤ちゃんのときにハマったのが、アクセサリー作り。こちらも、上の子が幼稚園に行っていて下の子が昼寝したタイミングや、子どもたちが夜に寝入ったあとなどにそっと道具を出してきて作業をしました。どちらも家にいながら自分の世界に入り込めるので、いいストレス発散になったと思います。

子どもが小さいうちの子育ては終わりが見えないので、仕事のような「やりきった感」を得られることがなかなかないのが特徴。ゴールの見えない毎日が、余計ストレスの原因になる人もいるでしょう。何かを作る作業は、それを完成させることで小さなやりきった感も得られるので、子育て期にピッタリのストレス解消法だと思います。

夜にプチドライブ&好きな歌を熱唱


子どもが朝までぐっすり眠ってくれるようになると、夜の間に外出可能な時間が作れます。この時期に私がときどきしたのが、夜のドライブです。

ドライブと言ってもほんの短時間で、ちょっと離れたスーパーまで買い物に行ったり、近くをぐるっと回ったりするだけで構いません。窓を開けて涼しい夜風を浴びながら車を運転していると、清々しい気分になれて、いいリフレッシュになりました。

もうひとつ夜のドライブ中によくしたのが、好きな歌を流すこと。日中も子どもを乗せて車に乗ることはよくありますが、アンパンマンやらトトロやら、上の子がリクエストする歌しか流せず…。そのため夜間のドライブは、自分の好きな音楽を好きなだけ聞ける貴重な時間でもありました。さらに、窓を閉めて音楽に合わせて熱唱すれば、ひとりカラオケも同然。絶好のストレス発散になります。夜のカラオケ用に、自分が歌いやすいキーの曲や好きな歌ばかりを集めたプレイリストも作りました。子育てでモヤモヤやイライラが溜まってきたなと思ったら、夜中のカラオケ・ドライブ、おすすめです。

夫に子どもを預けてひとりで街ブラ


子どもが卒乳すると、夫や実家にも預けやすくなると思います。私の場合も、下の子が卒乳してしばらくしてから、子ども2人を夫に預け、ひとりで出かけられるようになりました。

たしか最初は、夫から「子どもは見とくから、たまにはひとりで出てきなよ」と言われたのがきっかけだったと思います。1日中子どもといっしょにいる私が、よほどイライラしているように見えたよう。そこで夫の言葉に甘えて、ひとりで広島の街をブラブラしてみることにしました。

いつも両脇にひっついてくる子どもたちがいない、重たいマザーズバッグがない。それだけで、すごく自由な気分になれます。少し前まではそれが当たり前だったはずなのに、違和感すらあるほど。ただ歩いているだけでもかなりの気分転換になりました。それ以来、ストレスが溜まってきたと感じたときやセールのタイミングなどに、ときどき子どもを預けてひとりで出かけるように。

ストレス発散で街ブラをするときのポイントは、高さのあるハイヒールやタイトなスカートなど、子連れのときはあまり使えないアイテムをファッションに取り入れること。私の場合、子どもができてからは動きやすいスニーカーが定番だったので、久々にヒールのある靴を履いて歩くのは、ちょっぴり快感でした。いつもは子どもと手をつないでいるせいもあり猫背になりがちですが、自然と背筋もピンと伸びます。

ただおかしなことに、子どもから少し離れたくて出かけているはずが、街中で同い年くらいの子どもを見かけるとつい気になってしまうんですよね。これはたぶん、私だけではないはず。「今頃なにしてるかな?」「泣いてないかな?」と気になったり、買い物をしていても、気づけば子ども服に目が行っていたり。それで結局子どもに会いたくなって、家に帰るのです。そのため、ただのストレス発散だけでなく、「また子育て頑張ろう」という気持ちにもなれる気分転換法だと思います。

ときには時間を作ってストレス発散を

子育て中、いつもニコニコしてばかりはいられません。イライラしっぱなしのことだってあります。ママだって人間だもの!ストレスを溜めすぎて自己嫌悪に陥ったり体調を崩したりする前に、ときには子育て以外の何かに注げる時間を作って、ストレス発散をすることも大切だと思いますよ。

担当ライター