豪華で最高♪2人目のお食い初めは「酔心」の仕出し料理で!

この記事をシェアする

子どもの生後100日に行われるお食い初め。どんな方法で行うか悩むパパやママも多いのではないでしょうか。私自身1人目は手作りで挑みましたが、2人目は広島でも有名な仕出し料理店「酔心」の宅配を利用することに♪当時のことを振り返りたいと思います。

1人目は全部手作り!でも2人目はそんな余裕ない!?

私は1人目のお食い初めは、初めてということもあり全て手作りをしました。しかし、もともと料理が苦手な私は予想通り時間がかかり、失敗もしてしまいほろ苦い思い出に(笑)
2人目は大人しく全て手作りは辞めようと決めていました。前回の失敗を踏まえてという点はもちろんですが、2人差での2人育児でとてもそんな余裕がないというのも理由です。

色々調べてみた結果、仕出し料理の宅配に決定!

手作りはしない!と決めたものの、お店でお食い初めをする?仕出し料理の宅配を利用する?と悩みました。お店でお食い初めをすると家の掃除をしなくてもいいというメリットがありますよね(笑)しかし、我が家は上の子もいたことから自宅でゆっくり過ごす方が気が楽だと感じ、仕出し料理の宅配を利用することに決めました。広島にはさまざまな仕出し料理店がある中、私たちが選んだ店は酔心。有名な仕出し料理店で安心感があったことや、お食い初め膳はもちろん、上の子のお子様ランチや大人の料理が豊富だったのも決め手となりました。
こちらの記事もチェックしてみてくださいね!)

注文はどうする?いつの時期に?

酔心の宅配を利用することに決めたら次は予約です。酔心の公式サイトを確認すると、注文予約は「配達希望日含む3日前までに」という注意書きがありました。注文方法は電話です。私は宅配を希望する約1週間前に電話で予約をしました。とても丁寧に注文をうけてくださった印象があります。電話での注文を済ませ、近くのケーキ屋さんでホールケーキの予約をして私の任務は終了です!(笑)家にいながら電話で注文できるため、2人育児の間でも手間なく行えたのはとても楽でした。

いざ当日!準備するものはほとんどない♪

いよいよお食い初め当日です!朝から両家の両親が集まり、約束の時間ピッタリに酔心の宅配も到着しました。ザっと簡単な説明をうけると、「食べ終わったら家の前に一式置いておいてください。後ほど夕方くらいに取りに伺います。」とのこと。終わったあとの片付けも不要なんて、なんて楽できるの!と感動したことを覚えています(笑)
届いた箱を開けると、注文をした本格的なお食い初め膳と上の子用の豪華なお子様ランチ、大人用の二段御膳が入っていました。私がすることといえば、テーブルに食事をそのまま並べ、お食い初め膳のお吸い物にお湯を足すだけです!もちろん焼かれた鯛や食器も全てついているため、わざわざ買い足す必要もありません。見た目もとっても華やかでした♡

結果、楽して豪華なお食い初めに☆

そしてみんなに席についてもらい、お食い初めのはじまりです。上の子のときは流れがイマイチ把握できずアタフタしてしまいましたが、今回はお食い初め膳と「食べさせる人」や「食べさせる順番」などの流れが丁寧に書かれたプリントが一緒に入っていたので、それを見ながら進めます。「男の子には最年長の男性が食べさせる(真似)をする」と書かれていたので、私の父にお願いしました。「誰が食べさせる?」と遠慮がはじまることもありません(笑)「これはどういう意味で食べさせるのか」なども添えられていたため、改めてお食い初めを行う大切さを実感しながら進めていくことができました。
そして、大人の二段御膳も大好評!私が注文したのは1人分2,000円ほどの二段御膳でしたが、開けてみて「こんなに豪華なの!?」とビックリしました。もちろん味もさすが仕出し料理店!大満足です!「おいしいね」と両親も喜んでくれました。上の子のときはオードブルを頼んでしまったため、大皿から取るのはみんな遠慮してしまっていた様子でしたが、今回は1人ずつ個別にあるため遠慮なく食べてもらえます。さらに、量が多く残っても残りは風呂敷に包んで持って帰ってもらえた点もよかったなと感じたポイントです。上の子も「おいしい♪」と大満足。飛行機の形をしたプレートのお子様ランチだったのですが、見た目だけで興奮していました(笑)
結果、楽して豪華な大満足のお食い初めとなったのです♡

さすが酔心!失敗なしのお食い初めに

1人目のときは手作りにこだわっていた私でしたが、実際に酔心の宅配を利用してみての感想は「豪華!」「楽!」「おいしい!」の3点です。何で1人目のときも利用しなかったんだろう…と思うほど(笑)日々忙しい家事や育児の中で、お食い初めの準備をイチからするのは大変です。お食い初めをどうしようか悩んでいる人は、ぜひ酔心のお食い初めをおすすめします!

 

担当ライター

この記事をシェアする