子どもとのランチタイムを安全快適に!飲食店に設置されているおすすめベビーチェア!

このサイトを広める

休日の子どもとのランチは楽しいけれど心配もいっぱい。ちゃんといい子で座っていてくれるか、食事が終わるまでハラハラします。そんなときに役に立つのがベビーチェア。その種類は数多く、広島県内の飲食店でもさまざまなタイプのベビーチェアを見かけます。ここでは、これまでに使用した中でおすすめのものをピックアップしてみます。そして、そのときの出来事、特に失敗談も合わせてお話したいと思います。

ホルダーチェア

床に固定されたテーブルなど、安定したテーブルに設置するのがベビーチェアです。このタイプを採用している飲食店も多く見かけますが、持参する人もよく見かけます。友人はお出かけのとき自分でホルダーチェアを持参していて、初めて見たとき「こんな便利なものがあるんだ!」と感動したのを覚えています。我が子はどのイスに座らせてもすぐに逃げ出すので、「これに座らせれば子どもが脱走しないかも!」と思い使うことも検討してみたのですが、荷物が増えるのがいやで結局買わずじまいでした。

しかし、ある休日に家族で行ったお店にはホルダーチェアが置いてあったので、試しに使ってみることに。
これで快適なランチタイムを満喫できる~!と思ったのもつかの間…なんと私たち一家が案内されたのは、イスではなく固定されたソファーの席。つまり、せっかくホルダーチェアを設置したにも関わらず、子どもの足が届いてしまうため踏ん張ってイスから抜け出そうとするのです!ベルトもちゃんとしていたはずなのに、子どもが動くたびに緩むので最終的にはベルトもはずれてしまう始末…これには参りました。

こんな失敗もありましたが、足が宙ぶらりんになれば問題なくランチタイムをクリアできることが分かったので、ホルダーチェアのあるお店を選んでよく利用していました。

埋め込み式チェア

大型ショッピングモールのフードコートや百貨店のベビールームなどに設置されている、埋め込み式のベビーチェア。我が子は足の力が強かったため、どのイスに座らせても、足が着いてしまえばそこから踏ん張ってイスから抜け出してしまうのが悩みでした。でもこれは座ったときに足が宙ぶらりんになる仕様。これなら抜け出す心配がない!と安心したのですがここでもまた問題が…なんと今度は足ではなく手の力を使って脱走しようとしたのです!ちょっとゴミを捨てるため数メートル離れただけなのに、戻ったときにはもうテーブルに上半身を乗り出していて危うく落下するところでした…慌てて体をイスの中に引っ込めて座らせ一安心。

こんな失敗もありましたが、この埋め込みタイプのものは、子どもが大暴れしてもイスがひっくり返る心配がないのが魅力です。脱走しそうになったら逃げないようにするくらいなので、ランチをするときも精神的にも体力的にも負担が少ないかなと思います。脱走しそうになっては引っ込める様子はまるでモグラ叩きのようでした。もちろん叩いたりはしませんが(笑)
埋め込み式は、安全性とママがほっと一息つきやすい点でおすすめのベビーチェアだと思います。

ハイチェア

ハイチェアは大人と同じ目線で食事ができるので、子どもにとって嬉しいイスです。昔からよく見かけるタイプですね。大人にとってはご飯を食べさせやすいという点で、とても便利なのでおすすめだと思います。

ただ、我が子の場合、イスに座ったまま仰け反ることがあり、背の高いハイチェアは油断できないことが多々あります。幸い転倒したことはないのですが、座らせていると危なっかしくて目が離せませんでした。ベルトがついているものがほとんどですが、我が子はベルトを外して脱走…ハイチェアでそんなことをされては困るので滅多に利用しなくなりました。

でも目線が同じであることは、子どもにとっても親にとっても、いっしょに食事をしているという実感が持てるんじゃないかなと思っています。何よりも食べさせたりするのにかがむ必要がないので姿勢が楽!
なのでパパといっしょのときなど、大人2人以上でのランチタイムに利用することがあります。

年齢に応じて使い分け・リバーシブルベビーチェア

飲食店で見かけたお座敷用の木製リバーシブルベビーチェア。上下でサイズが異なり、ひっくり返すと1~3歳までと3~6歳までの子どもが座れるように作られています。こういった1つで1~6歳まで使えるイスが用意されているお店は、2人以上の年齢差のある子どもと来店するときにおすすめです。見た目も素朴で懐かく、どこか癒されます。

ベルトなどはついていないので、イスから逃げ出すこともありますがお座敷なので高さがなく、転倒して大怪我をする心配もほとんどないので安心です。

イスにはシートやクッションがないので座ってくれないと思っていましたが、我が子は気にならなかったようで、食べている間はおとなしく座っていました。

ベビーチェアは子ども連れランチの強い味方

正しく使えば安全で安心、そして親子が快適なランチタイムを過ごせる画期的なアイテム・ベビーチェアですが、失敗体験により、どんなときでも子どもから目を離せないということを痛感しました。とはいえ、ベビーチェアには随分と助けられています。なかったら子どもとランチに出かける回数は減っていたかもしれません。失敗しつつも、ここで挙げたベビーチェアはいろいろ使った中でも逃げる子どもを捕まえやすい優れものです(笑)

今回私の感想を交えてご紹介したベビーチェアが、ママとお子さんのランチタイムを快適に過ごすための参考になれば幸いです。

担当ライター