赤ちゃんとママに負担の少ない、自宅でのお食い初めメリットをご紹介

このサイトを広める

我が家のお食い初めは姉妹ともに、広島にある自宅で行いました。産後は赤ちゃんもママもなかなか休む時間がありません。お祝い事だけど赤ちゃんにも無理をさせたくないという気持ちから、我が家のお食い初めは自宅を選択。自宅で行うメリットや工夫する点など、我が家の経験談も交えて紹介していきますね。

そもそも我が家がお食い初めを自宅でした理由

我が家のお食い初めは、姉妹共に自宅を選択しました。初めての場所に慣れるのに、特に時間がかかる長女の場合、慣れ親しんだところでゆっくりしてあげたいというのも、我が家が自宅を選んだ理由の1つです。その他にも、自宅でのお食い初めを選んだ理由はいくつかあります。

自宅でのお食い初めを選んだ理由

  • 子どもの泣き声を気にせずできるので、気持ちに余裕をもって行える
  • 親戚が広島県以外の遠方にいるので、大勢で集まることはない
  • 産後からバタバタと過ごす中で、お食い初めについてゆっくり調べる時間がなかった
  • 子どものお昼寝のタイミングを乱したくなかった
  • 当日の子どもの体調に合わせて中止しやすい

長女・次女共に自宅でのお食い初めは、いつもの家族団らんと同じようで、私自身とても気が楽でした。産後からバタバタと育児生活をする中で、各お祝い行事に力を入れるのは当時の私にはとても難しかったのです。

お食い初めは、気持ちに余裕をもって始めよう

この時期、特に神経をすり減らしていたのが長女の睡眠でした。長女は寝ぐずりが特にひどく、場所慣れしていないところではなかなか寝れないため、ずっと泣いているような子どもでした。そのすさまじさは、お食い初めどころではないほどです(笑)そのため、長女のお昼寝のタイミングに合わせてできる自宅でのお食い初めは、我が家にとって必然でした。
いつもの慣れた場所でするお食い初めは、長女にとって大成功。テーブルに並べた普段見たことのない食べ物を前に、何をするのだろうと少し緊張している様子も見られましたが、泣くこともなく楽しく終わることができました。

日々の育児にバタバタと追われていたこともあり、次女のときも迷わず自宅でのお食い初めを選択。遠方から遊びに来ていた義父も加わり、さらににぎやかで楽しいお食い初めの会となりました。次女も初めて見る料理たちに興味津々。産後間もない私にとっても、気兼ねなく行える自宅でのお食い初めは良いことだらけでした。

自宅開催は子どもの体調にもすぐに対応できるのがメリット

次女のお食い初めを自宅で行ったのには、もう一つ理由がありました。それは、お食い初めをするかの判断を、次女の体調に合わせて決めたかったからです。産院から退院後の次女は、何度か発熱したり、体調を崩したりすることもありました。朝方急に発熱することもあったので、当日延期しやすい自宅でのお食い初めの方が、私たち家族にとっては選びやすかったのです。
当日、次女は体調を崩すこともなくお食い初めは無事に終了。次女の場合、比較的機嫌の良いのが朝方なので、朝の時間を選んでお食い初めができたのも良いことの1つでした。

自宅でお食い初めするならこれが便利

我が家では、長女・次女共にお食い初めの料理は、全てデパートで購入しました。お食い初めのお祝い膳としてセットで売っているものは見当たりませんでしたが、個別で尾頭付き祝い鯛やはまぐりなど、全て揃えることができました。歯固めの石はデパートでは販売していない場合も多いようです。その場合は、インターネットで購入するか、お宮参りの際に、神社からもらう「福石」でも良いとされています。地域によっては梅干しや碁石で代用されることもあるようですよ。

自宅でのお食い初めに便利!

自宅でのお食い初めでは、用意するものがたくさんあるのでなかなか大変かもしれません。そんなときに便利なのが、お食い初めセットをインターネットで購入する方法です。お食い初めに必要な全ての物がセットになっているので準備の手間がいりません。主にセットになっているものは以下のようなものです。

  • 尾頭付き鯛
  • 赤飯
  • はまぐりのお吸い物
  • にんじんや大根などの煮物
  • 香の物や酢の物
  • 歯固めの石

お食い初め膳は全て調理済みの物が送られてきます。お食い初めの料理だけは自分で手作りしたいという人は、普段揃えにくい食材だけをインターネットで購入するのも良いでしょう。
その他にも、お食い初めで使う食器セットや、祖父母や親戚にふるまう用の食事セットを合わせて販売しているところもあります。お食い初めの食器は、そのまま離乳食用の食器としても使えるのでこの機会に合せて購入していくのも良さそうです。最近では、離乳食期以降に使えるように、プラスチックの器で販売しているところもあるのでぜひチェックしてみてくださいね。
また、お食い初め膳を販売している会社によっては、お食い初め膳用食器のレンタルを行っている場合があります。特に漆器は普段には使いづらいものなので、この機会だけレンタルするのも良いかもしれません。

ママや赤ちゃんも嬉しい!自宅でのお食い初めが便利

赤ちゃんのお食い初めができるお店は広島にも多くありますが、なかなかお店をリサーチする時間がない人や、まだまだ産後思うように体が動かない人もいるかもしれません。そんなときは、便利なお食い初め膳の宅配サービスを検討してみるのも良さそうですね。

関連記事はこちら⇩

担当ライター