おうちで食育?子育て中におすすめの子どもが喜ぶ自宅ランチ作り

このサイトを広める

子どもたちのランチ、どうしていますか?学校がある時期はお弁当や給食がありますが、夏休みや冬休みなどの長期休みでは、「献立表をください~」となっているママも多いのでは?今回は、広島で子育て中の我が家で取り組んでいる子どもが喜ぶ自宅ランチのアイディアをご紹介します。

子どもの長期休みの悩み。ランチどうしよう問題&イベントどうしよう問題 

子どもが学校に入ると定期的にやってくる子育て中の課題「長期休み」。夏休みも冬休みも春休みも、来る時期は事前に分かっているのですが、毎回「ランチどうしよう…」「イベントどうしよう…」と頭を悩ませています(笑)。給食の献立表をそのままコピペしたくもなりますが、昼間からそこまで料理に時間を割いていられない!というのが母の本音です。そのため我が家では、できるだけ時短で作ることができるランチメニューを子どもといっしょに作る、ということをよくやっています♪ランチ作りをイベント化してしまうことで、「ランチどうしよう問題&イベントどうしよう問題」がある程度一挙に解決するのでおすすめです!

自分で作るピザランチ

長期休み中のランチ問題。解決のポイントは、「シンプルなメニュー」「子どもが作る」の2つです!給食の献立のように、ランチも一汁三菜が基本のメニューが立てられたらよいなぁ…とも思うのですが、長期休みは毎日三食のごはん作りが続くので、無理は禁物。ランチを簡単なもので済ませても、数時間後の夕ご飯で挽回できます。ランチをシンプルなメニューにしておくと、調理にも後片付けにも手間がかかりません。その分時間ができるので、子どもたちと遊んだり勉強を見たりする時間に充てることができるのではないでしょうか。

我が家でよく作る長期休みの自宅ランチ、おすすめの一つ目は「ピザ」。写真のピザは、奈良にある酵母パンのパン屋さんからピザセットをネットで注文したものです。生地とチーズ、ソースがセットになったものを冷凍で送ってきてくれるので便利ですよ。下準備は、解凍した生地を数時間寝かせてふくらませておくだけ。子どもたちは、生地をこねて伸ばすところからピザ作り始めるのでもうワクワクです♪伸ばし棒で伸ばしたら、トマトソースとバジルソースをかけ、チーズをのせてトースターで焼くだけ。付け合わせに昨晩の残りのサラダやスープを足せば、立派なランチになりますよ。

ピザでなくサンドイッチにすることもあります。サンドイッチの場合は、薄切りパンのほかにバター、ハム、チーズ、薄切りきゅうり、ツナ、マヨネーズ、ジャムなどの具材を準備して並べておきます。あとは子どもが自分の好きなようにサンドイッチを作って食べてくれるので、母は子どもたちの様子を微笑ましく見守っているだけです(笑)。子どもも思い思いのサンドイッチが作れるので楽しい様子。イチゴジャム+マヨネーズ+チーズというクリエイティブなサンドイッチをおいしそうに頬張ったり、「小人さんにもあげないとね…」と親指サイズのサンドイッチを器用に作ったりしています。

自分で詰めるお弁当ランチ

お弁当箱って偉大だと思います。おむすびに卵焼き、ミートボールにイチゴ、みたいなシンプルなものでも、お弁当箱に入れるだけで「お弁当ランチだ~♡」と何故かうちの子は狂喜乱舞。お弁当は「朝15分以内に詰められるもの」を鉄則に準備しているので、私もお弁当に入れるおかずなら作り慣れています。お弁当を作るだけでもよいのですが、長期休みには、普段お弁当に入れるおかずを準備してお皿に並べたら、子ども自身にお弁当箱に詰めてもらうようお弁当箱も渡すことがあります。これは、「お弁当作りアプリ」で遊ぶ子どもの姿を見て得たアイディア。もちろん上手詰めることは難しいようですが、それぞれに工夫してお弁当箱に詰めています。「自分でなにかをする」という作業が加わると、子どもも食が進むようで、完食率も高まるのでおおすすめですよ♪

定番だけど子どもは大喜び♪自宅お子さまランチ

最後におすすめの自宅ランチのアイディアは、定番かもしれませんが「自宅お子さまランチ」。写真のランチは、ケチャップライスを丸めたものに、ハートや星型で抜いたスライスチーズをのせたものです。簡単なひと手間でかわいくなるのでおすすめ。枝豆をピックでさしたり、なんとなく楽しい雰囲気にしてお子さまランチ感を盛り上げています。デザートにイチゴやプリン、ゼリーなどの甘いものをつけると完成♪ジュースをつけることもあります。でもあまり砂糖が多いと、虫歯になりやすくなるので注意してくださいね。

自宅ランチを工夫しよう 

子育て中は、ご飯作りが大変ですよね。メニューをシンプルにすることで、調理や片付けの手間も省けます。自宅ランチでは、子どもが作れるものを取り入れたり、デコレーションなどひと手間を足すだけで子どもが大喜びすることもありますよ♪長期休み中の自宅ランチも気楽に乗り切りたいですね。

担当ライター