子ども連れランチで役に立った!わが家のマストアイテムをご紹介

このサイトを広める

小さな子どもとのランチは、大人だけで行くのと違って大変!私は広島出身の広島育ちですが、子どもができるまで子連れOKのお店を調べることなんてありませんでした。いざ子どもとランチに行くと悩みがたくさん。そんなとき役に立ったアイテムを紹介します。

子どもとのランチ!こんなことに困りました!

家族やママ友と子ども連れでも外食できるようになると、今まで大人だけでランチしていたときとは違い困ることがたくさん出てきました。まずは、お店の選定。子どもが生まれるまでは好きなところで好きなものを注文できますが、子ども連れになると一変しますよね。
子どもが入ってもいい雰囲気のお店か。子どもが食べられるメニューがあるのか。離乳食の持ち込みOKか等々…。子どもが生まれるまで考えたこともなくてあたふた。まだまだ、スプーンやフォークの扱いが難しい子どもは、手づかみでご飯を投げたり、下に落としたり、飲み物をこぼしたりとトラブルもたくさん。そこで快適に子ども連れランチが楽しめるアイテムがないか探すことにしました!

子ども連れランチの悩みを解決!あると助かったアイテム

私が子ども連れでランチしたときに、あると助かったアイテムを3つ紹介します。

外出先で子ども用の椅子がなくても安心!【チェアベルト】

チェアベルトは、子ども椅子がないときでも、大人用の椅子に座らせることのできるアイテムです。ショッピングモールなど休日は人が多くて、子ども用の椅子がない!なんてこともしばしば。抱っこして食べさせるのも大変だったり、動いて下に落ちそうになったりと危険なこともありますよね?
チェアベルトは、大人用の椅子しかなくても取り付ければ子どもが落ちないようにホールドしてくれるので安心。エイテックスの「キャリアフリー チェアベルト」は、お値段もプチプラ、デザインも豊富、布製で小さく折り畳め、収納スペースも少なくすむ便利なアイテムです。

中身がこぼれない【マグ】

私が、とても助けられたのが倒しても中身がほぼこぼれないマグ「WowcupBaby(ワオカップベビー)」です☆ストローボトルはとても便利なのですが、持ち歩いていてふと鞄をみると中身がこぼれて濡れている…。なんてことがしばしば。また、ストロー部分に汚れが残りやすいので、手入れも念入りにしないといけません。
その点このマグは、子どもが吸わないと中身が出ないので、ほとんどこぼれることがありません。パーツもすべて外せるので、お手入れが楽なのもうれしいところでした。

取り扱い楽なのにかわいい【お食事用ビブ】

わが家では、離乳食初期はポリエステル製のエプロンを使っていました。ポリエステル製のエプロンは値段も安く、キャラクター物でかわいいデザインなど種類も豊富なのがよいところですよね。しかし、子どもが手づかみ食べを始めるようになるとエプロンの汚れがひどくなってきて、ズボラ女子の私は手入れをするのが面倒に…。
そこでより取り扱いの楽なエプロンを探すことにしました。いろいろと試した結果、「メイクマイデイのお食事用ビブ」がわが家のベストアイテムに!
このビブのいいところは、デザイン性はもちろんですが、食洗器で洗えるところ。ミートソースの汚れって一度付いてしまうと、なかなか落ちませんよね。このビブなら汚れたまま、食洗器に入れて洗えば簡単に落ちます。めんどくさがり屋の私には本当にうれしいポイントでした。

マストアイテムを使ってランチタイムを過ごすメリット

子ども連れのランチでは、いろいろな準備が必要です。心配性の私はあれもこれもと鞄に詰めてしまい、荷物だけで鞄がパンパン。子どもを抱っこするだけでも重たいのに、荷物がいっぱいだと余計に疲れてしまいます。そんなとき、コンパクトに収納ができて便利なアイテムがあればとても助かります!チェアベルトやお食事用ビブは収納しやすく、鞄に常に入れておけるのがとても便利です。

また、コップで飲めるようになっても、小さな子ども連れでのランチは気が気でないもの。片時も目を離せないので、へとへとになってしまいます。そんなときに少しでも気を遣わなくていいところがあるとうれしいですよね。
「WowcupBaby」なら、飲み物をこぼしてテーブルの上が水浸し…。なんて心配がなくなるので安心してマグを持たせてあげられます。飲み物をこぼして、洋服やテーブルの上がぐちゃぐちゃなんてことがなくなって、とてもストレスフリーでしたよ!私はこのアイテムを使うことで、ランチタイムがずいぶん快適に過せるようになりました。

子連れれランチを楽しむコツは、便利グッズを使いこなすのがカギ!

子どもとのランチは、楽しい反面忙しない部分も多いですよね。折角ごはんを食べられるようになったなら、家でなく外食を楽しみたい♪そんなときこそ、「収納しやすい・手入れしやすい・使い勝手がいい」アイテムを持って、少しでもストレスフリーなランチタイムを過せると、子ども連れでもランチを楽しめますよ!

 

ランチにおすすめのごはん屋さんはこちら⇩

https://www.bm-peekaboo.com/information/13026/

担当ライター