はじめての妊娠 自由気ままな実母とのんきな夫にサポートされて迎えた出産体験談

はじめての妊娠で不安だった私に対して、緊張感のない実母と夫の二人に支えられて迎えた出産体験談をお届けします。家事をしに帰宅する実母に、2度寝してなかなか病院に来ない夫。私の頼りは、助産師さんでした。

朝の5時、やっぱりこれって陣痛だわ!

2日前の妊婦健診では、「子宮口は開いてないし、出産はまだだね」と言われた妊娠39週の私。陣痛は予定日過ぎたぐらいかな~とのんびりしていました。ところが、晩ごはん中に、軽い生理痛のような痛みが。それでも、そんなに痛くないので、前駆陣痛かなと思っていました。

いつも通り入浴して、念のため少し早めに寝ることに。しかし21時過ぎに布団に入ったものの、腹痛が止まりません。初産の私は、寝ようとすればするほど、痛みが気になり眠ることができませんでした。やっと眠りにつけても、すぐに目が覚める。その繰り返しでしたが、徐々に痛みの間隔が短くなっていき、朝の5時には10分間隔に。

里帰り出産だったため、夫は一緒に寝ていません。そのため実母に、陣痛かもしれないから病院に送ってほしいとお願いしました。すると、「犬の散歩に行ってからでもいい?初産だから、すぐには生まれないよね」と犬の散歩に。15分ほど待てるくらいの軽い痛みだったので平気でしたが、のんきだな~と感じていました。

家事をしに帰宅した実母と2度寝した夫

病院で診察してもらったところ、子宮口は4cm。すぐには生まれそうにないけど、一応陣痛室に入ることにしました。

家事をしに帰宅した実母

先生の診察が終わり陣痛室に移動すると、母から「ひとまず家事をしに帰っていい?またお昼前には来るから」と言われ、内心びっくり。でも先生もまだって言ってたし…と思い、私も「ゆっくりしてきて~」と答えていました。

2度寝した夫

一方、里帰りのため片道2時間半かかる場所にいた夫。時間がかかるから早めに伝えておこうと、病院に行く前に夫に連絡しました。9時には来るかな~?と思っていましたが、9時を過ぎても来ません。夫に連絡をしたところ、なんと!「2度寝してた。今起きたわ」との返事(驚)こっちは陣痛と戦っていたのに、なんてのんきな夫なんでしょう。

二人が現れたのは、お昼

結局、母と夫が病院に来たのはお昼前。それまでに陣痛の痛みが増し、誰にサポートしてもらえることなく過ごした時間は、とても寂しかったです。でも、そんな寂しさなんて、二人は気にしない!着いて少しすると、「時間のあるうちに、お昼食べたら~」と母に勧められ、夫は昼食へ。こっちはあまりの痛さに食欲なんてないのに、なんて自由なの!!と思っていました。

母はというと…。他の妊婦さんが出産し産声が聞こえると、陣痛室から出て分娩室の廊下に新生児を眺めにおでかけ。そして、夫と交代して昼食へとでかけていきました。

一番頼れたのは、助産師さん

そんな緊張感のない実母と夫のサポートはほぼ当てにならず、実際頼れたのは、助産師さん。腰をさすってくれたり、楽な体勢を指導してくれたりと、とても親切でした。

あまりの痛さに無痛分娩を希望

朝の診察から定期的に医師が診察に訪れてくれていたのですが、子宮口の開きは1cmも進まず。どんどん増す痛みに、私は次第にパニック状態に陥っていました。普通は陣痛がくる時間と、陣痛が緩む時間の波があるらしいんです。でもパニック状態の私は、ずっとお腹が痛いまま。不眠だったこともあり、体力も限界に。「もう耐えられない!」と感じた私は、お昼の医師による回診のときに、無痛分娩を希望しました。

リラックスして、お産が進む

注射をしてもらってからは、体の力も抜け、リラックスした状態に。そのおかげか、子宮口が順調に開き始めました。針を刺すときから麻酔が効き始めたあとも、私に付き添ってくれていたのは、もちろん助産師さん(笑)ずっと手を握って、私の不安を取り除けるようにしてくれていました。

麻酔をしてから、3時間後に無事出産。わが子の顔を見たときには、うれしさ半分、ホッとする気持ち半分でした。

出産後も自由な実母と夫

出産後は経過観察のため、1時間ほど分娩室で過ごしてから病室へ移動することに。母は出産が終わり、孫をたくさん抱っこしたら、またまた犬の散歩へと帰宅。夫は分娩室で私に付き添ってくれました。はじめての出産による興奮のためか、病室に移動してもまったく落ち着かない私。病室に移動して30分ほどすると、マシンガントークをする私を置いて夫は夕食へ。母と赤ちゃん誕生の宴を楽しんでいました。

一方私の夕食は、お祝い膳の用意は間に合わないとのことで、簡単なおにぎりとお味噌汁。「出産頑張ったのは私なのに、なんでやね~ん!」と思って、就寝したのでした。

こんな初産の体験をした私ですが、めげることなく2人目も出産し、楽しく広島で子育てを楽しんでいます。

のんきな母と夫のサポートもありがたい

出産から5年も経つと、こんな出産体験も笑い話です。はじめての妊娠は不安になることもたくさん。そんな不安だらけの私と一緒になってパニックにならなかった母と夫って、実はすごいのかもしれません。

担当ライター