子育てママあるある?私が経験した妊娠期から子育て期の身体のトラブル

現在、広島で4歳になる息子の子育て奮闘中!妊娠8ヶ月から始まった妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)をかわきりに、腱鞘炎、ぎっくり腰と妊娠中から子育て期にかけて起こるからだのトラブルを経験してきました。今回は、それぞれの症状や私の対処法を紹介したいと思います。

妊娠8ヶ月で妊娠性痒疹が出始めた!

33歳で初めて妊娠し、妊娠7ヶ月まで東広島で週2日で働いていた私。退職後は妊娠9ヶ月頃まで東広島で過ごしたあと、近距離里帰り出産で広島市の実家に戻るという計画を立てておりました。ですが、なかなか計画通りにいかないのが妊娠・出産というものでしょうか。それまではわりと順調な妊娠生活を送っておりましたが、そんな私にもとうとうやってきました、過酷な毎日が…。
妊娠8ヶ月頃になって、なんだか肩や首の後ろあたりがなんだか痒い。最初は蚊にでもさされたのか、汗疹でもできたのかと軽い気持ちでポリポリと掻いてしまったのがいけなかったのか、あっという間にポツポツとした湿疹のようなものが全身に広がってしまい、そして日ごとに痒みが強くなっていったのです。
東広島の皮膚科では、妊娠中だからとステロイドの入っていない薬を処方してもらい、何日か塗ってみたものの、まったく痒みが治まらない…。足の裏にまでできた湿疹は、歩くと摩擦で反応してしまって痒みが強くなってしまう。
これはもう、実家に帰るしかない!と、当初の予定よりも早く実家に戻ることになりました。実家近くの皮膚科では妊娠性痒疹と診断され、「妊娠中でも使い方さえ守ればステロイドの塗り薬を使っても安心です。
強めの薬で短期間で治しましょう」とのことで、少し抵抗はあったものの「背に腹はかえられない!この痒みがなくなるのであれば!」と、全身にぬりぬり…。その後、10日ほどで急激に痒みが和らいでいき、出産前にはちょっと痒いかな?くらいにまで落ち着きました。

出産直前に腱鞘炎になるなんて!!

妊娠8ヶ月頃から出始めた妊娠性痒疹のおかげでまったく動けなくなってしまった私。スマホ片手に布団でゴロゴロする生活が続きました。ネットサーフィンにも飽きて、ここぞとばかりスマホゲームに励んでいると、出産予定日間近になって、なんだか右の手首に違和感が…。その違和感は痛みに変わり、ある角度にするとズキンと響くのです。ネットで調べると、妊娠中は湿布は避けた方がいいと書いてありますし、どう対処していいのかわからず整形外科に行くことに。「はい。腱鞘炎です。」先生から即答され、「妊娠中は、女性ホルモンの影響で腱鞘炎になる方も多いんですよ。」と言われ、手首サポーターで対処することになりました。「でも先生、きっとこれはスマホのやり過ぎなんです。」とは言えず、もし次に妊娠することがあれば、もう絶対にやり過ぎません!と心に誓ったのでした(笑)。

腰の曲げ伸ばしができません!まさか自分がギックリ腰に…

出産後、髪が抜けたり、ちょっと産後ウツっぽくなりかけたりと、子育てママに多いといわれる症状を経験しましたが、生活に支障をきたすほどではありませんでした。しかし、2歳で始まったイヤイヤ期もなんとかやり過ごして、幼稚園も行き始めてやっと落ち着いたかなと思った矢先、ギックリ腰になってしまったのです。
それは急に襲ってきました。前日の夜、うつ伏せになって枕を手の下に置いて、背中が反るような感じで本を読んでいると、背中が一瞬「ピキッ」となったような気がしました。ですが、痛みはなくそのまま就寝。朝起きると腰の辺りがズキズキと痛みます。「もしやギックリ腰?」と頭によぎったものの、痛みとともに息子の幼稚園まで車で約20分。なんとか息子を送り届けた帰り道、猛烈な痛みに変わりました。それ以降は、歩くのも何をするのもとにかく痛い。腰の曲げ伸ばしをしたくないので、腰の曲がったおばあちゃんのような姿勢をキープしつつ、家の前の接骨院に。産後の骨盤矯正から通っているこの接骨院には、大体2ヶ月に1回のペースで来ていたのに、そういえば4ヶ月くらい行ってなかった…。しっかりとずれている左右の足先を確認し、とりあえず体の歪みを治してもらい家に戻りました。すると次の日の朝、痛みが大分和らいで腰の曲げ伸ばしができるようになったのです!
4歳になる息子は2歳ですでに14kg、現在では19kgの大物です(笑)。毎日の抱っこが自然と体に歪みを作ってしまうのだと思います。やっぱりどんなに忙しくても体のメンテナンスが大事!今では、月1回の整体と、筋トレで19kgの息子をいつでも持ち上げれるように鍛えております。

子育てママに体のトラブルはつきもの!自分にあった対処法で乗り切ろう♪

妊娠するまで大きな怪我や病気もなく、健康には自信があった私。しかし、妊娠中から子育て期にかけてこれまでには考えもしなかった体のトラブルを経験し、「今までの自分の体とは違うんだ」と実感しております。子育て中にママが体を壊してしまうと家は回らなくなってしまいます。トラブルが起きてしまったときはしかたないけれど、できればトラブルが起きる前に予防をしておけるといいですよね。どんどんと大きくなる息子と、年を重ねる私の体。息子が抱っこをせがむ間は抱っこをしてあげれるように、体のメンテナンスを心掛けたいと思います!

担当ライター