私が注意したこと&こだわったポイントはここ!妊娠中に親子で楽しむ旅行計画

上の子が2歳、下の子を妊娠中のある日。妊娠7ヶ月を迎えたこともあり、出産前の記念として子連れ旅行をすることにしました。小さな子どもがいて、さらに妊婦という事情から気をつけたことや選んだ宿泊先のポイントを紹介します。

 

旅行に出かけよう!

上の子が産まれてからはドタバタの毎日で、旅行のタイミングを逃していた我が家。しかし、子どもが1歳半になる頃にはあまり風邪をひかなくなり、だんだん私も夫も子育てに余裕が出てくるようになりました。

そして2歳を迎える前に、下の子を妊娠!まだ上の子を連れて3人で家族旅行をしたことがなかったので、このタイミングで初めての家族旅行を実行することにしたのです。

 

選んだ旅行先は?

そうはいっても身重な私。妊娠8ヶ月とはいえまだつわりが終わらず、万全な体調とは言えません。さらに妊娠後期でもあるので、飛行機や車を使った遠出はむずかしいと判断。すると旅行先はおのずと絞られ、広島県内もしくは、バスや新幹線などですぐに行ける範囲が候補となりました。バスなら岡山県倉敷市や愛媛の今治市あたり、新幹線なら神戸あたりであれば1時間程度で到着するでしょう。

我が家は広島市内にあるので、幸いにも広島バスセンターが近く、バスでのちょっとした遠出が有力候補!ただ、すぐにトイレに行けないというのが難点です。妊娠後期でかなりの頻尿になっていた私にはきついかもしれないと思いました。

また新幹線はトイレはあるものの、上の子がじっと座って大人しくするのはむずかしいかも…と思いこちらも却下。

そこで行き先は、往復時間がさほどかからない近場の広島県内で決定!

ホテル選びのこだわりのポイント

日程は3連休を利用した2泊3日。最終的に、宿泊先は自宅からかなり近いホテル に決まりました。1泊目は自宅から歩いて20分程度、2泊目は広島駅からシャトルバスで30分程度のホテルです。そこを選んだ理由は…

・移動時間が短く私の負担が少ない

・上の子がぐずらない内にホテルに到着できる

・交通費を抑えられるので、かなりリッチなプランでの宿泊ができる

上の子はまだ2歳。ちょっとしたことでぐずる年齢でもあるので、親の負担も考えてとにかく近場なのがいいという話になりました。

そして交通費が抑えられるとうれしいメリット!お金が浮いた分を宿泊プランに回すことができます。いつもならなかなか泊まらないような「エグゼクティブフロア」や「クラブラウンジ」などが楽しめるプランを、候補として考えることができました。

 

他にもこだわりポイントはたくさん!

・子どもとホテル内を探検できるよう、大型ホテルを選ぶ

・冷蔵庫内フリー、部屋が広めなど、子どもといっしょにホテルステイを楽しめるホテル・プランを選ぶ

・館内の設備が充実しているホテルを選ぶ

行き先にしてもホテルにしても、やはり子どもが中心になります。特にホテル館内の設備の充実度は必須!例えば露天風呂・内湯・室内プールなどです。ずっとホテルにいても飽きないような設備があれば、雨の日でも安心ですよね!さらに、館内が広いホテルなら子どもといろんな場所を歩くだけでも楽しめるはず。

 

待ちに待った旅行当日

旅行当日はまさかの台風接近日。それでも運よく雨は降らなかったので、ホテルまでの移動は大変ではありませんでした。今回はたまたまでしたが、やはり天候のことを考えると、移動が楽な近距離旅行…おすすめです!

いつもとは違った荷物の量に子どもも何かを察したのか、朝からテンションマックス!外出するときには「よしっ!行こう~!!」とうきうき気分でした。それをみて私も夫も思わず笑顔に。「久しぶりにゆっくりできそうだね」と、ホテルに着く前から楽しい気分でいっぱいでした。

ホテルにチェックインしたあとは早速ホテルステイを楽しみます。

・部屋につくなり、意味もなくバスローブに着替える(笑)

・普段はあまり子どもに見せないテレビもこの日ばかりはつけっぱなし

・冷蔵庫のフリードリンクを飲む

・子どもと持参した塗り絵でのんびり遊ぶ

エグゼクティブフロアという豪華なフロアに宿泊したこともあって、パジャマはふわふわのバスローブ!まだお風呂に入ってもいないのに意味もなく着替えてみました。子どもも大人もごろごろしているのが非日常的で、私も夫も心身共にリラックス。

ディナーはつけていなかったので、ホテルのそばのお好み焼き屋さんで調達しました。夕飯の支度をしなくていいという点も、妻としてはありがたいポイントです!「やはり旅行って最高だなあ」としみじみ思いました。

妊娠後期での旅行を終えて

2日目も同じようにホテル内でごろごろするという生活を送りました。毎日している家事や掃除、ご飯づくりもすることがない2日間。本当に幸せでした!

夫も「こんなに近場なら何なら毎月でも行きたいね」と大満足の様子。確かに往復時間がかからないなら手出しは宿泊費用だけだし、毎月旅行もアリかなと思います。もしかしたら外食を何回も行くよりも満足度は高いかもしれませんね()

 

たまには非日常体験も大切!

今回は23日の日程でしたが、子連れで妊婦であることを考えるとこれくらいがちょうどいいかなと思います。特に妊娠後期は体調が変わると危ないこともあるので、産院からそれほど遠くない近距離旅行がおすすめですよ。ぜひみなさんも、旦那さんやお子さんといっしょにさまざまな形での非日常体験を堪能してみてくださいね。

 

担当ライター