【子育て体験談】赤ちゃんとペットの暮らしってどう?犬がいる我が家に赤ちゃんが生まれた話

犬を飼いたいけれど、子育て中だから…という理由で躊躇している方はいませんか?
ペットと赤ちゃんがいっしょに暮らすとどのような生活になるのか、実際に広島でペットと暮らす我が家のエピソードをご紹介します。

我が家にチワワがやってきた!

長男が小学生になり、次男も5歳となったころ、我が家はペットを飼うことにしました。
以前より私の母から、子育て中だからこそ犬を飼ったら?ペットがいる暮らしは良いよ、と言われていたのですが、それまでは手のかかる男の子2人の面倒をみるだけで精一杯。
もっと大きくなったら…と先延ばしにしていたのです。
次男が5歳になったころ、少し生活が落ち着いてきたのか、犬を飼ってみようかなと思える余裕が出てきました。主人も子どもたちも、犬を飼いたいとずっと言っていたので、私さえその気になれば話はどんどん進みます。どんな犬が良いのか、ペットショップでまずは見てみようと向かったのですが、その場にいたチワワに長男が一目ぼれ!
他の子犬たちと違い少しおとなしく、穏やかそうな印象。長男以外の家族も異存なく、チワワを迎えることになりました。

犬を飼うとなるとそろえるものがいくつかあります。ペットショップの方に必要なものを教えてもらい、その日のうちに連れて帰る準備は整いました。
私の実家では昔から犬を飼っており、私は感覚的に犬との暮らしに慣れていたのですが、ペットを飼うための手続きや予防接種のことまでは知りません。本やインターネットですぐに勉強しました。

3人目妊娠!犬と赤ちゃんの暮らしってどうなの?

犬との生活にも慣れ、1年半経ったころ3人目を妊娠。
おとなしい犬なので、赤ちゃんと犬との暮らしに何も心配していませんでした。上の子たちとの関係を見ていたから安心できたのだと思います。
3人目を出産し、退院して自宅に帰った日。
長男と次男がすごく喜んでいたのが印象に残っています。同時に、赤ちゃんを初めて見たときのペットの反応もすごく印象に残っています。すごくうれしそうに赤ちゃんの匂いをずっと嗅ぎながら、そばを離れようとしませんでした。
この日から赤ちゃんも加わり、ひとつの家でいっしょに暮らすことになりました。
赤ちゃんが寝ているそばには、いつもくっつくようにペットも寝ています。犬を飼っている友人が、犬といっしょに遊びに来てくれることがあります。赤ちゃんが生まれてからも連れてきてもらっているのですが、友人のペットも赤ちゃんが大好き!赤ちゃんが寝ている横で同じように仰向きに寝てみたり、赤ちゃんの匂いを嗅いでみたり。

赤ちゃんには無条件に笑顔になったりするものですが、犬も同じなのではないかと感じてしまうほどです。

赤ちゃんも犬が大好き!成長したらお世話もできるように

生まれてからずっとそばで寄り添うように守ってもらっていた娘もどんどん成長し、自由に歩けるように。
すると、犬の散歩は自分でしたいと言い出すようになりました。我が家のペットは走っていくタイプではなく、おとなしく歩いてくれるので、2歳の娘でもゆっくりと散歩することができます。
他にも、犬のシャワーも手伝いたい、ご飯もあげたい、おもちゃも貸してあげたい。かわいいワンピースを着せてもらったら、犬に見せてかわいいと言ってもらいたい。彼女にとってペットは、学校に行って日中は家にいない兄たちよりも近い存在なのかもしれません。

長男と次男にとっても癒しの存在となる

娘とペットの関係は、やはり生まれたときからずっとそばにいるだけあるなと感心するものがあります。
けれども、犬との関係性を築いているのは娘だけではありません。
初対面から特別な印象をもっていた長男は、学校で嫌なできごとがあってもペットを触っているだけで落ち着く様子。大きくなるにつれ、母親が介入しないほうが良いことも増えてきた長男。彼のことはペットに任せようと思える一面もあるほどです。
成長したとはいえまだ幼さが残る次男は、ペットといっしょに遊ぶ関係。どうやら、犬もそれぞれとの接し方を変えているのではないかと感じます。

思ったほど大変じゃなかったペットとの生活

子どもたちのお世話だけでも大変なのに、ペットを飼うなんてとてもできないと思っていた私。
息子たちに手がかからなくなったと思えたタイミングで犬を飼うことを決めましたが、結局その後に娘が誕生しました。
赤ちゃんのお世話とペットのお世話、両立は難しいだろうと先入観をもっていたのに、結果として何も困ることなく負担もなくこなせています。
もし大型犬であったり、多頭飼いであれば状況も変わるのかもしれませんが、私の場合、小型犬を1匹飼うだけならたいした負担にならないということが分かりました。

広島で子育て中の我が家がペットを飼って感じたこと

広島で幼児を育てながら犬を飼い始めた我が家。
その後赤ちゃんも誕生し、犬といっしょに暮らすことになりましたが、ペットとの暮らしで困ることはなく、子どもたちが犬から受ける影響の大きさに驚かされるばかりです。もちろん、旅行などの際にはペットホテルを利用するなど、ペットがいるからこそのひと手間が必要ですが、我が家にペットがいてくれて本当に良かったと感じています。
子どもや赤ちゃんがいる家庭で犬を飼うとどんな様子なのかな、と思っている方の参考になりますように。

担当ライター