【広島&岡山】幸せの黄色いじゅうたん♪菜の花フォトが撮れるスポット5選

この記事をシェアする

あたり一面に広がる菜の花畑は、幸せの黄色い絨毯のよう♪明るい色を見ると、気持ちもウキウキしてきますよね。お花見が楽しめるのはもちろん、映える写真も撮れちゃいます!今回は、広島県と岡山県にある菜の花スポットを5つご紹介します。春が来る前にぜひチェックしてくださいね。

【世羅郡】桜と菜の花の共演♪世羅高原農場

出典:@ryoki_photoさん

一年中さまざまな花が楽しめる世羅高原農場では、桜と菜の花のお花見ができちゃいます♪レトロ感のあるバス停やブランコなど、写真映えするアイテムがあるのもうれしいポイント。
4月になると次々と咲いていく、ネモフィラや芝桜、チューリップなども見どころです。2021年には春の花フォトコンテストや写真撮影会が開催されていたので、2022年の開催も楽しみですね!

スポット名  

世羅高原農場

住所  

広島県世羅郡世羅町別迫1124-11 

電話番号  

0847-24-0014

公式HP  

https://sera.ne.jp/

【庄原市】ポプラ並木と一面の菜の花♪七塚原高原

出典:@k____.photoさん 

真っすぐに伸びるポプラが連なる七塚原高原は、日本初の国立種牛牧場として創設された場所。プラ並木とサイロや畜舎が並んだ様子は、まるで北海道のようです!
菜の花畑はポプラ並木から牧草地一帯に広がります。広大な牧草地ではキャッチボールやバドミントンなどの遊びにもぴったりなので、お弁当を持って家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか。

スポット名  

七塚原高原

住所  

広島県庄原市七塚町

電話番号  

0824-75-0173(庄原市観光協会)

【庄原市】菜の花とスイセンと桜が並ぶ幻想的な風景♪国営備北丘陵公園

出典:@yuukei439さん 

国営備北丘陵公園では、春になると1.5ヘクタールに100万本のスイセンや菜の花、チューリップなどが咲き誇ります。地面には群生のスイセン、頭上には桜が咲き誇る中に菜の花が広がる幻想的な光景です。どこにカメラのピントを合わせようか迷ってしまいますよね。
花畑以外に、キャンプやアスレチックなど体を動かして遊べる施設も豊富なので、子供連れでも1日中楽しめますよ♪

スポット名  

国営備北丘陵公園

住所  

広島県庄原市三日市町4-10

電話番号  

0824-72-7000

公式HP  

https://www.bihokupark.jp/

【福山市】海と菜の花のコントラストが美しい♪田尻町の菜の花畑

出典:@yossy_.24さん 

福山市田尻町の海岸沿いでは30万本の菜の花が咲き誇ります。田尻町の菜の花畑は、地元住民の方々による「花の会」が丹精込めて手入れされたものです。菜の花の黄色と海の青のコントラストが美しく、映えスポット間違いなし♪
例年3月に開催している「菜の花まつり」では、菜の花やうどんなど食事の販売をしていましたが、2020年から新型コロナウイルスの影響で中止に。開花と同じく、イベントの再開も待ち遠しいですね。

スポット名  

田尻町の菜の花畑

住所  

広島県福山市田尻町4115

電話番号  

090-9503-2367(「花の会」会長 藤井秀光)

公式HP  

https://anzu-tajiri.jp/

【岡山県】3,000万本の菜の花がお出迎え♪道の駅笠岡ベイファーム

出典:@jun.isobe.photoさん

岡山県にある道の駅笠岡ベイファームの魅力は、なんといっても約5ヘクタールの広大な畑に咲いた3,000万本の菜の花!また、鯉のぼりが菜の花畑の上を悠然と泳ぐ姿が見られるのも笠岡ベイファームならでは♪期間中は15万人以上のお客さんが来るほどの人気ぶりです。
広島市の中心部から車で約2時間程度の距離にあるので、ドライブにもいいですね。開花状況は公式HPで確認できるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください!

スポット名  

道の駅 笠岡ベイファーム

住所  

岡山県笠岡市カブト南町245-5

電話番号  

0865-67-6755

公式HP  

https://k-bay.jp/

菜の花畑で春を感じよう♪

今回は広島県近郊の菜の花スポットをご紹介しました。一面に咲いた菜の花は、見ているだけで明るい気持ちにしてくれます。施設によっては開花時期を公式HPでアップしているので、見頃が分かりやすいですよ。お気に入りの菜の花スポットで、素敵な写真を撮ってみてくださいね♪

※2022年1月の情報です。新型コロナウイルスの感染状況によって、営業時間が変更される場合がありますので、お出かけの際は事前に公式HPなどでご確認ください。

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする