冷たい氷とお友だちになっちゃおう!るるる先生に聞く親子で楽しめる氷遊び♡

この記事をシェアする

子供は小さな芸術家。家にあるものなら何でも遊び道具にしちゃうんです。巣ごもり期間はそんな子供たちの豊かな想像力を駆使した遊びを楽しんでみませんか?今回の遊び道具は「氷」。広島で造形遊びの講師をしている「るるる先生」が、氷を使ったお家遊びの方法を教えてくださいました♪
『ぞうけいあそび るるる』さんのInstagramアカウントはこちら!ぜひチェックしてみてください!

上手に発掘できるかな!?氷あそびでおやつ時間!

「おやつ時間に氷?発掘?」はい、そうなんです。いつものおやつをただ凍らせるだけで、子供が熱中できる素敵な遊びに大変身しちゃうんです♪

準備するもの
〇冷凍庫に入れても大丈夫なトレー
〇ゼリーやポッキンアイス
〇フィギュアなど
〇スプーン、おもちゃのナイフ、ピンセットなど(発掘作業に使います)

遊び方

① 凍らせても大丈夫なトレーやカップなどに、おもちゃ(フィギュアがおすすめ)やゼリーなどを入れて凍らせる。水の量はゼリーなどが完全にかぶらなくてもOK!

② きれいな歯ブラシ、スプーンなどおうちにある道具を用意。

③ 濡れても大丈夫な場所で、凍った氷をトレーから取り出して遊びスタート。ゼリーやフィギュアを氷から掘り出していきます。

お楽しみポイント

道具を駆使しながら「どうやって取り出そう!?」と自分で考えます。試行錯誤する姿は学んでいる姿。見守る姿勢でかかわってあげてくださいね。フィギュアがあればその子なりの想像も広がります!「僕が助けるから!」とヒーローになりきって氷を溶かそうとしたり、氷の上で魚を泳がせてみたり。広がる想像を存分に楽しんで!

もうひと工夫で今度は芸術家!氷でお絵描き

続いてご紹介するのは、子供の想像力を駆使した遊び。絵の具を使って氷でカラフルなお絵描きを楽しみましょう!

準備するもの
〇使っていない製氷機
〇爪楊枝
〇えのぐ

遊び方

① 製氷機に水で溶かした絵の具を入れる
② 一つずつ爪楊枝をさしておく。爪楊枝が浮いても少しでも水に入っていたら大丈夫!
③ 冷凍庫へ

お楽しみポイント

凍ったら製氷機から出し、画用紙などで氷のお絵描きができます。じわりとにじみ絵のような柔らかい雰囲気の絵が完成しますよ!

氷を使っておうち遊び♪

たかが氷、されど氷。材料を凍らせるだけで、子供たちが大喜びする遊び道具に変身しちゃうのですから驚き!おうちの中だけでなく、ベランダやお風呂でも楽しんでみてはいかが?もっとダイナミックに遊べるかもしれませんよ。ぜひおうちでお子さんと一緒に氷を使った遊び、楽しんでみてください!

担当ライター

この記事をシェアする