家族で遊べる広島の室内遊園地!ピュアハートキッズランド

「家の近くに子どもが遊べる公園がない」
「下の子が小さくて外に長時間連れていけない」
「子どもが楽しんでくれる遊び場を探している」
そんなママたちにおすすめしたい場所が、広島市西区アルパーク内にある大型室内公園「ピュアキッズ」です。今回は実際にピュアキッズを利用した体験談と共に、魅力をお伝えします。

ピュアキッズってどんなところ?

今回、ピュアキッズの名前をはじめて聞く方もいるかもしれません。「大型室内公園?室内なのに公園なの?」と疑問を持たれている方もいるのではないでしょうか。そんな方はまずこちらの画像をご覧ください。

出典:ピュアキッズ

こちらピュアキッズの公式サイトで紹介されている室内マップのイラストですが、これだけでピュアキッズのすごさが伝わってきますよね。”家族で遊ぶ遊園地”をコンセプトに作られているピュアキッズは、子どもはもちろん大人もワクワクするような仕掛けがいっぱい詰まっている、今注目の”室内公園”です。

ピュアキッズを利用するには

ピュアキッズで遊ぶためには、はじめに会員になる必要があります。しかし、メンバーズカードは家族で1人が作ればOK!名前や住所などの個人情報を記入するだけでカードを発行してもらえます(年会費315円)。
カードが発行されたら、お姉さんが会員制の説明や施設内の注意事項を受付で丁寧にお話してくれました。

飲食の持ち込みは禁止(離乳食やミルク、アレルギーで持ち込みが必要な場合は事前に受付で許可証をもらう必要があります)
アクセサリー類は危険なため外すこと
パーク内は走り回らないこと
必ず子どもから目を離さないこと

といった内容でした。ちなみに1歳未満は利用料金が無料です(ただし0歳児を証明する保険証や母子手帳の提示が必要)。また、保護者の方は時間内での交代も可能なため、パパと子どもが遊んでいる間にママがアルパーク内でショッピング、ママのショッピングが終わりパパと交代してパパは一服…という利用方法もあります。さらに再入場もできるため、フリータイムを選択した場合は途中でショッピングやランチに抜けることも可能です。

遊びはじめる前に

出典:ピュアキッズ

はじめに靴を脱ぎ靴箱に入れ、親は貴重品以外ロッカーに荷物を入れます。はじめてピュアキッズを訪れたときは娘が生後8ヶ月頃で、持ち運ぶ荷物が多かったため、このシステムは助かりました!鍵を開けるとお金が返ってくるコインロッカーだったため、荷物が必要になればコインロッカーに取りにいく…といった方法がとれ、便利です。

0歳~でも楽しめる遊び場

「1歳になっていない我が子にはまだ早い?」と思っているママも安心してください!ピュアキッズ内には0歳のお子さんでも楽しめるスペースが用意されています。

ベビーパーク

6~18ヶ月の子どもと保護者が入れる専用のスペースです。床はマットになっており、寝返りをしてもハイハイをしてもよちよち歩きでも安心!用意されているおもちゃも0歳児向けで赤ちゃんも楽しんで過ごせます。

当時8ヶ月だった娘は、ハイハイやつかまり立ちの時期。大きな広場に行くと大きなお兄ちゃんお姉ちゃんがダイナミックな遊びをしている姿もあり、ヒヤッとすることも…。しかしピュアキッズでは施設内に何人かのスタッフさんが見回りをされていて、危ない遊びをしている子には注意をしてくれます。(そこが無料施設と有料施設の差だと感じます。)そのため、年齢制限があるベビーパークは安心して過ごせました。

フォトスタジオ

入ってすぐの場所にはなんと、「フォトスタジオ」が!かわいらしい衣装がずらーっと並んでおり、親の方がわくわくします(笑)私が行ったときにはカープのユニフォームもありました!スタッフさんがいるわけではなく、自由に着替えさせ自由に写真を撮れます。ただ、うちの娘は遊びたい気持ちが勝って衣装を1着しか着てくれませんでした(笑)お姫様が好きな3歳~の女の子だと喜んでくれるスポットではないでしょうか♡

ボールプール

室内遊び場の定番とも言える「ボールプール」。クライミングウォールや、ボールプールにダイブできる滑り台なども並んでいます。8ヶ月の娘が気に入ったのはボールプールではなく、ボールプールの前にある小さな子ども向けの滑り台スペース。小さなサイズのため、0歳児でもママといっしょに楽しめます。

0歳ママにうれしい配慮!

出典:ピュアキッズ
施設内には授乳室があります。清潔な場所で安心して授乳できました。もちろんオムツ替えスペースも用意されています。
出典:ピュアキッズ

ピュアキッズ内には、ベビーカーを持ち込むことができません。しかし、室内専用のベビーカーの貸出はあるようでした。「ピュアキッズ内でベビーカー…いるのかな?」と見ていましたが、上の子をメインとして遊びにきているママが下の子の移動手段として使用していたり、眠ってしまった子を一時寝かしておく場所として利用したりしている姿を見て、納得!

1歳以上におすすめの遊び場

続いて、1歳以上のお子さんにおすすめの遊び場をご紹介します。

サンドパーク

抗菌処理済みのホワイトサンドが使われている「サンドパーク」です。公園に砂場が減ってきている近年。なかなか砂に触れさせる機会がないという家庭もあるのではないでしょうか。

なかには、スコップやお皿などのおもちゃも用意されていて、砂を使っておままごと遊びができました。ホワイトサンドをはじめて手にした感想は、「さらさらしている」です。私たちが子どもの頃に触れた砂の感触とは少し異なりますが、手や足、服についてもサッと払うことができ、室内遊びには最適だな、と感じました。

キッズマーケット

こちらは、キッズマーケットと呼ばれるコーナーです。本物そっくりのおすしやさん、ケーキやさん、アイスクリームやさんなどのお店が並んでいます。

このときの娘は2歳前。「どれにしますか~?」と本物そっくりなドーナツやケーキを選んでくれています。よほど楽しかったのか、しばらくその場を離れませんでした!

移動して、アイスクリームやさん。さまざまなアイスクリームを専用の器具でコーンに乗せていきます。家ではなかなかできない遊びに夢中な様子です。何と1時間以上もこの場で過ごすことに…(笑)この日は平日でしたが、賑わう土日には子どもが集中する人気スポットです。

トイパーク

トイパークに用意されているのは、大きなスポンジ積み木やロディなどです。お家とは違う広いスペースで思い切り遊べます!

3歳以上におすすめの遊び場

もちろん、3歳以上のお子さんが楽しめるスポットもあります!室内でもしっかり体を動かして遊べますよ♪

センターパーク

「センターパーク」には、大きな遊具があります。室内でもしっかりと体を動かして遊べますね☆3種類のすべり台があることも、子どもが飽きずに楽しめるポイントです。

ふわふわパーク

ふわふわとしたすべり台や競争迷路がある「ふわふわパーク」。こけても安全なだけではなく、飛んだり跳ねてみたりと、ふわふわした感触が楽しめます!他のスペースに比べると大きな子が遊んでいた印象です。

のりものパーク

「のりものパーク」には、数台の乗り物おもちゃが用意されています。特に男の子が喜びそうなスポットですね!センターにコーナークッションが置かれていたため、自然と時計周りに走る子どもたち。私が訪れたときには、子ども同士が衝突することもありませんでした。

娘も家に乗り物おもちゃがないため、大喜び!台数も複数用意されているため、他の子と取り合いにならず、思いっきり楽しんでいました。

遊び場だけじゃない!こんなスポットも

1日中遊べるピュアキッズには、遊び場以外にも楽しめるスポットが用意されています。

ピュアキッズカフェ

施設内には、カフェもあるのです♡ハンバーグやうどんなどといった、子どもが好きなご飯メニューはもちろん、スイーツなどの軽食も用意されています。メニューにはアレルギー表示がされているため、アレルギーをもつ子どもも安心ですね。
このとき娘が食べているのは、「こどもランチ」(380円)です。ハンバーグやポテト、ふりかけがのったご飯、ぜリーがセットになっています。さらに、子どもサイズのうどん「こどもうどん」(280円)もいっしょに食べました。もちろん、大人向けのメニューも豊富に用意されていましたよ。

イベントステージ

出典:ピュアキッズ

イベントステージは、毎日決まった時間にイベントが用意されています。例えば、「いないいないばぁ!」でおなじみの「わ~ぉ!」をステージ上でお姉さんが踊ったり、巨大絵本を読んでくれたり、貸し出してもらったカスタネットやタンバリンを手にステージへ上り、集まった子どもたちみんなでミニ発表会をしたり♪決まった時間に開催され、毎回内容が異なるため、何度行っても楽しめそうです。

リラックスコーナー

ピュアキッズ内には、何台もマッサージチェアがあります。お子さんが遊んでいる間にパパやママもリラックスして過ごしてみてはいかがでしょうか♡

大人もハマる!ピュアキッズ

子どもだけではなく、大人もハマるピュアキッズ!1日中遊べる理由が分かりますね。ショッピングの合間や雨でも体を動かしたい日にもおすすめです。まだ行ったことがない人も、ぜひピュアキッズを満喫してみてくださいね♡
(情報は2018年6月末時点のものです。最新情報は公式HP内でご確認ください)

住所

広島県広島市西区井口明神1丁目16番地の1

アルパーク広島 西棟(天満屋)4F

公式サイト

http://www.nikke-purekids.jp/

営業時間

10:00~19:00(最終入店は18:30まで)

営業日

施設(アルパーク)の休館日に準ずる

<料金>

プラン

 

ベーシックプラン

(時間制)

最初の1時間…500円

30分毎…200円

ピュアキッズフリー

(時間無制限)

1日どれだけ遊んでも

990円

トワイライト

(16時以降)

16時以降どれだけ遊んでも660円

会員カード…年会費315円、1年ごとに更新料として315円が必要
※時期によって遊具の配置や種類が変更となる場合もあります

担当ライター