大型遊具で思いっきり遊べる!富谷ドームランドへ行ってみよう

このサイトを広める

広島市内周辺にお住まいの方の中で「週末、子どもといっしょに遊べる場所へ行きたいな」というママやパパはいませんか?そんな方におすすめなのが「富谷ドームランド」!何時間でも遊べちゃう、その魅力をたっぷりとご紹介しましょう♪

富谷ドームランドってどんなところ?

富谷ドームランドは、広島県内有数の大型複合遊具のある広い公園です。敷地内には、長い滑り台や幼児向けの遊具などさまざまあります。(遊具については後ほど詳しく紹介しますね♪)「富谷ドームランド」と名前にもある通り、ドーム型のオブジェが目印!ドームの中にも遊具があるので、日差しが強い夏の日や小雨がパラパラと降る日でも遊ぶことができそうです。
唐突ですが、ここで富谷ドームランドの住所をご紹介!

住所

広島県福山市芦田町福田276番地-1

上記の通り、富谷ドームランドは福山市にあるんです。広島市内周辺からは、山陽自動車道を経由して約1時間30分で到着します。ちょっとしたドライブに丁度いい、距離と時間ですよね。朝9時に出発しても11時までには到着できるので、早起きしなくても良さそう♪

そして、この富谷ドームランドの魅力はまだまだありますよ!なんと、富谷ドームランドは無料の駐車場を100台以上完備しているんです☆私は日曜日の10時30分ごろに到着しましたが、まだ駐車スペースは残っていました。お昼前や14時ごろに車へ戻ることがあったのですが、そのときも駐車スペースは残っていましたよ。時期によっては混雑するかもしれませんが、駐車スペースがたくさんあるので入れ替わりで駐車できそう。また、駐車場は公園のすぐそばなので、小さい子どもでも公園まで歩いて行けますよ。自動販売機やトイレも完備しているため、とても便利です。
ちなみに、バスの場合は、以下のルートで行くことができます。

JR福山駅前1番バス乗り場「府中行き」または「西廻り油木行き」→『山守』停留所下車、「柞麿行き」に乗り換え→『動物園前』停留所下車

このように、バスの場合は途中乗り換えが必要なので、子ども連れの方は車で行く方が無難かもしれません。

福山市立動物園も徒歩圏内!

実はこの富谷ドームランドは、福山市立動物園に隣接している公園なんです!駐車場は動物園と共有になっており、どちらも遊歩道で繋がっています。そのため、遠方から富谷ドームランドに訪れるファミリーの多くは動物園とセットで楽しむようですよ。

「よし!最初は動物園に行こう。そして、途中退場して富谷ドームランドで遊んでから、また動物園に戻ってこよう」

と思った方がいるかもしれませんが(私だけですかね笑)、福山市立動物園は再入場ができないので、このプランはNGです。動物園と公園の両方を楽しみたい!という方は、どちらを先に行くかしっかりと考えておいてくださいね。我が家の場合は午前中に動物園へ行き、午後から公園へ行きましたよ。我が家がこのプランにしたのは、2歳、6歳の息子たちは公園が大好きで、何時間でも遊んでいられる派だから。きっと動物園を午後にしたら「動物を見るより公園で遊び続けたい!」となってしまっていたので、我が家はこのコースがベストでした。
ちなみに公園は朝から人が多く、午後も14時ごろから増えてきました。「人が少ない時間にいろいろな遊具で遊びたい!」という方は、11時から13時ごろを狙って行ってみてくださいね。
そして、「せっかくなら福山市立動物園も行きたい!」という方へ。動物園の中を少しだけご紹介します。

出典:福山市立動物園公式HP

こちらが園内マップ。ゲートを入ってすぐの場所には、かわいらしいペンギンたちがいます。ここには、ペンギンと背比べできるパネルが!


6歳の息子は「ぼく、エンペラーペンギンよりも大きいよ!」と自慢げに話していました(笑)。


こちらの写真のように、動物が近くで見られる場所も!動物園内の見学ツアーやふれあい体験、エサやり体験などができる日もあるので、詳しくはHPでチェックしてみてくださいね。また園内の至るところに、動物のオブジェや顔出しパネルがあります。


とてもいい記念になるので、ぜひ撮影してみてくださいね。福山市立動物園では、子どもたちに人気のゾウやキリン、ライオンなどにも会えますよ☆程よい広さの動物園なので、「歩き疲れて公園で遊ぶ元気が…」なんてことも起こらないはずです。

住所

広島県福山市芦田町福田276番地-1

電話番号

(084)958-3200

開園時間

9:00~16:30

毎週火曜日(火曜日が祝日の場合、その翌日)、年末年始は休園

入園料

個 人 15歳以上 500円

(中学生以下は無料)

団 体 30名以上 400円/100名以上 350円

公式HP

http://www.fukuyamazoo.jp/index.php

実際に行ってみた!富谷ドームランドの遊具をちょっと紹介します

それでは最後に、富谷ドームランドの遊具をご紹介しましょう。

さすが、広島県内有数の公園だけあって遊具がすごい!中でも気になるのが、中央のドーム部分。さっそく入ってみると…

らせん状の階段が中央にありました。2階部分には外に繋がる通路がいくつもあり、まるで迷路のよう!「ここを進むとどこに出るのかな?」そんな冒険心をかき立てられます。

3階部分にあるのは、トルネード滑り台の入り口。結構な高さがあるので、スリルを味わえるかもしれませんね。6歳の息子はこのトルネード滑り台が気に入ったようす☆「もう1回滑りたい!」と言いながら、何度も何度もらせん階段を上って行きました。他にも、テントのような形の遊具や小さな子どもでも楽しめる遊具がドーム内にありましたよ。ドームはただの飾りや目印ではなく、遊具の一つだということがわかりました。

続いて、こちらのローラー滑り台。ここには映っていませんが、最後はキリンの大きなパネルのお腹の下をくぐるようになっています。なだらかな傾斜になっているので、2歳の息子も怖がらずに楽しめましたよ。親子で楽しめる滑り台なので、行列になるときもありました。「行列が待てそうにないな…」と感じたら、別のところへGO!他にも滑り台はたくさんあるので、時間をズラしてみてくださいね。

こちらの滑り台もスタート地点が高い位置にありますね。6歳ぐらいの子どもなら一人で滑ることができますが、2歳の息子は「怖い…」と言って躊躇しました。小さな子どもが高い滑り台で遊ぶときは、大人といっしょに滑る方がおすすめです。「高い滑り台しかないの?」と思った方、安心してください!

こちらのように、小さな子どもでも楽しめるサイズの滑り台もあります。滑り台の横に大人が立てるので、子どもが一人で滑りたがっても安心ですね。滑り台以外にも

こんな遊具や、

大きな動物のパネルや、

こんな遊具もあります。こちらのパネルでは、「いらっしゃいませー」とお店屋さんごっこを楽しんでいましたよ。富谷ドームランドは、大きな遊具で遊べなくっても十分楽しめます!

年長~小学生の子どもにおすすめなのが、ターザンロープ。シューっと風を切りながら進んでいくのが楽しいですよね。ターザンロープは低学年用と高学年用の全4本あるので、待ち時間も少なめです。

スリルを味わいたいなら、こちらの綱渡りにトライしてみましょう。写真を見てもわかる通り、結構高い位置にある綱なので大人もちょっと怖い…。丈夫なロープで下には落下防止の網も付いているので、安全なんですけどね。それでもやっぱり子どもにとっては勇気がいる遊具なので、綱渡りができたらたくさん褒めてあげましょう☆

福山に行くなら富谷ドームランドで決まり!

福山市にある大型複合遊具がある公園、富谷ドームランド。小さな子どもから大人まで楽しめる魅力的な公園です。また、富谷ドームランドと福山市立動物園の間には大きな池があり、土日祝の晴れた日はサイクルボートで周辺を遊覧することも可能。あなたもぜひ、週末や大型連休に遊びに行ってみてくださいね。

担当ライター