伝統あるひな人形がお出迎え♡備北丘陵公園は2月もイベント目白押し!

この記事をシェアする

寒さ真っ盛りの2月。ずっとおうち遊びばかりだから、たまには子供とおでかけでも…と考えるママもきっと多いはず!そこでおすすめなのが、庄原市にある「備北丘陵公園」のひな祭りイベント!最近では珍しい七段飾りの豪華なひな飾りが見られて、ついでにお外遊びもできるんです。
ここでは、備北丘陵公園のひな祭りイベントの魅力を解説!備北丘陵公園のその他のイベントもご紹介するので、おでかけの参考にしてくださいね♡

三次市伝統の”土人形”も!備北丘陵公園のひな祭りイベント♪

外遊びも楽しめる♪ひな人形を見に行くなら備北丘陵公園がおすすめ!

備北丘陵公園では毎年、2月から4月にかけてひな人形を常時展示しています。
「ひな人形飾り」の会場となるのは、備北丘陵公園の中入口から入ってすぐの場所にある「ひばの里」。その一角にある、昔ながらの古民家を再現した「さとやま屋敷」で、ひな人形を見学することができます。

こちらが、さとやま屋敷に飾られている七段飾り。田舎に来たような味のある建物に、本格的なひな人形がとてもマッチしています♪
最近は、収納できるコンパクトタイプのひな飾りが多いから、このような“日本の伝統的なひな人形”って、子供も見たら驚くかも?ぜひ一度は見せてあげたいですよね!

こうしたひな人形を見られるイベントは、もちろん他にもあります。でも備北丘陵公園の場合は、見終わったあとに敷地内の巨大アスレチックや広場で遊べるのも魅力!
子供にとってはただ人形を見るだけでなく、思いっきりお外遊びもできる楽しい1日になるに違いありません♡

ひな人形飾り・三次人形の展示

開催期間

2021年2月6日(土)~4月4日(日)

時間

2月 9:30~16:30

3月~9:30~17:00

場所

ひばの里 さとやま屋敷

料金

無料

広島ならでは!“三次の土人形”のひな飾りも展示

みなさん、“三次人形”って知ってますか?三次市で伝統的に作られている土人形で、三次市では古くから、初節句のお祝いの贈り物として作られているそう!
備北丘陵公園のひな人形飾りでは、そんな珍しい “三次人形”のひな飾りも展示。コロンとした形の、かわいい三次人形が見られます。子供と一緒に広島の郷土文化を知る、いい機会にもなりそうですね♪

作って楽しむ!和紙でひな人形を折る参加型イベントも♪

ひな人形を見るだけでなく、参加型のイベントももちろんあり!
2月20日(土)・21日(日)23日(火・祝)には、それぞれ「伝承和紙折紙教室」を開催。作り方を教えていただきながら、美しい和紙折紙を使ってひな人形を折ることができます。
工作好きの子は特に、喜んで参加しそう♪

「お内裏様の着物はどっちにする?」などと相談しながら、親子で一緒に作るのも◎出来上がった作品は、もちろん持ち帰って飾ることができます。ひな祭りの、ちょっとした記念になりそうですね。

伝承和紙折紙教室

開催日

2021年2月20日(土)・21日(日)・23日(火・祝)

時間

9:30~16:00(受付は15:00まで)

場所

ひばの里 さとやま屋敷

定員

20組/日

料金

500円~(作品により異なる)

数量限定!ひな菓子と甘酒をいただけるおもてなしイベントも♪

ひな祭りイベントの一環として、2月後半からは「ひな菓子のおもてなし」も開催予定。
“ほとぎ”と呼ばれるひな菓子と甘酒をいただけます。
ちなみに“ほとぎ”とは、もち米で作る甘いお菓子のことで、備北地方では古くから食べられているそう。ひな人形を見て楽しんだあとは、優しい味のお菓子と甘酒で、ちょっと一休みするのもいいですね♪

ひな菓子のおもてなし

開催期間

2021年2月20日(土)~4月4日(日)開園時毎日

時間

2月 9:30~16:30

3月~9:30~17:00

※なくなり次第終了

※甘酒は土日祝のみ、1日限定30杯まで

場所

ひばの里 さとやま屋敷

料金

無料

寒仕込み味噌にひな菓子作り♪ためになる手作りイベントも

備北丘陵公園では、まだまだ他にもいろんなイベントを開催♪なかでも、この時期ならではの面白そうな手作りイベントを2つご紹介しますね。

風味の良さが違う!人気の味噌作り体験♪【終了しました】

ここのところ“菌活”がブームなこともあり、「自分で味噌を作ってみたい!」というママも少なくないのでは?そこでおすすめなのが、備北丘陵公園の「寒仕込み味噌づくり」のイベントです♪

このイベントでは、煮た大豆をつぶすところから、麹と混ぜて容器に詰めるまでを体験。昔ながらの味噌作りを、子供と一緒に学べます。
味噌は気温が低い冬に仕込むことで、発酵が徐々に進み、味にも深みが出るのだとか。作った味噌はもちろん持ち帰りOKで、1年後には、熟成した美味しい味噌としていただくことができるそう♪

寒仕込み味噌づくり

開催日

2021年2月6日(土)・7日(日)【終了しました】

時間

9:30〜16:00(受付は15:00まで)

場所

ひばの里 上の農家

定員

10組/日

料金

1,000円/組

ひな祭りに作りたい♡“ほとぎ”作り体験♪【終了しました】

先ほどご紹介した、備北地方の伝統的なひな菓子“ほとぎ”を、実際に作ることができるイベントも♪しかもほとぎの材料となるもち米には、備北丘陵公園のひばの里で収穫したものが使われるそう!
自分たちで作ったひな菓子は、味も格別なはず。子供と一緒に作り方を覚えて、ひな祭りの日にご家庭で作ってみるのも楽しそうですね♪

ほとぎづくり

開催日

2021年2月13日(土)・14日(日)【終了しました】

時間

9:30〜16:00(受付は15:00まで)

場所

ひばの里 上の農家

定員

10組/日

料金

500円/組

備北丘陵公園に行けば、毎回新たな発見が♪

今回は2月のイベントをメインにご紹介しましたが、備北丘陵公園は、いつ行っても、何度行っても飽きないのが魅力♪

子供が大喜び♡楽しそうなアスレチックが充実!

備北丘陵公園と言えば、子供がのびのびと走り回れる広場はもちろん、楽しそうなアスレチックが多数あることでも知られます。
なかでも「大芝生広場」にある「きゅうの丘」は、小さい子供向けから小学生向けまで、さまざまなタイプのアスレチックが一体化したタイプ。見た途端、子供が目を輝かせること間違いなしです♪

そのほかにも、草すべりができるゲレンデバーベキューコーナーなど、楽しそうなスポットがたくさん!「今日はこことここで遊んで、次来たときはここを見て…」といったように、子連れで何度でも足を運びたくなる場所なんです。

親子で楽しめるワークショップも盛りだくさん!

備北丘陵公園では、今回ご紹介したもの以外にも、さまざまな体験イベントを1年中開催しています。
“わらぞうり”や“ミニホウキ”を手作りする「わら細工体験」や、粘土でコップやお皿を作る「陶芸体験」など、面白そうなワークショップ型のイベントが盛りだくさん!どのイベントも親子で楽しめるし、普段なかなかできないような手作り体験ばかりなので、子供にとっていい経験にもなりますよ♪

今年のひな祭りは備北丘陵公園で楽しもう♪

立派なひな人形を家族で見たり、伝統的なひな菓子作りを体験したり…。備北丘陵公園のひな祭りイベントでは、一度でいろんな体験ができるのが魅力です。もちろんイベントに参加したあとは、広々とした園内で遊ぶのも◎。子供にとっても、「また来年も来たい!」と思えるような、ひな祭りのいい想い出になるはずですよ♪

国営備北丘陵公園

所在地

広島県庄原市三日市町4-10

電話番号

0824-72-7000(備北公園管理センター)

定休日

月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)、年末年始(12月31日~1月1日)

※4月9日~5月5日、7月21日~8月31日及、9月16日~10月16日の月曜日と翌日が休日に当たる月曜日は開園。

開園時間

時期により異なる

※12月26日~2月末日は9:30~16:30

公式サイト

https://www.bihokupark.jp/

関連記事はこちら▼

春のイベントはこちら▼

秋のイベントはこちら▼

冬のイベントはこちら▼

そのほか国営備北丘陵公園の記事はこちら

担当ライター

この記事をシェアする