菓子パンNG!2歳の娘が好きな食パンレシピ3選

このサイトを広める

広島で暮らす我が家の2歳の娘は市販の菓子パンなどをあまり食べてくれません。娘が好むパンといえば食パン一択!ただ、ジャムは好きでない様子。我が家は夫が「朝食はパン派」であるため、娘にもパンを食べてほしい朝があるのです。そんな日の娘の定番食パンレシピを紹介します。

2歳の娘の好むパンは食パンだけ

我が家の娘はごはん派で、朝食にも白米や麦ごはんを好んで食べます。ところが、夫は「朝食はパン派」であるため、ときどき娘も一緒にパンを食べてくれると助かります。

大人の事情で申し訳ないのですが、娘にもパンを食べさせたいと思い、いろいろ市販のパンを買ってはみたのですがあまり好みではないようで食べてくれません。私も夫もパン好きなので広島のパン屋さんへあちこち行きますが、パン屋さんのなかには大人も買いたくなるようなかわいいキャラクター系のパンが売られていることも。娘はキャラクターそっくりのパンなどには興味を示し買いたがるものの、結局は食べずに目で楽しんで終了するので私たち親の口に入ります。

 

食パンが好きなようだけどジャムはだめ

そんな娘が唯一食べるのは食パンです。もちろん、そのままでは食べないので工夫するのですが、いろいろ作った結果、よく食べる食パンレシピは3つのものに定着しました。朝食をパンにする日は、娘に3つのレシピのなかからどれが食べたいか聞いて作るようにしています。

ちなみに娘がNGだったものは、ジャムを塗ったもの、焼いて少しでも茶色く焦げがついたもの、きなこやホイップ系の白い色のクリーム、チーズを乗せて焼いたもの(チーズのみ食べます)、お絵かき系の顔があるものです。

いろいろな種類が食べられると嬉しいんじゃないか、と考えてあれこれ提供してみましたが、娘はお気に入りのものをずっと食べたいタイプなのか、現状に満足しているようです。

では娘のお気に入りの食パンレシピをご紹介します。

チョコスプレッドを塗ったサイコロ食パン

レシピというほどのものではありませんが、チョコスプレッドを塗った食パンはお気に入りのようです。我が家ではこのチョコスプレッドを塗った食パンを「茶色いパン」と呼んでいます。

「茶色いパン!」と娘からリクエストがあれば、袋から出した食パンにすぐにチョコスプレッドを塗ります。トースターであたためるのはNGなようで、トーストしたパンにチョコスプレッドを塗ったときには食べてくれません。

 

形状にもこだわりがある

さらに、食パンは耳を落として一口大に切り、サイコロ状になったものでないと嫌がります。どうやら、食べるときに口の周りにチョコがついてしまうのが嫌なようで、しっかり口に含むことができるくらいの大きさを求めているみたいです。

単純なようで奥が深く(?)、夫が作ると、チョコスプレッドがつきすぎている、または端まで塗れていない、一口大よりも大きすぎるなどの理由で食べてくれないことも。ゆっくりできる朝なら良いのですが、一刻も早く支度を整えて家を出なければならない日に娘の「いや!いらない」は避けたいので、失敗の許されないレシピでもあります。

バターとてんさい糖を乗せた食パン

こちらは我が家で「バターのパン」と呼ばれています。作り方は簡単、まず食パンの耳を落とします。食パンにバターを塗り、てんさい糖を軽く振ったらほんの少しだけトースターで加熱します。バターが黄色く色づいたらすぐに取り出して、娘の食べやすいようにカットして完成です。

バターのパンの場合には形状にこだわりはないらしく、一口大やスティック状に切っても食べてくれます。

我が家では料理にてんさい糖を使っているのでこのパンにも使っていますが、もしご家庭で試される場合にはご自宅にある砂糖をお使いくださいね。

食パンでしっとりフレンチトースト

最後にご紹介するのは、我が家で「たまごのパン」と呼ばれる、いわゆるフレンチトーストです。娘は液がたっぷりしみ込んで少しフニャフニャするくらいの食感のものが好みのようなので、しっかり卵液に浸け込んでつくりたいところなのですが、我が家では卵を節約するため、先に牛乳(豆乳でつくる日もあります。)にしっかり浸しておきます。

まず、食パンを3等分にカットし、パッドなどに注いだ牛乳にしっかり浸け込みます。次に卵を溶いて砂糖を適量加えて混ぜて卵液をつくり、牛乳に浸けておいた食パンを卵液に絡め、フライパンで焼いたら完成です。焼き上がりのときに、フライパンにバターを落としてパンに絡めると香りと焼き色がついておいしさがアップするのでおすすめです。

肝心なのは娘が食べてくるかどうか

娘が好む食パンレシピ3種類はどれも凝ったものではないですが、大事なのは娘が食べてくれるかどうか。パンの名前を大きな声でリクエストしてくれる娘がかわいらしく、せっせとつくっています。

食パンとひとくくりにしても、メーカーやパン屋さんによって味や食感はさまざま。娘が食パンを好むうちは、おいしい食パンを求めてパン屋巡りをしてみるのもいいかなと考えています。もし、この記事を読んでくれたママさんのなかに、お子さんが食パンを食べなくて困っている方がいたら、我が家流の食パンレシピを参考にしてもらえたら嬉しいです。

担当ライター