初節句の記念撮影!GWだし、3世代そろってフォトスタジオで撮影しよう

このサイトを広める

ちょうどGW期間中の子どもの日。転勤族で実家から遠い広島に住んでいる私たち家族は、帰省して初節句のお祝いをすることに!フォトスタジオでの撮影で統一感を出すためのテーマ決めや、たくさんの撮影写真から購入写真を選ぶコツをご紹介します。

男の子の節句!子どもの日とは

5月5日の子どもの日は、「端午(たんご)の節句」とも呼ばれていますね。なんとなく、行事だし鯉のぼりや兜を飾って、写真撮影しようと思っているママも多いかも。でも由来や意味も知っておくと、子どもの日を思い出深い充実したものにできますよ♡

端午の節句って?子どもの日と呼ばれたのはいつから?

端午の節句は、奈良時代に中国から伝わった行事とされています。病気や災いにあわないようにするため、菖蒲をお風呂に入れたり、軒に飾ったりしていたそうです。江戸時代を機に、端午の節句は男の子を祝う行事へと変わっていったんだとか。「子どもの日」と呼ばれるようになったのは、1948年。「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福を願い、母に感謝する日」と定められました。ママもお祝いされていい日だったんですね☆

どんなお祝いをするものなの?

子どもの無事や健康を願い「鯉のぼり」や「兜」を飾ります。食べものは、子孫繁栄の縁起物である「柏餅」、厄除けの「ちまき」を食べましょう。といっても赤ちゃんは食べられないので、代わりに大人たちが赤ちゃんを囲んで食べればOK!
菖蒲湯に浸かるのも子どもの日をお祝いする仕方のひとつです。本物の菖蒲の葉でなくても、入浴剤を使って雰囲気を味わってみても◎ただ、肌の弱い赤ちゃんは避けた方が無難かもしれません。

せっかくなので、フォトスタジオで記念撮影

兜の前や鯉のぼりを背景に記念撮影をするのも、子どもの日にしておきたいことですよね。おじいちゃん・おばあちゃんも招待してお祝いするなら、ぜひ記念に残しておきましょうね。わが家は両実家から離れて広島に住んでいるのですが、子どもの日はGW中。長期休暇なので、初節句は帰省することにしました。

せっかく3世代がそろうので、フォトスタジオで初節句の記念撮影をすることに。たくさんの人に祝ってもらえて、息子も楽しそう(上の娘の方が数倍楽しそうでしたが…)でした。

3世代での撮影は、テーマを決めてラフな感じで

フォトスタジオで行事の記念撮影をするときって、かしこまった服装で撮ることが多いですよね。お宮参りや娘の初節句は、わが家もスーツや着物で撮影しました。でもそんな写真ばかり増えるのもな…と思い、今回はラフな服装で家族写真を撮ることに!

ラフと言っても、服装のカラーやラフ度がバラバラだと記念撮影っぽくはなりませんよね。なので、「青系の服装で統一」というテーマを決めることにしました。ほとんど私の一存で決めましたが、一応家族みんなが似合う色を考慮。さらに季節感があり、爽やかなお祝いに相応しいものにしました。

かしこまった雰囲気のなか、フォトスタジオで撮影すると、赤ちゃんって大泣きすることもあるんです。実際に娘のときは大泣きで、ほぼ泣き顔の写真でした(涙)でも普段通りのラフな感じの撮影なら、子どもも自然な笑顔に♡和やかな雰囲気で撮影することができ、ラフな服装にしてよかったです。

撮影してもらった写真を選ぶポイント!

フォトスタジオで撮影して悩むのが、最後の写真選び!撮影時間以上に時間がかかってしまうことも(汗)プランを店員さんから紹介されて、決められた枚数まで絞るのも大変ですよね。私も娘のときは写真を選びきれず、さらに追加で写真購入してなかなかの金額になりました。そんな反省もあり、わが家でも写真選びにルールを設けています。そのルールがこちら。

  • はじめに決めた購入枚数を守る
  • 娘を含めた3人で、指差し多数決で写真を決定
  • 同じ表情のものを選ばない
  • 家族写真は1枚で十分

赤ちゃんのかわいいな~って思う表情って同じだったりしませんか。「この顔かわいい~」と選んで後で見返したら、ほとんど同じ表情だったなんてことも。そのため笑った顔や怒った顔、泣いた顔を混ぜて選ぶようにしています。

そして選定時間短縮のコツは、複数人で多数決を取ること。フォトスタジオでは、3~4枚写真を見せられ、「このなかでは、どれがいいですか~?」と聞かれます。そこでじっくり選んでいては、時間がかかってしまうんです。そのためわが家では提示された3枚ほどの写真を数秒眺めたら、「せ~の」で気に入った写真に指差しをしています。もし多数決で意見が分かれたら、基本的に娘の意見を優先。でも娘が同じ表情の写真ばかり選んでいたら、「ママはこっちの顔が○○らしいと思うんだけど…」と誘導することもあります。

初節句は3世代そろって記念撮影しよう

子どもの日は毎年訪れるもの。でもはじめての節句は一度きりで、感慨深いものです。ぜひ3世代そろって、フォトスタジオで記念撮影してみてくださいね!
関連記事はこちら▼

担当ライター