妊娠中は体重がオーバーしがち!ご飯が大好きな私の管理方法

普段でも「気が付いたら体重が増えていた!」ということがあると思いますが、妊娠中は特に体重が増えやすくないですか?しかし、妊娠中に体重が増えすぎると色々なリスクがあるのです。分かっているものの、なかなか体重管理ができないという方!何を隠そう私もそうでした。今回は失敗談やどうやって体重管理をしていたのか、私なりの方法をご紹介します。

真夜中のコンビニの誘惑

第1子妊娠中、体重管理が厳しい広島の産婦人科に通っていました。体重が200gオーバーしただけでも注意されていたので、検診前日はお粥生活ということもザラ…。妊娠中期までは検診の間隔が1ヶ月ごとだったので、体重の調整もしやすかったのを覚えています。
しかし、中期を過ぎると2週間、臨月になると1週間おきになり体重の調整をする間もなく検診がやってくるのです!にも関わらず、後期になると「スイーツ(特にあんこ系)」「パン」「白米」が食べたくて食べたくて仕方ありませんでした。
特に夜中になると食べたくなる衝動に駆られ、近くのコンビニへ足を運ぶ日々を送っていました。徒歩1分という便利な場所にあったコンビニ。いつもならありがたい限りなのですが、このときばかりはなぜ誘惑スポットが近くにあるのかと、恨めしく思っていたことを覚えています。

「まあいっか」が招いた体重増加

検診の間隔が狭まるにつれて難しくなっていった体重管理。それでもはじめの頃は頑張っていたのですが、次第に「今回の検診は怒られるだろうけど、次の検診までに調整すればいいよね!」という甘い考えに変わっていきました。私が食べたいと思っていたものは糖質の塊ばかり。そんなものを食べていては、当然体重は増える一方です。相変わらずコンビニの誘惑にも負け続ける日々。
そんな「まあいっか」が積み重なり、2週間で3kg増えたときはさすがに注意では済まず、怒られてしまいました。大人になってから怒られるのって、結構こたえますよね…。先生からは、体重が増えることで妊娠高血圧症候群を引き起こしたり、陣痛が弱くなったりするため、母体だけでなく赤ちゃんに負担をかけてしまうことを説明されました。
恥ずかしい話ですが、そのときようやく「体重が増えることで赤ちゃんの負担になってしまうんだ」と気づいたのです。しかし、厳しい体重管理を残り2~3ヶ月続けていくのは難しいと思い、何とかならないか思案する日々が続きました。

私の対処方法~ご飯編~

ここからは、私がどういった方法で対処をしたのかご紹介します。まずはご飯編。夜ご飯を極端に減らしてしまうと、結局夜中にお腹が空いてコンビニへ行きたくなってしまいます。そこで、取った方法は以下の通りです。

白米を玄米に変える(たまに麦ごはん)

ご飯の量をあまり減らしたくなかったので、料理に使用する食材を工夫することに。まず白米を玄米に変えるという方法ですが、どちらも同じ米なのでエネルギー的には変わりません。しかし、白米よりも噛みごたえがあるのと、食物繊維が白米に比べて6倍も多く含まれているので、満足感があります。最初は玄米の扱い方が面倒だなと思っていましたが、慣れてしまえば問題はありませんでした。(圧力鍋で炊くのが一番モチモチしておいしかったです)玄米に飽きたな…と思い始めたら、麦ごはんも食べていました。白米に大麦を混ぜていたので、いつもと違う食感になってよかったです。

根菜類を食事に入れる

次に根菜類を取り入れるという方法。煮物やスープを作り置きして、毎日食べるようにしました。葉物類に比べて噛みごたえと満腹感が出やすいのと、安いのでとても重宝しました!「野菜を食べている!」という気分にもなれますよ。

ネバネバ食材を取り入れる

最後にネバネバ食材を取り入れるという方法。オクラや納豆、めかぶ、長芋などを食事の最初に食べるようにしました。ネバネバが胃に膜を作り、エネルギーの吸収が抑えられると聞き、実践することにしたのです。劇的な効果があったかどうか分かりませんが、何もしないよりはいい気がしました。

私の対処方法~スイーツ編~

ご飯を色々工夫したところで、甘いものは別腹。ふと食べたい衝動に駆られることもありました。そんなときの、私なりの方法をご紹介します。

低カロリースイーツを選ぶ

コンビニには色々な低カロリースイーツが販売されていることは、皆さんご存知ですよね。その中でも特に0kcalゼリーにはとてもお世話になりました。大容量なのにさらにナタデココも入っているので、小腹も満たせます。もちろん味もおいしいので、普通のゼリーを食べているのと変わりません。少しクリーミーなものが食べたいときは、80kcalアイスを食べていました。普通のアイスに比べると少しあっさりしているように感じますが、十分満足できます!

ときには手作りしてみる

産休に入り暇な毎日を過ごしていたときは、スイーツを手作りすることも。特に重宝した食材が、おから。安価で満足感を得やすいのでおすすめです。ブラウニーにするとおからの風味が薄れて、よりスイーツ感が高まるのでよく作っていました。面倒だけど何か作っておきたいと思ったときは、豆乳寒天や袋の中で揉み込むだけのクッキーなどを量産しました。手作りするときに気を付けていたのが、バターや砂糖を使い過ぎないことと、満腹感を得やすい材料を使うという2点。まずくならないギリギリのラインを見つけるのが難しかったですが、安くて低カロリーのスイーツができたときは達成感がありますよ!

妊娠中の体重管理はストレスをためずゆる~く

体重管理はもちろん大切ですが、頑張り過ぎてストレスをためるのもよくないですよね。今の食生活を少し変えるだけで、体重管理がしやすくなることもあります。上手に体重管理をして、楽しい妊娠生活が送れるといいですね。

担当ライター