広々園庭♪北欧の大型アネビー遊具導入でリニューアル!安佐南区「ほうりん東野幼稚園」の魅力を徹底取材!

この記事をシェアする

広島市安佐南区エリアで幼稚園・保育園を探しているママ必見!安佐南区東野にある「ほうりん東野幼稚園」の園庭が新しくなったのをご存知でしょうか?
ほうりん東野幼稚園はアストラムライン「中筋駅」より徒歩15分の場所にあり、近くには太田川が流れる自然豊かな幼稚園。開放的な園舎や5000冊もの絵本が並ぶ「絵本ひろば」など、子どもたちがのびのび楽しく過ごせる環境が整っています。今回は、そんなほうりん東野幼稚園の魅力とともに、新しくなった園庭についてたっぷりご紹介します。

安佐南区「ほうりん東野幼稚園」ってどんなところ?

まずはほうりん東野幼稚園の概要からご紹介します。

生かされている命を喜ぶ子どもに…♪ほうりん東野幼稚園

ほうりん東野幼稚園1976年(昭和51年)に誕生した歴史ある幼稚園です。広島市安佐南区を中心に11もの幼児教育施設をもつ「法輪学園」が運営しています。

“育ちあう心”を教育方針にかかげ、子どもたちひとりひとりの声に耳を傾けながら、充実した設備のなかで保育を実施。仏教の教えを大切に、生かされている命とその尊さに感謝できる子どもに育てることを目標としています。

また、言語・絵画・造形・音楽・身体活動など、五感をフル活用した保育活動を積極的に実施しているのも特徴です。

手作り給食は40年目♪食育も充実で職員さんたちは「働くママの応援団」

充実した保育環境と、五感をフル活用した活動によって、のびのびと過ごせるほうりん東野幼稚園。しかし、ほうりん東野幼稚園の魅力はそれだけではありません!
それは、ほうりん東野幼稚園の手作り給食。なんと、1984年に手作り給食を始めて以来40年間子どもたちに給食を提供し続けているといいます。これは、子どもたちの喜ぶ顔が見たいという思いはもちろん、ママたちのサポートをしたいという気持ちもこもっているそう。パンやケーキを焼く専門のスタッフもいて、お誕生日会のケーキも手作りというから驚きです。

子どもたちの「やりたい」を引き出す保育環境♪

ほうりん東野幼稚園では、子どもたちのやりたい気持ちを引き出すことを大切にしています。子どもたちがやりたいことをできる、というこんな素敵な環境を作るのもお先生のお仕事!
毎日の自由遊びをはじめ、絵本に親しむ“おはなしタイム”、自分で選んだ遊びをする“るんるんタイム”、外国の先生とかかわりをもつ“ハロータイム”など、楽しい時間がたくさん設けられています。

HP

広い園庭で毎日自由に遊べる♪木造大型総合遊具がついにお披露目!

そんなほうりん東野幼稚園の園庭が大幅リニューアル!「子どもたちが笑顔になるような園生活を…」との思いから誕生した新しい園庭には、スウェーデンから船でやってきた大型遊具が登場したというから見逃せません♪ここからは、新しくなった広い園庭についてたっぷりとご紹介します。

森の中にいるみたい♪大人も遊びたくなるHAGS社製の木造大型総合遊具って?

ほうりん東野幼稚園にドーンと登場したのが、北欧・スウェーデンのヨーロッパ最大級の公園施設メーカー「HAGS(ハグス)社」の遊具!
遊具にはわくわくする仕掛けがいっぱい!滑り台はもちろん、遊具のなかにはおままごと遊びができるキッチンコーナーや、ネットトンネルなどのアスレチックコーナーもたくさん設置されています。見晴らしの良いバルコニーから、園庭全体を見渡すこともできますよ。からだを動かしながら外での遊びをお友だちと一緒にめいっぱい楽しめる、ほうりん東野幼稚園オリジナルで設計された複合遊具なんです。

珍しい遊具にも注目☆さまざまな遊び方ができる「エルシ®」や「ピューマ」

ほうりん東野幼稚園には、大型遊具以外にも珍しい遊具が登場しています。写真は、「エルシ®」と呼ばれる遊具です。
ユニークなデザインで、たくさんの遊びが楽しめます。みんなと一緒にブランコのように乗って揺らしたり、ロープを伝って登ったり…。運動機能向上に必要な感覚を養いながら、無限の遊びを体験できる遊具なんです。

写真は「ピューマ」と呼ばれ、登ったり回ったりしながら身体の使い方を学べる遊具!

姉妹園にある7700平方メートル超えの「ぼうけんの森」で定期的に自然体験もできる!

ほうりん東野幼稚園の園児たちは、姉妹園「ほうりんこころ幼稚園」の裏手にある「ぼうけんの森」に出向いて遊ぶことも!外遊びの一環として、自然と触れ合いながらさまざまな体験ができます。山登りをしたり、アスレチックを楽しんだりはもちろん、いきものや植物と触れ合えるのもぼうけんの森の魅力!
海外から輸入されたおしゃれな遊具で遊べるだけでなく、自然のなかで楽しめるのもほうりん東野幼稚園の魅力なんです。

姉妹園・ほうりんこころ幼稚園についてもっと詳しい内容はこちら▼

好きな遊びを選べる「選べる保育」!ままごと・パズル・絵本コーナーなど園舎も充実!

これまで、ほうりん東野幼稚園の外遊びについてたっぷり紹介してきましたが、園内も子どもたちに必要な設備がたくさん!ここからは、子どもたちが好きな遊びを選べるほうりん東野幼稚園ならではの保育設計から、ランチルームや大ホール、5000冊の「えほんのひろば」などの充実の設備についてご紹介します。

自分の好きな遊びを選ぶことで自信に繋がる!選べる保育

ほうりん東野幼稚園では、日々の保育時間のなかで自分がやりたいことを選択できる「選べる保育」という活動を行っています。

子どもたちが毎日遊ぶ空間は、“ままごとコーナー”“パズルコーナー”“絵本コーナー”“製作コーナー”などに分かれており、それぞれ好きなことを選んで過ごせるように工夫されています。

さらに、子どもの成長段階に合わせて道具や用具を選ぶ“熟練度別保育”、大きなテーマを基準に学び方を選択し体験する“テーマ別順序性保育”などたくさんの選択肢が用意されているんです。
集団生活のなかでも自分の“やりたい”という思いを大切にして、さらに自信をもって行動できるような保育が積極的に行われています。

大ホールにランチルーム!?5000冊のえほんのひろばなど

選べる保育を可能にしているのは、充実した園舎があるから!最後に、ほうりん東野幼稚園の設備について見ていきましょう。

写真は、「あみださまホール」と呼ばれる大きな保育室です。あみださまホールは、入園式進級式誕生日会など楽しいイベントの場!大きな窓からは太田川が見渡せるため、開放感もたっぷりです。園舎のなかでも自然を感じながらのびのび過ごせる工夫がされています。

「ランチルーム」は“食べる”だけでなく、“作る”体験もできる貴重なスペース!クッキング体験を行うなど、食育の場としても活用されています。

子どもたちから大人気の「えほんのひろば」には、なんと5000冊もの本があり、子どもたちからも大人気なのだとか。友だちと大好きな絵本を見せ合いながら有意義な時間が過ごせる場所です。

外でも中でも充実した時間が過ごせるほうりん東野幼稚園!気になるママは園庭開放へ♪

ほうりん東野幼稚園では。園庭開放育児相談などの子育て支援も行っています。子どもたちが集う場所としてはもちろん、ママたちの交流の場にもなっていますよ。気になるママはぜひ気軽に「ほうりん東野幼稚園」に足を運んでくださいね。

【ほうりん東野幼稚園】

住所

広島市安佐南区東野3‐3‐23

電話

082-879-8042

公式HP

https://www.horin-gakuen.jp/higashino/

公式Instagram

https://www.instagram.com/horinhigashino/

担当ライター

この記事をシェアする