アレルギー科併設の小児科を広島市安佐南区で発見♪院長先生にインタビュー!

この記事をシェアする

子どもの病院選びって本当に大変ですよね。特に花粉症や食物アレルギーが出たときは、どこに連れて行けばいいの?と困ることも…。そんな悩めるママたち、広島に小児科とアレルギー科を持つクリニックがあるのを知っていますか?
それが広島市安佐南区にある「ひだまりこどもアレルギー科クリニック」なんです。そこで、今回は、どんな病院なのかpikabu編集部がお話を聞きに行ってみました♪

広島市安佐南区にある「ひだまりこどもアレルギー科クリニック」ってどんな病院?

子供のワクチン接種や定期健診、アレルギー相談OK!

広島市安佐南区の「祇園クリニックビル」2階「ひだまりこどもアレルギー科クリニック」は、ファミリー層にも人気のショッピングモール「イオンモール広島祇園」近くにあります。

ひだまりこどもアレルギー科クリニックは、2020年10月にオープン一周年を迎えたばかり。病院内は、子どもたちがリラックスできるよう、カラフルでかわいらしいインテリアでコーディネートされています。

待合室の奥には、テレビやおもちゃが置かれたキッズスペースが。診察の順番が来るまで、子どもが退屈せず待てそうですね♪

トイレには、子ども用便座おむつ替えシートが用意されています。

広々授乳室も完備。赤ちゃん連れのママにうれしいですね。

クリニック内を見渡すと、あちこちにいろいろな動物が隠れていますよ♪
子どもと一緒に探すのも楽しそうです。

小児科&アレルギー専門医の院長先生。子どものこと、なんでも相談できる♪

「小児科専門医」「アレルギー専門医」として、子どものさまざまな疾患に長く対応してこられた経験を持つ平田先生。そのため、ひだまりこどもアレルギー科クリニックの診療科目は、

①     小児科

・発熱、鼻汁、咳、下痢、嘔吐など感染症による体調不良

・離乳食の進め方、身長の伸び、夜尿症、便秘など子どもの発達相談

・乳幼児健診

・予防接種

②アレルギー科

・食物アレルギー

・花粉症

・アトピー性皮膚炎

・気管支喘息

と多岐にわたります。定期健診だけでなく、何か子どもの体調や成長に不安を感じたときも、気軽に相談してみましょう。

ひだまりこどもアレルギー科クリニックは、アレルギー疾患への治療法が充実しているそう。また「平田先生の人柄が優しい」と広島ママに評判です。
スタッフのみなさんも、とっても親しみやすくて優しい人ばかり。病院独特の空気感が苦手…というママ&子どもも行きやすい、温かな雰囲気が魅力です♡

食物アレルギーの「経口負荷試験」を実施!「舌下免疫療法」も

「食物経口負荷試験」ってどんな検査?

▲ひだまりこどもアレルギー科クリニックの経口負荷試験方法

食物アレルギーといえば、これまでは症状や血液検査の結果から除去食で対応するのが一般的でした。しかし、現在は正しい診断に基づいた「必要最小限の原因食物の除去」が勧められており、「食物経口負荷試験」での確認が重要視されています。

食物経口負荷試験とは

アレルギーのある(疑われる)食物を摂取して症状の有無を確認する検査。どのくらいの量、どのような形態であれば摂取できるかを判断できます。慎重に行う必要があり、症状出現時に迅速に対応できる経験と体制整備が必要です。

食物経口負荷試験は、一般の小児科ではあまり行われていない検査です。そのため、アレルギー治療のために遠方から訪れる人もいるのだとか。子どものアレルギーはできるだけ、小さい頃に改善してあげたいもの。広島にアレルギー治療で受診できるクリニックがあると、とても心強いですね。

※初めてアレルギー治療で診察するときは、ゆっくり説明する時間をとれないことがあるそうなので事前に予約しておきましょう。

大人も一緒に治療を受けられる!「舌下免疫療法」

「ひだまりこどもアレルギー科クリニック」では、スギ花粉ダニアレルギーの治療として「舌下免疫療法」を実施しています。
舌下免疫療法とは、体をアレルゲン(アレルギーの原因物質)に慣らしていく「アレルゲン免疫療法」のひとつで、毎日治療薬を舌の下に投与するだけ。自宅で継続できますが、3~5年続ける必要があります。
小学生以上推奨ですが、途中で薬を飲み込まないように1分間我慢できるなら、未就学児でもOK。ダニアレルギーの場合は通年治療ができますが、スギ花粉に対する治療の場合は、スギ花粉の飛散していない6~12月に治療を開始します。

院長先生に直撃インタビュー♪心掛けているのは気軽に相談できる雰囲気づくり♡

気さくで話しやすいと人気!院長の平田先生を紹介

院長の平田修先生に、診察時に心掛けていることを伺ってみました!

「子どもさんも、ママやパパにも、気になっていることを何でも気軽に聞いてもらえる雰囲気づくりを心掛けています。」
だから「フレンドリーで、とっても話しやすい」と、子どもたちはもちろん、ママパパから親しまれているんですね。

「子どもって急に熱を出したりするから、初めてのお子さんだとママやパパはどうすれば良いのか判断に迷いますよね。発熱時の対応や、水分補給の方法、解熱剤を使うタイミングなど、その都度細かくアドバイスしています。」

そうなんです。不安でいっぱいだから、先生に診てもらって安心したいんです!このように考えてくれている平田先生ならどんな些細なことでも相談しやすいですね。

一人ひとりに合わせた治療プランを作成!家庭でのケア方法もレクチャー

ひだまりこどもアレルギー科クリニックでは、アレルギー治療を行う際に、最新の診療ガイドラインに基づいて、子ども一人ひとりに“治療プラン”を考えてくれます。

「アレルギーって、ふだんの暮らしの中でどういう対処をすれば良いのか、これからどうなっていくのか、親御さんはとても不安ですよね。だから、お子さんに対して気をつけること、治療プランなどを、できるだけ目で見て分かるように工夫しています。」

▲治療プランの一例(ステロイド剤を使ったスキンケア)

このプランのように「状態はよくなっているの?」と不安でいっぱいのママに答えられるよう、アトピー性皮膚炎では治療プロセスを1~7のステップに分けて説明してくれるそう。これなら確認しやすいですね!

「特にアトピー性皮膚炎の治療に使うステロイド剤は、“こわい薬なんでしょう?”というイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。」
「そういうとき、ステロイドが必要な理由や副作用、おおまかな治療プランをお見せして、『ステップごとにステロイドを減らしていく』ことをご説明しています。お家で普段からできるスキンケア方法も、詳しくアドバイスしていますよ。」

平田先生の言葉の端々に、ママや子ども目線に立って考えてくれていることが分かります♪平田先生の心配事を気軽に相談できる雰囲気作り、とっても素敵です!

子供の病気やアレルギーで悩むママの味方♪温かな雰囲気が素敵な広島のクリニック

アレルギー治療できる小児科があれば、小さい頃から治療を始められますよね。温かで穏やかな雰囲気のひだまりこどもアレルギー科クリニックは、どんな些細なことでも気軽に質問しやすいですよ。
子どものかかりつけ医を探している&アレルギーでお悩みの広島ママは、広島市安佐南区にある、ひだまりこどもアレルギー科クリニックに相談してみてくださいね♡

ひだまりこどもアレルギー科クリニック

所在地

広島市安佐南区祇園5丁目2-45-204(祇園クリニックビル)

電話番号

082-832-3300

休診日

水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

駐車場

47台

公式サイト

http://www.hidamari-kcl.com/

Web予約

https://hidamari-kcl.mdja.jp/

診療時間

 

9:00~12:00

14:00~15:00

予防接種・乳幼児健診

予防接種・乳幼児健診

15:00~18:00

▲…9:00~13:00
■…14:00~16:00予防接種・乳幼児健診、16:00~18:00一般診療

 

担当ライター

この記事をシェアする