マンション購入のポイントと広島のおすすめデベロッパー5選

この記事をシェアする

そろそろマイホームが欲しいなと思ったとき、まず考えるのは戸建てにするか、マンションにするかで悩みませんか?戸建てもマンションもそれぞれメリット、デメリットを知っておく必要があります。その上で、自分たちにぴったりのマイホームを購入しましょう!今回は、マンションにスポットを当ててみました。広島でマンションの購入を考えている方必見!マンションの種類や選び方のポイント、広島のおすすめマンションデベロッパーについてご紹介します。

マンション購入に悩んでいる人必見!タイプと選ぶポイントを解説

マンション購入を検討している方に、知っておいてもらいたいポイントをまとめてみました。

マンションと戸建てのメリット・デメリット

出典:photoAC

マンションのメリット・デメリット

メリット

マンションは立地の良い場所に建設されることが多いため、利便性に優れているのが特徴です。マンションは駅が近かったり、病院や商業施設が近かったりします。また、管理人常駐の物件や防犯カメラやオートロックなど、セキュリティ面がしっかりしているので安心して暮らせるでしょう。他にも日当たりが確保されていたり、共有部分の管理がされていたりと快適な生活を送れるでしょう。物件によっては、キッズルームやフィットネスクラブなどの共有施設が利用できます。

デメリット

マンションは管理がしっかりされている分、毎月管理費や修繕積立金を払う必要があります。駐車場代金が別途必要の物件の場合は、その分月々の出費にプラスされます。金銭面に負担がかかることがデメリットといえるでしょう。また、戸建てに比べると狭さを感じたり、集合住宅なので隣近所への配慮が必要だったりします。

戸建てのメリット・デメリット

メリット

戸建てのメリットは、独立した建物なので、隣近所に対する騒音や振動を気にする必要が少ないということ。例えば、小さな子供が家の中を走り回っても、下の階に響いてトラブルになるという心配はありません。また、マンションに比べて家の中が広かったり、庭スペースがとれたりもするので、のびのびと生活できます。敷地内に駐車スペースも確保できるので、駐車場代を払う必要もありません。

デメリット

戸建てのデメリットは、修繕が必要になったときにまとまったお金が必要になること。マンションのように管理してくれる人がいないので、自分たちで維持管理をしていかなければなりません。防犯面も自分たちで管理する必要があります。また、戸建ては閑静な住宅地に建設する場合は多いため、利便性が良さでいうとマンションに劣る可能性も。

マンションのタイプは新築分譲それとも中古?

出典:photoAC

マンションの購入を考えたときに、新築分譲または中古か悩みませんか?新築分譲マンションの魅力は、資産価値が高く、最新のデザインや設備などが使用されていること。また、住宅ローン減税などの優遇が受けやすいのも特徴です。一方、中古マンションの魅力は、現状況をみて判断できたり、自分好みにリフォームできたりと自由度が高めなこと。また、立地条件の良い物件を比較的安い値段で購入できるのも魅力です。

マンション購入の注意点と選び方のポイント

マンション購入する前にまずは、資産価値が下がりにくい物件なのか、災害リスクが低い物件なのか、最低限チェックしておきましょう。マンションの周辺環境をあらかじめの確認をおすすめします。例えば、中古マンションの購入を検討するなら、共有部分がきれいに管理されているかどうか、どんな住人が住んでいるかを事前にチェックできます。購入後に後悔しないためにも、納得がいくまで確認しましょう。

小規模マンションからタワーマンションの規模の違いによる特徴とは

マンションにはさまざまな種類があります。規模の違いについてまとめてみました。

静かな環境で暮らしたいなら小規模マンション

出典:photoAC

一般的に100戸未満を小規模マンションと言います。また、小規模マンションには中高層型と低層型の2種類あるのが特徴です。中高層型は、ワンフロアの戸数が少なく、駅に近いなど立地条件が良い場所に建設されます。一方、低層型は閑静な住宅街などに建設されている場合が多いので、落ち着いた環境で過ごしたいという方におすすめです。

さまざまな世帯が集まる大規模マンション

出典:photoAC

マンション内の戸数が100戸以上で、なおかつタワー型ではないもののことを大規模マンションと言います。郊外でよくみられるのが、広い敷地内に複数の棟が建設される多棟型マンションです。ファミリー世帯からシニア世帯まで幅広い世代が集まります。ひと世帯あたりの管理費の負担が比較的少なめに設定されていたり、管理人が常駐していたりなど、安心して暮らせる工夫が比較的多く採用されています。

高級といえばタワーマンション

出典:photoAC

マンション内の戸数が100戸以上、なおかつ20階以上で建設されたマンションをタワーマンションと言います。駅近や再開発エリアに建設されることが多く、住居用としてだけではなく、オフィスや商業用店舗が入っているパターンも多いです。また、マンションの規模にもよりますが、コンシェルジュサービスやゲストルームなどを使用できるところもあります。比較的高待遇のサービスが充実していることから、高級マンションといえるでしょう。

広島の大手マンションデベロッパー5選

デベロッパーとは土地開発業者のことで、一般的に大手デベロッパーによって建てられたマンションは安心とされています。そこで、広島で有名な大手デベロッパーをピックアップしてみました。マンションを購入する際の参考にしてみてくださいね。

利便性にこだわった住友不動産のシティハウス

出典:住友不動産公式HP

『住友不動産』が手がける「シティハウス」シリーズは、ハイクオリティな都市型集合住宅。駅近などの周辺環境の利便性にこだわりを見せています。シティハウスは、住友不動産を代表するマンションシリーズです。
首都圏に多く建てられているシティハウスシリーズですが、広島でも建築実績があるようです。

会社名

住友不動産株式会社

公式HP

http://www.sumitomo-rd.co.jp/

ライオンがお出迎え!大京のライオンズマンション

出典:大京公式HP

『大京』が手がける「ライオンズマンション」は、暮らす人の目線にたち、快適な生活を実現するデザインを取り入れています。また、耐久性や安全性などにも力を入れ、引き渡し後のサポートも充実!
広島では「ライオンズ広島リバーゲート」が中区の千田町エリアに新築分譲マンションが誕生します。中区初のZEH-M(ゼッチマンション)として注目を集めているそうです。

会社名

大京

公式HP

https://lions-mansion.jp/

品質デザイン性の高さが魅力!三井不動産レジデンシャルのパークホームズ

出典:三井不動産レジデンシャル公式HP

『三井不動産レジデンシャル』が手がける「パークホームズ」は、最も多く提供されている都市住居型のマンションシリーズです。パークホームズの魅力は、品質やデザイン性の高さです。また、独自の厳しい基準で建築しているため、安心安全を提供してくれます。広島でも新築、中古にかかわらず三井不動産レジデンシャルのマンションは人気のようです。
広島では、「パークホームズ横川三篠町」など、利便性の高い場所にマンションを建築しています。

会社名 三井不動産レジデンシャル
公式HP https://www.mfr.co.jp/?_fsi=QekX3gGH

広島発祥のマンションデベロッパー!マリモのポレスター

出典:marimo公式HP

『marimo(マリモ)』は、広島に本社をかまえ、全国にマンションを提供するマンションデベロッパーです。マリモが手がける分譲マンションブランド「ポレスター」は、設計事務所としてスタートしたマリモのこだわりが詰まったマンション。他にもワンランク上のブランド「GLADIS(グラディス)」やコンパクトながらも住みやすい設計の「SOLTIA(ソルティア)」などがあります。広島では、「ポレスター大町プレミア」や「ポレスター井口明神」などの物件情報があるようです。

会社名

株式会社マリモ

公式HP

https://www.polestar-m.jp/

引き渡し後のサービスも充実!三菱地所レジデンスのザ・パークハウス

出典:三菱地所レジデンス公式HP

『三菱地所レジデンス』の「ザ・パークハウス」シリーズは、立地選びからこだわり、安心と安全な品質を提供してくれます。また、引き渡し後のサービスにも力を入れているそうです。長く暮らしていくために必要な暮らしの品質を妥協せず、追及し続けることをコンセプトにしています。
広島では、「ザ・パークハウス広島平和公園」、「ザ・パークハウス牛田本町ほおずき通り」などを手がけています。

会社名

三菱地所レジデンス

公式HP

https://www.mec-r.com/

大手デベロッパーのマンションは安心安全サービスも充実

マンション購入を考えたときに「SUUMO(スーモ)」などの情報サイトを参考にするのではないでしょうか?情報サイトにはさまざまなマンションが掲載されていますが、ぜひ大手デベロッパーが手がけるマンションを探してみてください。安心安全な品質や設計、サービス、デザイン性の高いものを提供してくれます。素敵なマイホームを見つける参考にしてみてくださいね。

担当ライター

この記事をシェアする