映画デビューにおすすめ!広島バルト11の「ひよこシアター」♡

「子どもって何歳から映画館に行けるんだろう…?」と疑問に思うことありませんか?「映画館は暗くて大きな音が鳴るし、子どもが泣き出したら即退室だよね…。」と、子どもがある程度大きくなるまでは映画館を避けようと考えるママもいるかもしれません。
今回紹介するのはそんなママたちの不安を吹き飛ばす、広島バルト11で行われる「ひよこシアター」です。今回は3歳の娘と1歳10ヶ月の息子と実際に訪れてみました!もちろん息子はドキドキの映画館デビュー☆体験談と併せて詳しくご紹介します!

広島バルト11について

ひよこシアターの紹介に入る前に、広島バルト11についておさらいしましょう。
広島バルト11は、イオンモール広島府中の4階にある映画館です。中四国地方で最大と言われるほどのシネマコンプレックス!全11スクリーン、全1,761席を誇る圧巻のスケールです。

料金について

一般

1,800円

高校生・大学生・専門学生

(要学生証)

1,500円

中学生・小人(3歳以上)

※映画によっては2歳以上

1,000円

障がい者手帳をお持ちの方・

お付添いの方1名様

1,000円

1,000円

※一部抜粋

割引システム

ファーストデー

(※12月を除く毎月1日)

1,100円

映画の日(12月1日)

1,000円

レディースデー(女性限定/毎週水曜日)

1,100円

シニア(60歳以上の方)

1,100円

夫婦50割引

(夫婦のどちらかが50歳以上。

夫婦で同一上映回を鑑賞する場合)

2人で2,200円

夫婦の日(毎月22日)

※夫婦で同一上映回を鑑賞する場合

2人で2,200円

レイトショー(毎日20時30分以降上映開始作品)

1,300円

チケットの購入方法

チケットは、バルト11内のチケット販売機でも購入できますし、WEBからも購入できます。
WEBの場合は、「KINEZO Web」から事前に席を取ることも可能なので、当日慌てて行く必要がありません。支払いも現金かクレジットカードが選択できます!
当日チケットカウンターで購入する場合は、自動発券システムから見たい映画や席を選択して購入しましょう。自動発券システムの隣にはスタッフがいるカウンターも用意されているため、システムが分からないときは気軽に相談してみてくださいね♪

そもそもひよこシアターって何?

さて、本題であるひよこシアターについて紹介していきますね!ひよこシアターとは、「おはよう!ひよこシアター」と呼ばれる、子どもの映画館デビューを応援してくれている企画です。
特徴として、

・音量は通常よりも小さめ
・場内は通常よりも明るめ
・シアター内の席の近くまでベビーカーの持ち込み可

が挙げられます。さらに、子どもが泣いてしまっても”お互い様♡”。パパやママも安心して映画を楽しむことができるのです。
しかし、ひよこシアターは全映画で開催されているわけではありません。子ども向けの映画が一部対象になるようです。過去にひよこシアターの対象となった映画は

・しまじろう
・アンパンマン
・ドラえもん
・ひつじのショーン
・クレヨンしんちゃん
・プリキュア
・劇場版ウルトラマン

※一部抜粋
ただし、こちらの映画が毎回必ずひよこシアター対象になるわけではないので、必ず事前に公式HPで確認してくださいね☆

実際に子どもを連れてひよこシアターに行ってきました!

ここからは実際の体験談ベースとしてお伝えしていきます☆

今回見たのは「アンパンマン」です!3歳の娘と1歳10ヶ月の息子と共に家族4人で訪れました♪
ちなみに1歳10ヶ月の息子は、映画館デビュー!普段から暗いところや大きな音が苦手な小心者なので、親もドキドキでした…。

ポップコーンを買おう!

はじめに定番のポップコーンを購入することに♪

たくさんのメニューがあって悩んでしまいますよね☆子どもたちも大興奮!!
この日はペアセットL(ポップコーンL+ドリンクRを2個)を4人でシェアしました。

こちらがペアセットLです!この迫力、お分かりいただけますでしょうか…?(笑)かなりボリューム満点です!!

入場~映画開始まで

ポップコーンを買ったところで、中に入ります。映画の半券を渡すと、子どもたちはスタッフのお姉さんからアンパンマンのタンバリンをもらいました!(こちらについては後程詳しく触れますね♡)

今回は4番シアターです!番号が見えにくいですが、私たち家族はD列の7,8,9番席を取りました(息子は2歳未満なので膝の上鑑賞です♪)。

入口付近には、子ども専用のクッションが用意されています!これで後ろの方の席になっても「見えない~!」と子どもが騒ぎ出すこともありませんね☆
シアター内が寒く感じる方の為に劇場では無料でブランケットの貸出も行っているそうです。近くにいるスタッフに声をかけてみてください♪

中に入ると1番のりでした☆
手前に見える赤いシートは「ペアシート」と言って席の区切りがない席です。今回は、もう売り切れていましたが、子どもと一緒に見る際はペアシートが座りやすいだろうな~と感じました!

トイレは?おむつ替えスペースは?

上映開始前にトイレへ!4番シアターを出たすぐの場所には「多目的トイレ」がありました。おむつ替えシートもあるようです。

女子トイレもすぐ近くにあります!娘が思わず「きれいなトイレ~」というほど、清掃が行き届いている清潔なトイレでした☆

いよいよ上映開始!!

さぁ!いよいよ上映開始です(写真は、上映前のものですが…笑)
明るさは、「うす暗い」印象。明るいと言っても映画を流すのである程度は暗くなります。でも周りが見渡せて、子どもの顔や周りの様子がハッキリと見えるくらいのうす暗さ!これなら暗いところが怖い息子も怖がりません。
音も同じく映画なので多少大きいですが、子どもがビクッとすることのない大きさ。近くの子どもが「うぇ~ん」と泣いていましたが、泣き声が気にならないくらいのトーンでしたよ☆こちらも、小心者息子が気にしていないほどでした!

ちなみに、周りには息子よりも小さなお子さんもチラホラ見かけました。ママの抱っこ紐の中にいる子や、パパの膝の上で見ている子などさまざま。
途中で泣き出してしまいましたが、もちろん嫌な目で見る人はいません。ママが席を立って横のスペースであやしながら見ていましたよ♪当たり前ですが、ひよこシアターに来ている人はみんな子連れ。”お互い様精神”があり、大人も安心して過ごせるなと感じました。

映画の内容は?

アンパンマンの映画は、1時間ちょっとの長さ。その中に何曲か子どもたちの知っている音楽が流れます。しかもひらがなの字幕つき!みんなで歌ってもいいんです♪
さらに、入口で配られたタンバリンがスクリーン内にも出てきます。娘も「あ!これ一緒だ!!」と言いながら嬉しそうにタンバリンを鳴らしていました。これも子どもたちが飽きない工夫ですよね!
ちなみに1歳10ヶ月の息子は40分ほどで飽きてしまった様子(笑)そこからひたすらタンバリンで遊んでいました。それでも映画デビューにしては上出来だと思います!

ちなみに3歳の娘は2歳半のときに、しまじろうのひよこシアターで映画デビュー!

しまじろうの映画では、写真のように紙でできたメガホンが配られました。しまじろうのかけ声に合わせて、このメガホンで魔法をかけたり「しまじろう頑張れ~」と声援を送ったりして楽しみます♪
しまじろうでは、映画の中盤で「トイレ休憩」の時間が約6分設けられていました。おむつが外れたばかりでも安心ですね!

このように同じ「ひよこシアター」でも、参加型だったりトイレ休憩が設けられていたりと、映画の内容によってさまざまなようです。見たい映画の公式サイトを見ると詳しい情報が載っているため、事前に確認することをおすすめします☆

大満足な映画館デビュー♡

我が子は2人とも広島バルト11のひよこシアターで映画デビューしました。2人とも映画が終わったあとは「楽しかった!」とご満悦♪親としても「ヒヤヒヤした~」ということはありませんでした。
子どもにやさしい工夫がたくさんされている「ひよこシアター」☆映画館デビューにおすすめです!ぜひ「ひよこシアター」を試してみてくださいね♪

住所

広島県安芸郡府中町大須2-1-1

イオンモール広島府中 4F

電話番号

082-561-0600

公式サイト

http://kinezo.jp/pc/wald11

営業時間

9:00~24:00

※映画の内容により異なる

担当ライター