小さい子どもも楽しめるファミリープールは魅力がいっぱい!

この記事をシェアする

夏の遊びと言えば海やプールなどの水遊びですよね。わが家の子ども2人も水遊びが大好きなので夏はプールに連れて行きます。広島でプールと言えばファミリープール!まだ行ったことない人、行ってみたい人に向けてわが家の楽しみ方を紹介します。

息子は1歳なりたてでプールデビュー!

広島市基町にあるファミリープールは公営のプールで、1979年に開園し、開園40年を迎えます。(2019年4月現在)。私も小さい頃、夏休みに親に連れて行ってもらったのを思い出します。今は自分が親になり、子どもを連れて行っていると思うと感慨深いです。

わが家が家族でプールデビューしたのは、娘が2歳、息子が1歳なりたてのときでした。息子がしっかり立てて、歩けるようになったのでちょっと行ってみようか!という軽いノリで行くことに。子どものときに行っていたプールだったので、園内の様子はわかっていることもあり、懐かしいな~きっと楽しいだろうな~とワクワクした気持ちでプールに向かいました。

小さい子どもと楽しむコツや注意点とは。

ファミリープールはその名の通り、家族で楽しめるプール。小さい子が行っても大丈夫なように、深さ25cmから40cmの浅めの子ども用のプールがあります。プールの中にすべり台もあり、小さな子どもから小学生くらいまで、喜んですべっているのを見かけます。

初めて行ったときは息子がまだ1歳だったこともあり、この子ども用プール中心で遊びました。浅いので座ってパチャパチャしたり、浮き輪に入れて浮かせてみたりすると子どもも大喜び!すべり台は2歳の娘でも1人ですべることが怖かったみたいなので、大人と一緒にすべりました。園内には流れるプール、普通のプールなどもありますが、子ども用プールでずっと遊んでいました。あるとき、足をすべらせ、後ろに転倒した娘。浅いプールにも関わらず起き上がれない姿を見て、驚いてすぐに抱き起こしました。目の前で起きた出来事だったのですぐに助けて無事でしたが、ちょっとでも目を離していたらと思うとぞっとしたのを覚えています。この日、下の子も同じようなことがあったようですが、夫がちゃんと見ていたので無事でした。小さい子どもとプールや海に行くときは、子ども1人に大人1人が付いていたほうが良いかもしれません。水場では子どもに付きっきりになり、目を離さないようにするのが大事だと心から思いました。それからは家庭内での入浴のときも注意して子どもを見るようになりました。

初めてのプール体験はトラブルがあったものの、子どもたちは楽しめた様子で大成功!でも数時間遊んで疲れた様子だったので開園と同時の朝9時に行き、12時には帰ることに。

次にファミリープールに行ったのは2年後でしたが、子どもたちも大きくなったことで、もっと長い時間いろんなプールで楽しめて成長を感じられました。

朝がいい?昼からがいい?ファミリープール攻略法

初めてファミリープールに行ったときは、友人からのアドバイスで「日陰の場所をとりたいなら開園同時に入るのがいいよ!」と言われていたので開園10分前に到着しました。するともう30~40人ほど並んでいます。ファミリープールの園内にあちこちに日よけテント、パラソルが置かれていますが、来園客が多いと日陰の場所が取れないこともあるとか。私達は朝から入園したことで、無事にパラソルの下を確保できました。場所とりをするなら、メインで遊ぶプールに近い場所が便利かもしれません。もし昼から行く場合でも、朝早く来た人たちが帰るので、タイミングが合えばテントは取れるので、必ずしも朝イチに行く必要はありません。午後6時まで営業しているので、4時くらいから行くのも、混雑も緩和されているし、暑さも多少和らいでいるのでアリだと思います。

園内には売店があり、うどん、おむすび、ポテト、かき氷などを食べることができますが、お弁当や飲み物を持っていくのも良いでしょう。簡易的なテントを持ち込んでいるファミリーもいて、おのおの好きなように楽しめます。浮き輪のレンタルもありますが、有料なので自宅にあるようなら持参すると節約になりますよ。専用駐車場がないので、車で行くときは駐車料金がかかりますが、駐車場は周辺にたくさんあります。公共交通機関で行く場合も、バス、アストラムライン、市内電車で行くことができ、降りてから徒歩で行ける距離なのでアクセスの良さも魅力です。

子ども向けのプールだから安心して楽しめる!

ファミリープールは監視もしっかりしていて、危険な行為をしている人に監視員がその都度注意をしています。数時間に1回、プールから全員上がるよう指示され、溺れている人がいないかどうかの確認もし、ちゃんと見てくれている印象があります。公営ということもあり、大人780円(2019年4月現在)で入園でき、未就学児は無料なのも嬉しい!夏の思い出作りに、家族で楽しめるファミリープールに行ってみてはいかがですか?

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする