双子出産の産婦人科どこにしよう?迷走した私の産院選び

このサイトを広める

妊娠が分かるとそのときから始まる「産婦人科選び」。人気の高い産院だと、なんと妊娠8週目時点で予約しても満床だというのだから、驚きです!
私の子どもは双子。そのため双子の分娩が可能な病院で出産予約をしなければなりませんでした。結局広島県外の産院を選びましたが、当時の産院選びの迷走っぷりを、今回はみなさまにお伝えしようと思います。

妊娠14週で双子が判明!

妊娠11週で出産が分かり、私は当時広島市内で人気の個人産院に通っていました。もちろん出産も同じ産院で行うつもりで、のんびりと妊娠生活を送っています。
この個人産院は人気なだけあって、出産入院中は豪華な料理が出てきたり、希望者はエステも受けられたりするのだそう。「出産は痛そうで怖いけど、入院は楽しみだな~♪」とのんきな私。

そして14週に入ったころ、妊婦健診に向かいました。そこで先生から伝えられた言葉は、
「おめでとうございます!双子です。そして大変申し訳ないのですが、うちの産院は双子出産ができません」
だったのです。
個人産院って双子出産できないの!?これは人生の中でもトップクラスに入るほどの衝撃でした…。

出産する産婦人科…どうする?

私の通っていた個人産院では、出産はできないけれど妊婦健診だけは行ってくれるそう。けれども、先生曰く「双子を診慣れた産科医のところで健診することをおすすめしますよ」とのこと。
とにかく、私の産婦人科選びは振り出しに戻ったのです。まずはネットで情報収集をし、出産する産婦人科を決定します。

迷走その1 先生のアドバイス通り妊婦健診をする病院を変更

そのまま通っていた個人産院でもよいのですが、やはり先生のアドバイスが心のどこかで引っかかります。双子は胎児が2人お腹に入っているため、リスクも2倍。しっかりとお腹の双子を健診では診てほしかったのと、双子に関する質問がしやすそう、という観点から、やはり個人産院から転院することを決めました。
双子出産を行う病院は、広島市内にもいくつかあります。いずれも総合病院だったので、個人産院の先生からおすすめをいくつか聞き、自宅から最も近いところを選びました。

迷走その2 総合病院も出産予約できず…

個人産院から予約をしてもらい、総合病院へ。お腹の双子は元気いっぱいに育っていて、双子の詳しい話や、これから起こるリスク、そして妊娠中の過ごし方など総合病院ではいろいろなことを教えてもらいました。
「雰囲気のよい先生だな~」と思ったので、健診ついでに「出産予約ってできるんですか?」と気軽に聞いてみます。すると…、
「11月14日が予定日ですね。うーん、すみませんが空いていません…」
との回答が!詳しく聞くと、「厳密には11月は空いているのですが、双子は早産傾向にあります。そのため管理入院をうちでは妊娠33週から始めるのですが、このときのベッドが空いてないのです」と先生が教えてくれました。なるほど…。

迷走その3 やっと自分が置かれた状況を把握する

ネットで調べてやっと知ったのですが、双子を出産する産婦人科選びはかなり困難を極めるとのこと。
・管理入院用の予約も必要(私はこのパターンで予約できませんでした)
・早産であることを見越し、NICUの予約も必要(NICU満床なら子どもだけ別病院に入院!もあり得るそうです)
・そもそも双子出産が可能な病院は比較的少ない
などの理由があり、産婦人科選びが難しくなっているのです。
そして、たとえ双子でなくても、超人気産院なら妊娠8週頃には満床で予約できない!という事態もあるそう。私は双子が分かったときが妊娠14週。すでに出遅れていたのです…。

ようやく出産する産婦人科が決定!

さて、ときは過ぎて妊娠22週。このころ、ようやく…ようやく私も出産する産婦人科を決めました!このときの決め手をご紹介しましょう。

なんと…予約がいらない奇跡の総合病院を発見

最終的に出産を決めた産婦人科は、やはり総合病院。知り合いの双子ママが出産したところとして紹介されたのですが、なんとこの病院は予約が必要ないのです。
本当にいらないのかな?と思ってネットで調べてみましたが、ベッド数が十分にあれば予約なしで出産できる病院も多いのだそう。産婦人科難民だった私は、この予約不要システムに救われました…。

周産期母子医療センターだから安心

妊娠・出産にまつわる高度医療を受けられる周産期母子医療センター。選んだ総合病院も周産期母子医療センターだったので、大きなNICUが完備されていました。また、MFICU(妊婦さんの集中治療室)があるのも大きな決め手。
双子妊娠・出産は何が起こるかわからないので、設備の整ったこの総合病院なら安心できるなと思いました。

なにより実家から近い!

実はこの病院、広島県外の病院なのですが、市内から車で40分もあれば到着します。そして私の実家のすぐ近くにあるというところも、決め手となりました。
出産までの妊婦健診は他県まで足を運ぶこととなりますが、健診前日や翌日は実家に宿泊も可能。産後も実家からのサポートが受けやすく、とても便利でした!

なんとかなった産婦人科選び。みなさま早めの行動を!

迷走しまくった私の産婦人科選び。最終的に私にとってベストな産院で双子出産できたことは、本当に幸せだったと思います。できれば、早めにリサーチしておけばよかったのですが…。今産院選びで悩んでいるママは、ぜひ早めの行動をおすすめします!

担当ライター