ローラーすべり台、大型アスレチックも!親子でたっぷり楽しめる、中区・千田公園

広島市中区にある千田公園は、街中にあるとは思えないほど広くて緑が豊富な公園。さまざまな遊具もあり、親子でたっぷり遊べると評判です♡今回はそんな千田公園の魅力をクローズアップします!

千田公園ってどんなところ?

千田公園は、広島市中区千田町にある大きな公園。もともと広島大学の工学部があった場所に、につくられました。大学跡地を利用しただけあり、街中にいることを忘れさせてくれる、広大な敷地と自然が公園内に広がっています。

千田公園の魅力は、何といっても施設の充実さ♡グラウンドやランニングコース、大型アスレチック、ローラーすべり台、子どもの遊び場などさまざまなスポットが存在しており、赤ちゃんからお年寄りまでさまざまな年齢層の人たちが利用しています。

近隣の人たちはもちろん、広島市内の他の区から遊びに来る人もいるほど人気の公園。それが千田公園です!

大人気!長いローラーすべり台と大型アスレチック

千田公園の人気スポットといえば、ローラーすべり台と大型アスレチックです。公園の高低差を生かしてつくられたアスレチックは、まるで秘密基地のよう!いつもたくさんの子どもたちがアスレチックで遊んでいますよ♪

こちらのアスレチックは特に対象年齢の設定はされていませんが、小さなお子さんにはまだ危ないかも…と感じる箇所もいくつかあります。小さなお子さんは、ママやパパといっしょに少しずつ試してみてくださいね。うちの子たちは、年少・年中くらいからひとりで遊べるようになり、先日も青空の下、思いっきり公園内を走り回っていました♡

波型になっているアスレチックゾーンでは、子どもたちが坂を駆け上がって遊んでいます。片側には木製のステップがついているので、付き添いのママも安心です。

波型のアスレチックゾーンのあとには、ミニサイズのローラーすべり台が待っています。「ローラーすべり台をすべるのは初めて!」という子は、まずはここで試してみるといいでしょう。意外に大きな音がするのでびっくりしてしまうかもしれませんが、その爽快感にきっと病みつき♪

ローラーすべり台をすべり終わったら、今度はアスレチックを登っていきます。そこを登ると…

吊り橋が現れます!渡るとちょっとゆらゆらとして、子どもたちも大喜び。うちの2歳児も手をつないでいっしょに渡ることができました。

こんなぐねぐね道もありますよ。意外と高さがあり、スリリングです…!サイドには柵が設置されていますがざっくりとした作りなので、小さなお子さんが渡るときはパパやママが落ちないように注意しながら渡らせてあげましょう。

最後に登場するのがこのネット。ネットの網目から落ちないようにゆっくりと登っていきましょう。そして一番上まで登り切ると…

千田公園の目玉遊具・長いローラーすべり台に到着します。すべり台は2種類。それぞれ長さやカーブが異なります。ぜひ両方すべってみてくださいね。
ローラーすべり台へは、アスレチック横の道からも登って行くことができます。すべり台だけを楽しみたいときは、こちらを通って行くといいでしょう。
このすべり台、お尻への衝撃がなかなかのもの。ダンボールやヒップボードなど、お尻に敷くものを用意しておくと安心かもしれません。でももし忘れても大丈夫♡近隣のカフェで購入できます!詳しくはまた下の方で、紹介しますね。

「こどもの遊び場」なら小さい子どもも楽しめる!

千田公園西側には「こどもの遊び場」という場所があります。ここには、ブランコのような定番遊具があるので、小さなお子さんでも楽しく遊べるでしょう♡

砂場スペースも広く、3~4組が同時に遊んでも余裕があるくらい!親子で思う存分砂遊びを楽しめます♪

「こどもの遊び場」の西側にはもう1ヶ所、小さな砂場もあります。この砂場のすぐ隣には水場があるので、泥んこ遊びもしやすいですね。
砂場脇にある動物型の乗用遊具は小さなお子さんにぴったりです!

アリの巣上の遊具にはすべり台もありますよ。見た目とは裏腹に、意外に勢いよくすべるので注意してあげてください。
「こどもの遊び場」内のスペースでは、ボール遊びをしたり鬼ごっこをしたりする、子どもたちの楽しそうな姿も見られます。

「運動拠点広場」の遊具にも注目!

千田公園東側にある「運動拠点広場」という場所は、健康づくりを意識した遊具があるスポットです。ここでは、子どもだけでなく、健康を意識する大人やお年寄りが楽しみながら運動に励んでいます。
他にも公園内の各所に、体力づくりができるような道具も設置されているので、ママたちもぜひ、子どもたちといっしょに体を動かしてみましょう!

周りには1,500mのランニングコースがあるので、親子でのランニングやウォーキングも可能です!平日の夕方は、部活動でトレーニングをしている学生さんたちも多く見かけます。

広いグラウンドで思いっきり遊べる!

千田公園には広いグラウンドもあり、サッカーや野球、フリスビーなども思う存分楽しめます。
ただし、グラウンドが貸し切りにされていることもあるので要注意!平日の夕方はサッカー教室、休日は1日がかりでソフトやサッカーの大会などが行われていることもあります。

この日はグラウンドが使われていなかったので、子どもたちは野球を楽しんでいました♡

街中で自然と触れ合える!

千田公園は自然が豊富!子どもといっしょに植物や虫を観察したり、落ち葉遊びをしたりできる点も魅力的です。

また、緑地帯ではピクニックをしたり、バーベキューをしたりする家族連れの姿も。特に桜が満開となる時期には多くのお花見客でにぎわいます。

わが家も、お弁当を持って千田公園に遊びに行くことがあります。パパっと作った適当弁当でも子どもたちは大喜び。家族でお弁当を囲むだけでも、立派なレジャーになりますよ。

周辺にはこんな施設も!

千田公園周辺には、おすすめの施設も揃っています。

遊び疲れたら「café SEN」で休憩!

 

千田公園の南側にある「café SEN」。このお店では、ポテトやソフトクリーム、かき氷、ドリンクなどの軽食が販売されているので、公園遊び中の休憩にぴったりです。

子どもが喜ぶメニューがたくさん。どれにしようかと迷ってしまいそうです。

うちの子たちは、「マンゴーソフト」と「チョコソフト」をチョイス。ソフトクリームはミルク感が強く濃厚。程よい甘さでおいしかったです。

ローラーすべり台に使える「すべり台座布団」も売っていました。100円で手に入るのもうれしいですね。

キッズコーナーが充実!「広島県立図書館」

千田公園の隣にある情報プラザの中には「広島県立図書館」があります。この図書館はキッズコーナーが充実しているので、子どもといっしょに行きやすくておすすめなのです!

赤ちゃんから小学生くらいの子ども向けに、たくさんの絵本や紙芝居が置いてある、こちらの図書館。キッズコーナーにあるベンチに座って親子で読書を楽しむも良し、気に入った絵本を借りて帰るも良し。思う存分、本の世界に浸れます。
ベビーベッドも用意されているので、赤ちゃん連れでも安心です♪
また、「広島県立図書館」では、毎月第2・第4土曜日の午後2時~午後2時40分に「けんりつ・おはなし会」という読み聞かせイベントも行われています。親子で訪れてみてはいかがでしょうか。

子ども向けのイベントも開催!「健康科学館」

千田公園近くには「健康科学館」という施設もあります。さまざまな展示物に触れながら、体や健康について学ぶことができますよ。週末や夏休みの時期などには子ども向けのイベントも多数開催されています。
入館料は、乳幼児・小学生・中学生は無料。大人は370円です。

また健康科学館内には、子どもを遊ばせたり子育ての情報交換ができる、つどいの広場「げんキッズ」というスペースもあります。利用料金は無料で事前予約も不要なので、「気軽に利用できる!」と、子育てママから人気のスポットです!
さまざまな遊具やおもちゃがあり、赤ちゃんから小学生未満の子どもまでが遊びに夢中。千田公園に遊びに行きたいけれど、今日は雨…という日には、近くの健康科学館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

親子で千田公園に遊びに行ってみよう!

いろいろな楽しみ方ができる千田公園は、幅広い年齢層の子どもたちにおすすめのスポット。周辺施設も充実しています。今度のお休みに、ぜひ親子で遊びに行ってみてください♡

【基本情報】
住所:広島市中区千田町3-8
電話番号:082-504-2577(中区役所管理課)
定休日:常時開放
料金:無料
交通アクセス:広電「広電本社前」より徒歩5分
駐車場:専用駐車場なし(近隣の有料パーキングを利用)
設備:トイレ2ヶ所あり
公式サイト:http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1263945484551/

担当ライター

関連記事