【イベント終了】中四国初上陸!「ジブリの大博覧会」が広島県立美術館に登場☆

大人から子どもまで、幅広い年齢層に絶大な人気を誇るスタジオジブリ。何世代にも渡って愛されるジブリ作品は、いつまでも色あせない魅力に包まれています。そんなスタジオジブリの30年に渡る“歩み”を体感できる展覧会、「ジブリの大博覧会」がこの夏、広島に上陸!ジブリ大好き♡ジブリファン歴20年を超える私が、独自の視点で「ジブリの大博覧会」の見どころやスタジオジブリ、そしてチケットの入手方法までまとめました。早速見て行きましょう。

スタジオジブリとは?

引用元:スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

みなさんご存知のスタジオジブリ。宮崎駿氏・高畑勲氏が主宰を務めるアニメーション制作スタジオのことで、1985年に徳間書店が設立しました。

みなさん、この「ジブリ」って何のことか知っていますか?調べてみたところ「ジブリ」とは、
「サハラ砂漠に吹く熱風」を意味するイタリア語。「日本のアニメーション界に熱風を巻き起こそう!」という気持ちを込めて、宮崎駿氏が名付けたそうです。この名前の通り、ジブリは今や日本を代表するアニメーションとなり、スタジオジブリの名は世界中の子どもたちが知るところとなりました。「ジブリ」にそんな意味が込められていたとは…!小さい頃からスタジオジブリ作品のファンだった私も、知りませんでした。

引用元:ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~|広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum

スタジオジブリは、「風の谷のナウシカ」を第1作として次々と長編アニメーションを発表しています。そのラインナップは

・となりのトトロ
・魔女の宅急便
・紅の豚
・耳をすませば
・もののけ姫
・千と千尋の神隠し

など、パパ・ママ世代からも人気を集める名作ばかり。その中に出てくる、トトロやまっくろくろすけなどのキュートなキャラクターたちは、子どもからも大人気です♡
家族みんなで楽しめるスタジオジブリの作品。「ジブリの大博覧会」では、このスタジオジブリの制作秘話を、膨大な資料とともに紹介しています。

ジブリの大博覧会とは?

「ジブリの大博覧会」とは、株式会社スタジオジブリが主催する特別企画。スタジオジブリ設立第1作目となる「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、スタジオジブリの30年の軌跡を、膨大な制作資料とともに振り返ります。

「ジブリの大博覧会」は全国巡回中。過去に開催された場所は以下の通りです。

場所

期間

愛・地球博記念公園

2015年9月12日~2015年11月8日

新潟県立近代美術館

2016年3月5日~2016年5月15日

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

2016年7月7日~2016年9月11日

長崎歴史文化博物館

2017年4月15日~2017年9月3日

大分県立美術館

2017年7月7日~2017年9月3日

世宗文化会館(韓国・ソウル)

2017年12月5日~2018年3月2日

兵庫県立美術館

2018年4月7日~2018年7月1日

広島県立美術館

2018年7月21日~2018年9月24日

この表を見ていただくとわかりますが…、この「ジブリの大博覧会」(広島県立美術館での開催)は、なんと中四国初上陸!
気にはなっていたけれど、足を運ぶことが叶わなかったというジブリファンのみなさん!お待たせしました。広島で、ジブリづくしの展覧会を楽しみましょう☆
今一度、開催情報をまとめます。場所や開催期間をチェックして、お見逃しのないようご注意ください!

会場

広島県立美術館 3階企画展示室

開館時間

9:00~17:00

会期

2018年7月21日(土)~9月24日(月・振休)

※金曜日は20:00まで
※入場は閉館30分前まで
※7月21日は10時開場
※会期中は無休

チケット情報は、この記事の最後にくわしくまとめているのでお楽しみに!

「ジブリの大博覧会」展示方法が斬新!カワイイ♡大迫力の展示スペース

引き続き、広島にやってくる「ジブリの大博覧会」の魅力についてご紹介します。2018年は、広島よりも一足先に韓国ソウル・兵庫で開催されました。その展示内容を先取りして知りたい!ということで、兵庫で開催された「ジブリの大博覧会」の様子を調べてまいりました♪

スタジオジブリへ、ようこそ!

展示スペースに足を踏み入れると、まず迎えてくれるのはトトロ!
こちらはその名も「トトロ・バー」。実際にあるスタジオジブリの打ち合わせスペースを再現しているそうです。そして、バーの上にあるマグカップにも注目。このマグカップは「魔女の宅急便」で、主人公キキが黒猫ジジにお願いされて買った“ジジ専用マグカップ”なのです♡思い出しましたか?新しい街にたどり着いたキキが、初めてスーパーで買い物したときに、ジジがうれしそうに指さしていたマグカップです!
さすがジブリの大博覧会!展示スペースにはジブリ作品のモチーフを使った細工がたくさん発見できそうですね。

ジブリの宣伝、こんなポスターを使っていました

出典:ジブリの大博覧会 – スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

歴代ジブリ映画のポスターやその原画、キャッチコピー案のメモなどがぎっしり詰まったこちらの展示スペース。時代ごとに変わっていく、ジブリの宣伝方法をくわしく紹介しています。展示スペースの中には、スタジオジブリの名物プロデューサー鈴木敏夫氏のお部屋を再現したコーナーもあるのだとか!
個人的に、ずっと私の心に残っているのは「耳をすませば」のキャッチコピーである、「好きな人が、できました」です。このキャッチコピーは他にも案があったのでしょうか?気になります…!

圧巻の大展示、ジブリの倉庫

出典:ジブリの大博覧会 – スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

この展示スペースには、映画の宣伝のために作られたさまざまな材料・グッズが所狭しと並びます!天井までズラリとグッズ・資料が並ぶ空間は、まさに大迫力。未公開のものも含まれた資料の山は、ジブリファンなら見逃せません。
中央には「崖の上のポニョ」に登場する、“人間になりかけポニョ”もお出迎え。奥の方には、フジモトが大切にしている貯蔵庫のモニュメントも見られます。

スタジオジブリの空飛ぶ機械たち

出典:ジブリの大博覧会 – スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

「ジブリの大博覧会」で人気の展示コーナーがこちら。スタジオジブリの空飛ぶ機械たちです!スタジオジブリの作品を観ていると、さまざまな空飛ぶ機械たちが登場していることに気づきますよね。そう、ジブリ作品には“空への憧れ”が多々反映されているようなのです。
それらをまとめたのが、この展示スペース。

目玉は、「天空の城ラピュタ」に登場した飛行船をイメージしたこちらの展示でしょうか。写真からも大きさが伝わってきますよね。実はこちらの飛行船、動く模型なのだとか!まるで生き物のように躍動する、ジブリが生み出した機械たちをじっくりと観覧しましょう。

他にも模型は並びます。こちらの写真、中央に見えるのは「風立ちぬ」に登場した設計家・カプローニさんの飛行機模型でしょうか。他にも気になる模型がたくさん!公開が待ちきれませんね。
広島県立美術館では、今回紹介した“空飛ぶ機械たちのコーナー”が美術館吹き抜けロビーに設置されるそう。迫力満点・こだわり満載の空飛ぶ機械たち展示コーナーは、要チェックです!

他にもかわいい仕掛けがたくさん♡

他にも、まっくろくろすけが壁を歩いて集団移動していたり…。

展示スペースの最後には、「天空の城ラピュタ」のマ=ドーラとその一味が手を振ってくれています♡
このような「ジブリの大博覧会」が仕掛けるキュート&ユニークなスポットで、SNS映えする1枚を家族と一緒に撮ってみてはいかがでしょうか?

広島県立美術館のママが気になる設備をチェック

「ジブリの大博覧会」の会場となる広島県立美術館は、キッズ・ベビーフレンドリーな施設。館内には、授乳室や調乳設備が整っているだけでなく、ベビーカーのレンタルも用意されています。

ベビーカーの貸出

出典:各種サービスについて|広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum

観覧のときに便利なベビーカー。広島県立美術館では、全部で5台のベビーカーを用意しています。必要な際は各階の受付に声をかけましょう。

授乳コーナー・おむつ替えシート

出典:各種サービスについて|広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum

1階の女性トイレ内には、授乳コーナーが設けられています。おむつ替えシート、ベビー専用チェアなどがあり、調乳用のお湯が出る水栓も完備。授乳中ママも安心して子連れ観覧ができます。

気になるチケットの入手方法はコチラ

それでは、「ジブリの大博覧会」のチケット入手方法をチェックしていきましょう!人気の展示なので、会期中は混雑が予想されます。お得な前売り券を購入しておくのがおすすめです。

前売り券(2018年5月19日~2018年7月20日)
当日券(2018年7月21日~9月24日)

 

当日

前売り

一般

1,400円

1,200円

高・大学生

1,000円

800円

小・中学生

600円

400円

※学生は学生証の提示が必要
※身体障碍者手帳、療育手帳、精神障碍者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額
前売り券委託販売先は▽こちら▽です。

上記以外にも、広島県立美術館・セブンイレブン(セブンチケット)、広島市・呉市内の主なプレイガイドや画廊・画材店で販売しています。
くわしい情報は、

をチェックしてみてくださいね!

「ジブリの大展覧会」で、ジブリづくしのひとときを♪

世代を超えてずっと愛され続けるジブリ映画。「ジブリの大展覧会」に行くと、子どもの頃ワクワクしながらジブリ映画を鑑賞した記憶がよみがえりそうです。そして、その気持ちを子どもにも伝えてあげませんか?この夏は、「ジブリの大展覧会」で、家族みんなでジブリ作品を楽しみましょう☆

公式サイト

http://www.hpam.jp/special/index.php?mode=detail&id=191

場所

広島県立美術館 3階企画展示室

住所

〒730-0014 広島市中区上幟町2-22

開催期間

2018年7月21日(土)~2018年9月24日(月・振休)開催中無休

開催時間

9:00~17:00

駐車場

45台分あり/台数に限りがあるため、できる限り近隣のコインパーキングをご利用ください。

出典元:ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~|広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum

担当ライター