峰高公園ってどんなところ?遊具アリ広場アリの魅力をご紹介!

この記事をシェアする

廿日市市にある『峰高公園』は、広々とした敷地内に複数の広場や複合遊具、ローラー滑り台などがあるファミリーにおすすめのスポットです♡週末には駐車場が混雑して待ちが出るほど人気の峰高公園。人気の秘密に迫るべく、魅力ポイントをご紹介します!

峰高公園について

廿日市市の中心部にある「峰高公園(みねたかこうえん)」は、廿日市スポーツセンターサンチェリー周辺に広がる地区公園です。園内には全部で5つの広場がありますが、中でも子連れファミリーに人気があるのは、大型遊具のあるわんぱく広場と幼児広場!未就園児から小学生まで、幅広い年齢層の子どもたちでにぎわっています。
駐車場は3箇所に分かれていて、合計150台分のスペースが確保されています。しかし、峰高公園は大人気の公園なので、150台のスペースでは足りないほど多くの人々が訪れることも!週末は特に混雑することが多いので、朝の早い時間帯か、夕方頃を狙うのがおすすめです。スポーツセンター前にあるのは身障者用駐車場なので、事前に駐車場の位置を確認しておきましょう。

交差点沿いにある第一駐車場と第二駐車場から一番近い公園入口には、たまご型の巨大モニュメントがあります。公園のシンボルとも言えるこちらのモニュメント、近くで見ると圧巻の大きさです!子どもと並んだときのサイズ感を楽しむ記念撮影はいかがでしょうか♡

モニュメントの向こうには、小高い丘のある芝生広場があります。まず目に入ってくるのは、迫力満点のザイルクライム!ロープの間隔が広めに取ってあるので、小学生向けの遊具という印象でした。5歳くらいの子どもがパパに手伝ってもらいながら登っている姿も♪
芝生広場では、丘を駆け下りたりボール遊びを楽しんだり、芝生の上で思いっきり体を動かせます。レジャーシートを広げてピクニック、ワンタッチテントでひと休み…そんなシーンにもぴったりのエリアです。
芝生広場を抜けると、中央広場やスポーツセンター、わんぱく広場が見えてきます。
中央広場はコンクリートの広々とした空間。キャスターボードやホビーバイクの練習をする子ども、犬の散歩中の人などでにぎわいます。
続いて、子どもたちに大人気のわんぱく広場の魅力を見ていきましょう!

子どもたちが夢中に♡たっぷり遊べる大型複合遊具

わんぱく広場には、子どもたちが夢中になるしかけがいっぱいの大型複合遊具、ターザンロープ、休憩所があります。中でも人気なのは、わんぱく広場のメイン、大型複合遊具です♡

大型複合遊具は、滑り台や登り口の種類が豊富!見た目もカラフルなので、遠くからでも楽しそうな様子が伝わってきます。

対象年齢は6~12歳。6歳以下の幼児には保護者の付き添いが必要です。遊具付近のを確認して安全に遊びましょう!
くねくねと曲がっている滑り台はスピードがあまり出ないので、未就園児の小さな子どもにおすすめ♪スリルを味わいたい子ども向けの浮遊感を楽しめる滑り台、トンネル滑り台もあります。
ゆらゆら揺れる吊り橋の下には、編み目の細かいネットが張られています。土の上に落ちる心配がないので、小さな子どものチャレンジも安心!あえてネットの上を歩く子どもの姿も見られましたよ♪

おさるさんモチーフのカラフルな遊具も♪高さの異なる足場を伝ってテンポよく進みましょう!

小さな子どもも安心して遊べる♡未就園児向けの遊具も

わんぱく広場から公園の奥へ進んで行くと、未就園児向けの遊具が並ぶ幼児広場が見えてきます。

幼児広場にあるはしご階段つきの滑り台は、下の方が広くなっているちょっぴりめずらしい形。着地点が砂場になっているので安心です♪豪快にダイブして砂まみれ状態を楽しむ子どもも!
滑り台以外にも、インディアンをモチーフにしたブランコやスプリング遊具、楽しく遊ぶ子どもを見守る休憩用ベンチなどがあります。幼児広場の正面には多目的広場があるので、上の子は多目的広場で、下の子は幼児広場で、と使い分けるのもおすすめです♪
多目的広場の利用についてはこちら↓

利用時間

8:30~21:00

利用料金(1時間あたり)

広場280円、照明施設2,520円

迫力たっぷりのローラー滑り台

幼児広場からさらに奥へと進んで行くと、迫力たっぷりの長いローラー滑り台が♡

ローラー滑り台は山沿いを進むコース。山の斜面に作られた階段を登ってスタートです!
コースの半分くらいまでは安全ガードがついています。途中で曲がるように作られているので、スピードが出過ぎるのは怖い…そんな子どもでも挑戦できます。スピードを出して楽しみたいときは、持ち手つきの小さいソリを用意しておきましょう!滑るときの衝撃もやわらぐ便利グッズです♡

峰高公園を思いっきり楽しむために知っておきたい情報

たっぷり楽しめる魅力的な峰高公園ですが、長く遊ぶなら施設の特徴や休憩のことも考えておく必要がありますよね!事前に知っておきたい情報をご紹介します。

トイレの位置を確認しておこう

峰高公園内のトイレは1ヶ所。公園全体で見たときのちょうど中心部、わんぱく広場と幼児広場の中間地点です。トイレ内には、赤ちゃん用のおむつ替えスペースと子ども用の補助便座があります。
スポーツセンター内にもトイレはありますが、こちらには補助便座がありません。トイレの前にベビーベッドがあるのでおむつ替えに使えますが、個室内にあるほうがいい場合は公園のトイレを利用しましょう。

休憩のことを考えておこう

準備しておくと便利なおすすめグッズは、さっと広げて休憩スペースを確保できるワンタッチテント。公園内には屋根つきの休憩所がありますが、数や場所が限られています。ワンタッチテントがあれば日よけ対策もバッチリ!砂場グッズやバドミントンなどの持ち物を一旦置いていくスペースとしても使えますよ。

ジュースやアイスの販売アリ

スポーツセンターの中・外それぞれにジュースの自動販売機があります。中には、アイスの自動販売機のある飲食スペースが!カウンターではソフトクリームも販売されています。飲食はロビー内の一部に設けられている飲食スペースのみ可。マナーを守って利用しましょう♪

公園周辺にコンビニアリ

「ちょっと遊ぶだけのつもりだったから、お昼ご飯を持って来なかった…」そんなときは公園周辺のコンビニを利用しましょう!第二駐車場側の坂を下っていくと、左手にセブンイレブンが見えます。歩いて行ける場所にコンビニがあるのは便利ですね♡

春には桜も楽しめる

園内のいたるところに桜の木が植えられているので、春には花見スポットとしても人気の峰高公園♪多目的広場を囲むように作られているランニングコース沿いは、多目的広場でのスポーツやランニングをするときに桜を見られるスポットです。子どものお気に入りの遊び場付近でお花見を楽しめる場所を見つけて、家族みんなで楽しんではいかがでしょうか♡

峰高公園へおでかけしよう!

遊具や広場など魅力たっぷりの峰高公園ですが、スポーツセンターでのイベントや大会の日と重なるとさらに混雑が予想されます。イベントや大会のない日を狙う、人の少ない平日や時間帯を狙うなど、事前の確認も大切です!子どもが楽しめる公園を探している人は、ぜひ家族でおでかけしてみて♡

住所

広島県廿日市市串戸六丁目1番1号

電話番号

0829-30-9206(生涯学習課)

駐車場

無料(約150台)

公式HP

https://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/map/14649.html

担当ライター

この記事をシェアする