幼児教育専門家のお墨付きのスーパー園!peekaboo幼稚舎の魅力を徹底解明します!

この記事をシェアする

お子さんをお持ちのママ、パパなら誰しもが「子どもに幸せになってほしい」そう思いますよね。では、その将来のイメージをハッキリ考えたことのある親御さんはどのくらいいらっしゃるでしょう?
peekaboo幼稚舎の理念は「大人になったら役立つことを育む場所」。
では、大人になった私たちが必要だと思う能力は…
✓協調性
✓自立性
✓自主性
✓自律性
✓感謝を大切にする心
などでしょうか。言い出すとキリがないかもしれませんね。
では、通った子ども全てがその能力を身に付けることのできる園があるとするなら…興味がありませんか?
今回はpikabuが感じたpeekaboo幼稚舎の魅力を徹底解明していきたいと思います!

全ての土台は自己肯定感。自己肯定感を土台に非認知能力を養う独自の教育法って?

昨今、テレビなどでも取り上げられている「非認知能力」という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
では、非認知能力とは何か。
頭の知能指数がIQだとすると心の知能指数はEQ、すなわち非認知能力と呼ばれています。
IQはEQの上に成り立つと言われており、脳の発達は6歳までに80%、10歳までに100%が育っていく子どもたちにおいて、幼少期に養った非認知能力は一生ものだと言われているのです。
非認知能力が養われるには順序があり、親はその順序を守りながら子どもと接する必要があります。
その中で3歳は自立性、4歳は自律性、5歳は思いやり、6歳で自信…というように、人生においても重要なことを学ぶのが3歳以降となっています。
この非認知能力を子どもたちがしっかりと養えるようサポートするのが広島市にあるpeekaboo幼稚舎です。

子ども1人ひとりがどの発達段階にあるのかを保育者同士で共有しあい、保護者と三位一体となって子どもの成長のための教育を行う園が広島にあるなんて驚きですね。

ラーニングストーリー

園児一人ひとりの、遊びから学びになった瞬間のラーニングストーリーが準備されています。このラーニングストーリーは子どもも保護者もいつでも閲覧可能とのこと。

遊びのボードの写真

1人ひとりの得意な遊びを保育者同士で共有する徹底ぶり!

きっかけは代表がニュージーランドへ研修へ行き、子どもの目の輝きを見たときから

今回、このpeekaboo幼稚舎の創立者であり株式会社peekaboo代表の小村佳子さんにお話を伺うと、きっかけは小村さんご自身が幼児教育を学ぶためにニュージーランドに研修へ行ったときのことだそうです。

ニュージーランドの研修先で現地の日本人保育士の黒田さんとの写真

小村さんは現地研修と4園の見学へ行きました。

その後、園長主任も現地研修へ。

小村さん談
そこには、国籍の違う子どもたちがお互いを認め合い、目を輝かせながら遊びに没頭する姿がありました。
先生方の存在感はいい意味で目立っておらず、子どもたちが集中して遊びこむ表情に何か大事なものを見せられている気がしたのです。

音が鳴れば自然と片付けだす子どもたち、食事の後の掃除も自主的に行い、何かトラブルがあった際は話し合う姿も印象的でした。大人の大きな声で「お片付けの時間よー」などの日本の園では多く見られる光景は全くなく、子どもたちが自ら考えて動いているのが分かりました。

また、子どもの人数に対しての保育者の数にも驚かされました。
ニュージーランドの園では、40人程度の園に5名ほどの先生が配置。これは子ども8人に対して保育者1人の計算です。

日本の園では、3歳児は20人に1人、4、5歳児は30人に1人というのが平均的な配置人数のため、ニュージーランドの園の手厚さには驚きを隠せませんでした。

peekaboo幼稚舎でも取り入れているテファリキという教育法の理念は「全ての学びは遊びから」。この理念もニュージーランドの園から学んできました。

この教育理念をしっかりと子どもたちに伝えるためには、子どもたちが遊びを深めようとする瞬間を見逃さない必要があります。40人の子どもたちに5名の先生という配置は、テファリキを進めるための最低人数だと教えてもらいました。

実際、peekaboo幼稚舎では現在21名に対して6名の保育者がついています。
子ども5名~10名に保育者1人という考え方で、手厚い保育を行っています。

忙しいママの強い味方!習い事も網羅されたカリキュラムは全国でも稀にみる充実さ

現在peekaboo幼稚舎で採用している独自のカリキュラムは、日々忙しいフルタイムで働く保護者の方でも園内で完結する充実した内容となっています。
また、日本の教育にとらわれず、海外のいい教育を取り入れている点も先進的で注目される理由の1つです。今回はpeekaboo幼稚舎が行っているカリキュラムの一部をご紹介します!

ショウアンドテル

アメリカ発祥のショウアンドテル。プレゼン能力が養われます。この日も「私はこのおもちゃを好きな理由は3つあります」と展開される発表は圧巻でした。

フィロソフィー

フランス発祥のフィロソフィー。正解のないことを話し合う中で多様性を認め合うことができるようになるそうです。年長のお子さんが普通について考えたときに「意見が違うことが普通だよ」と発表する姿にこの園のすごさを感じました。

ほかにも体操、造形、リトミックなども取り入れ、全て専門講師が指導。こうしたさまざまなカリキュラムがある背景には、子どもたちが多様なことに触れることで人生の選択肢を増やしてあげたいという想いがあるそうです。

体操教室

日々過ごす仲間と切磋琢磨して新しい技にもチャレンジしています。

造形教室

元園長を20年務めた先生が指導にあたります。先生は子どもの目の色が変わる瞬間を見逃しません。

リトミック

本物の音楽に触れ、リズム感を身体で身に付けます。

夏の川遊び、お泊り保育、夏祭り、月に一回ある遠足など、子どもたちがわくわくするイベントも充実しています。

peekaboo幼稚舎が、初めての外部募集を開始!

全国でも初となるニュージーランドの最新の教育法「テファリキ」を採用したことで知られ、幼児教育の専門家からも注目を集めているpeekaboo幼稚舎。
今までは(株)peekabooの従業員の子どもだけが対象でしたが、2022年度からは、初めて外部からの園児を受け入れることとなりました。そこで今回、2022年度年少児対象の入園説明会を11月に開催!「共働きだけど、子どもへの教育の選択肢を増やしたい」というママは、必見ですよ。

<説明会日程>
①11/13(土)10:30-【終了しました】
②11/27(土)10:30-
<会場>
peekaboo幼稚舎(広島市安佐南区八木1-20-14)
<対象と募集予定人数>
・来年度年少になる3歳児(現2歳児)、5名募集予定
※説明会参加は、来年度年年少になる保護者も可能です
※名前は「幼稚舎」とありますが、入園条件は保育園と同等になり、保護者が働いているお子さんが対象となります
※説明会に、お子さんの同伴は可能です
※説明会実施後、入園をご希望の場合は申し込み、その後面接の流れとなります
<料金等>
・保育料…無償化対象
・オリジナルプログラム料…月額38,000円(税込)
・給食費…月額8,000円(税込):主食込み、クッキング保育材料含む
その他月1度の遠足、イベントは都度1,000円程度の徴収となります
 

子どもたちの経験はこれからの人生を豊かにする

園にいる3年間でたくさんの経験をする子どもたち。
それは、子どもたちの土台となり、間違いなくより多くの選択肢から人生を選んでいけるのではないかということを感じました。
園に伺ったときに、子ども一人ひとりが承認され、肯定されることで、自信をもってたくさんのことにチャレンジしており、子どもたちの目はキラキラと輝き、さらにイキイキとした表情で充実した毎日を過ごしていることがすぐに伝わってきました。

2022年度年少のお子さんへ初めて外部生の募集をするpeekaboo幼稚舎。気になる方は是非、説明会へ…

<説明会日程>
①11/13(土)10:30-【終了しました】
②11/27(土)10:30-
<会場>
peekaboo幼稚舎(広島市安佐南区八木1-20-14)
<対象と募集予定人数>
・来年度年少になる3歳児(現2歳児)、5名募集予定
※説明会参加は、来年度年年少になる保護者も可能です
※名前は「幼稚舎」とありますが、入園条件は保育園と同等になり、保護者が働いているお子さんが対象となります
※説明会に、お子さんの同伴は可能です
※説明会実施後、入園をご希望の場合は申し込み、その後面接の流れとなります
<料金等>
・保育料…無償化対象
・オリジナルプログラム料…月額38,000円(税込)
・給食費…月額8,000円(税込):主食込み、クッキング保育材料含む
その他月1度の遠足、イベントは都度1,000円程度の徴収となります。
 

株式会社peekaboo

住所

【本社&八木オフィス】

広島県広島市安佐南区八木1-20-12セセラガーデン1F

【袋町オフィス】

広島市中区中町1-29ラ・テール袋町公園2F

【peekaboo career LAB(peekaboo幼稚舎)】

広島市安佐南区八木1-20-14

TEL

【八木オフィス】082-873-3400

【peekaboo幼稚舎】082-873-3401

公式HP

「子育てママの働くオフィス【peekaboo(ピーカブー)】」

公式Instagram:@peekaboo.hiroshima

公式Twitter:@bm_peekaboo

peekaboo代表 小村佳子Instagram:@peekaboo.keiko_komura

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする